紅茶を添えた、チャーハンのブランチメニュー

  • 2016.02.20 Saturday
  • 14:58
いちごキッチン・YUMIZOです。
            
「レシピブログ」と「リプトン」コラボ「ひらめき朝食の料理レシピ」のモニターに参加中なので紅茶を添えた朝食メニューを。

今回は休日のゆっくり朝ごはんということで、ブランチを。
しっかりカロリーを取れるこってりなチャーハンのワンプレートメニューですが、ノンシュガーの紅茶を合わせると意外とさっぱり食べられます。

チャーシューと青梗菜のチャーハン

【材料】1人分(実際には子供と2人で食べたけど)
ごはん おちゃわん1杯
卵2個
長ネギ 5センチ分
青梗菜の葉 2〜3枚
チャーシュー 適量
ごま油

顆粒状の中華調味料
醤油

【作り方】
1)長ネギはみじん切り、青梗菜とチャーシューは1cm角ぐらいに切っておく
2)フライパンor中華鍋を火にかけてしっかり熱しておく。
3)溶き卵の中にご飯を入れて、塊をつぶして、バラバラにしておく。
  卵かけご飯をしっかり混ぜた感じ。
  ↑これが簡単にパラパラのチャーハンにするコツ
4)熱したフライパンにごま油を入れ、全体に回したらネギを入れて軽く炒める。
5)卵ごはんを投入。木べらでパラパラになるようにしっかり炒める。
  お鍋を振ってあおりながら炒めるとふんわりパラリと仕上がります。
6)頃合いを見計らってチャーシューと青梗菜も追加してさらに炒める。
7)塩、中華調味料で味を調え、最後に鍋肌に醤油を回しかけて香りづけ。


海藻サラダや副菜といっしょに仕切りプレートに盛りつけて完成!
リプトンイエローラベルの紅茶は、今回はノンシュガーノンミルクで。

チャーハン



ひらめき朝食の料理レシピひらめき朝食の料理レシピ
 
このエントリーをはてなブックマークに追加
 
 
0
     

    サツマイモのおかゆ

    • 2016.02.05 Friday
    • 22:59
    いちごキッチン・YUMIZOです。
                
    (後日、日付をさかのぼって書き込んでいます)

    熱を出している子供に、サツマイモと大根をゴロゴロを入れたおかゆを作ってみました。
    なんとなく適当な分量で。
    冷ご飯から、圧力鍋で作ったのであっという間に完成の簡単おかゆです。

    芋粥


    こんなの、COOKPADに載せるのもどーかとおもったけど、もっとつまんない(笑・・・失礼!)レシピを載せている人もたくさんいるので、ま、いっか。

     
    このエントリーをはてなブックマークに追加
     
     
    0
       

      ローストチキン

      • 2015.12.24 Thursday
      • 22:46
      いちごキッチン・YUMIZOです。
                  
      クリスマスイブなので、チキン!

      ここ何年か、出来合いのローストチキンを買ってきて、オーブンで温めて出していたんですが、久々に今回は生のトリモモ肉を買ってきて作ってみることに。

      前日から、塩麹とにんにく、バジル、オリーブオイルなどをまぶして下味をつけ、上にマイタケを乗せて仕込んでおいたチキン。えっと、何分ぐらい焼くんだっけ???って、夕方になってから調べてみたら!!!
      え? うそ? 45分とか1時間とか。そんなに焼くんだっけ? 20分ぐらいだと思っていたので、慌てる!
      夕飯完成がだいぶ遅くなってしまいました。

      ローストチキン
      ブロッコリーや星形人参で飾ったポテトサラダと、グリルした赤ピーマン&マイタケを添えて。
       
      このエントリーをはてなブックマークに追加
       
       
      0
         

        涙の出ない不思議なタマネギ「スマイルボール」とイタリアンパセリのマリネ

        • 2015.12.05 Saturday
        • 23:52
        いちごキッチン・YUMIZOです。
                    
        (過去にさかのぼって書き込んでいます)

        ベランダ菜園のイタリアンパセリがこのところ、すごい勢いで生い茂ってきました。
        これは何とかしなければと、大量消費メニューを。

        先日、イベントでいただいた、涙の出ない不思議なタマネギ「スマイルボール」といっしょにマリネにしてみることに。

        レシピってほどのことでもないのです。

        ちぎったイタリアンパセリの歯と、薄くスライスしたタマネギ「スマイルボール」(=水にさらす必要なし!)とツナ缶をボールに入れて、オリーブオイルを掛け、塩・コショウを振って混ぜ、20〜30分なじませて出来上がり。
        レモンを添えて盛りつけました。
        スマイルボールとイタリアンパセリのマリネ

        お料理の付け合わせとしてはもちろん、パンに載せて食べるのもいい感じです。
         
        このエントリーをはてなブックマークに追加
         
         
        0
           

          涙の出ないタマネギ「スマイルボール」で、ザクザク玉ねぎの食べるドレッシング

          • 2015.11.12 Thursday
          • 23:31
          いちごキッチン・YUMIZOです。
                      
          (過去にさかのぼって書き込んでいます)

          レシピブログの「涙の出ない魔法のタマネギを体験しよう♪イベント」に行って、お土産にもらってきたタマネギ「スマイルボール」でさっそく料理してみました。
          おみやげ


          これは絶対「生」がいいと思ったので、ざく切りタマネギたっぷりの「食べるドレッシング」を作ってみました。
          ちょっと前に流行った「食べるラー油」的な感じで。

          スマイルボールの食べるドレッシング

          【材料】
          タマネギ(スマイルボール)
          イタリアンパセリ(ドライ)
          オリーブオイル
          醤油

          めんつゆ
          塩&胡椒

          【作り方】
          1)タマネギをざっくりと粗みじんに切る。
           (スマイルボールはみじん切りでも涙が出ない!!)
          タマネギ みじん切り


          2)エクストラバージンオリーブオイルを回しかける。(適量)
          オイルを掛けて

          今回は、あらかじめ常備していた、バジル(ベランダ菜園の)とにんにくスライスを漬けこんだバジルガーリックオリーブオイルを使用。

          3)イタリアンパセリ、醤油、酢、めんつゆ、塩&胡椒をお好みの量入れてよく混ぜ、味を調える。
          ちなみにイタリアンパセリは、ベランダ菜園のパセリを電子レンジでドライにしたものです。
          パセリではなくバジルに代えてもいいかも。

          4)30分〜一晩、冷蔵庫で寝かしてなじませる。

          5)お好きな生野菜を盛りつけたサラダにたっぷりかける。
          サラダに掛ける


          タマネギの甘さと、ザクザクとした食感を楽しむドレッシングです。
           
          このエントリーをはてなブックマークに追加
           
           
          0
             

            ポークソテー オレンジソース掛け

            • 2014.07.03 Thursday
            • 11:44
            いちごキッチン・YUMIZOです。
                        
            【レシピブログの「サンキスト・シトラス 初夏のさわやかレシピコンテスト」参加中】

            前回の記事の、Shioriさんのシトラスレシピの講習会に続いて、今度はシトラスレシピコンテストの食材モニターに当たりました! というわけで段ボール箱いっぱいにオレンジ・ルビーグレープフルーツ・レモンが届いてニコニコ!

            さっそくいろいろ料理に挑戦してみました。
            というわけで! 今回はポークソテーのオレンジソース掛けです。
            オレンジソースの香りと甘酢風の爽やかさでさっぱり頂けます。

            ポークオレンジ


            【材料】 2人分
            豚ロース肉(ソテー用) 2枚
            塩    少々
            胡椒   少々
            小麦粉  大さじ1ぐらい
            サラダ油 大さじ1/2

            (ソース)
            オレンジ 1/2個
            醤油 大さじ1.5
            みりん 大さじ1.5
            酒 大さじ1.5
            ニンニク 1かけ

            (つけあわせ)
            いんげん 4〜6本
            イタリアンパセリ 少々


            【作り方】
            肉(1)
            豚肉は筋切りをして、塩・コショウを振って下味をつけ、小麦粉を両面に振るってまぶしておく。
            (ソースの材料を準備している間、常温になじませておく)


            オレンジソース(2)
            オレンジの実をほぐし、ソースの材料と合わせておく。


            (3)
            いんげんはすじを取って、食べやすい長さに切っておく。

            (4)
            フライパンを中火で熱し、十分に温まったら豚肉を入れる。
            それぞれ1分ぐらいずつ、両面、焼き色がつくまで焼く。

            (5)
            フライパンを弱火んびし、にいんげんを追加し、上から(2)のオレンジソースの材料を回しかける。
            蓋をして、1分半ぐらい加熱。時々、ソースを肉に絡めながら、焦げ付かないよう確認する。
            焼く


            (6)
            先に豚肉といんげんを取り出してお皿に盛り、オレンジソースを少しだけに詰めてとろみを出したら肉に回しかける。あればちぎったイタリアンパセリ少々で飾って完成。

            パセリはベランダ菜園からちぎってきました。採れたて!

            シトラスを使った料理レシピシトラスを使った料理レシピ

             
            このエントリーをはてなブックマークに追加
             
             
            0
               

              グレープフルーツのちらし寿司

              • 2014.05.22 Thursday
              • 21:15
              いちごキッチン・YUMIZOです。
                          
              先日、行ってきた「初夏のさわやかレシピパーティー」』。
              初夏のシトラスレシピパーティー初夏のシトラスレシピパーティーこの時にたくさんもらってきたお土産のレモン・オレンジ・グレープフルーツを使って何かつくってみよー!ってことで、今日は、Shioriさんのレシピの中で一番気に入ったグレープフルーツのお寿司を作ってみることにしました。


              しかし! 海戦ちらしを作るには冷蔵庫の在庫がない! でもおなかがすいた子供が待っている!買い物に行く暇ない!なので、冷蔵庫にあるもので作りました。

              題して、グレープフルーツの・・・家にあるものちらし寿司(汗)

              材料に使ったのは
              ・グレープフルーツの汁(身をほぐしたときに出たもの)
              ・お砂糖
              ・塩
              の3つで寿司酢にして、

              ・レモン
              ・お醤油
              の二つでタレ。

              そして
              ・ごはん

              具は
              ・グレープフルーツの実をほぐしたもの
              ・カニカマ
              ・焼きサバフレーク(瓶詰)
              ・残っていたきゅうりとキャベツの糠漬け(自家製。古漬け気味)
              ・青シソ(べランダで収穫)

              こんな、あるものでパパッと簡単に作ってもおいしくてこども、バクバク食べてました。


              なお、後日、ちゃんとお刺身やアボカドなどを買ってきて、海鮮ちらしもやってみました。こちらも大好評。
              我が家の定番になりそうです。
              今度は他のレシピも挑戦してみたいな。

              【レシピブログの「SHIORIさんのサンキスト・シトラスレシピパーティー」参加レポート掲載中】
               
              このエントリーをはてなブックマークに追加
               
               
              0
                 

                中華風味のアサリ粥

                • 2014.01.08 Wednesday
                • 11:15
                いちごキッチン・YUMIZOです。
                            
                久しぶりの更新です。

                クックパッドにレシピを載せてブログに表示するという技を覚えたので、今後、使っていこうかなと。

                昨日は七草粥の日だったので、作ってみました。
                普通の七草粥では淡泊でさみしい感じなので・・・・。
                昔、とあるラーメン店で食べたアサリ粥がすごくおいしかったのを思い出し、アサリ粥に七草を入れたらいいんではないかと。
                で、去年、クックパッドに載っている、七草粥やアサリ粥の作り方をいくつか検索して、あれこれミックスしたテキトウレシピで作ったらこれがヒット!
                というわけで、今年も同じように作ってみました。
                アサリ七草粥

                そしてあれこれいいとこどりして考えたレシピをまとめてみました。↓


                中華ダシは、味覇じゃなくても、「中華味」とか、顆粒鶏ガラだしとか、顆粒貝柱だしとか・・・・それっぽいものなら大丈夫です。米を炊くときに少な目に入れて、葉っぱを入れるタイミングで足りなければ追加(その時種類を変えるのもあり)する感じで。かつおやこんぶの和風だしで作ってもそれはそれであうと思います。

                アサリのだしが聞いていておいしーーー!
                こどもも「これは病気の人のご飯じゃないねぇ。すっごいオイシイ!」とニコニコ顔でした。
                 
                このエントリーをはてなブックマークに追加
                 
                 
                0
                   

                  タンドリーチキン

                  • 2012.04.06 Friday
                  • 10:37
                  いちごキッチン・YUMIZOです。
                              
                  食べ残して賞味期限がヤバくなってきたプレーンヨーグルトを何とかしようと思い、タンドリーチキンを作ってみました。
                  タンドリーチキン完成

                  1日ぐらい漬け込んだ方がおいしいので、寝かす時間がかかりますが、作る手間自体はそんなにかからず、お手軽です。

                  【材料】
                  鶏肉 : 今回はもも肉1枚と手羽元8本 お好みの部位で。

                  (たれ)
                  玉ねぎ : 1個
                  にんにく : 1かけ
                  しょうが : 1かけ
                  ヨーグルト : 200CCぐらい
                  カレー粉 :大さじ2ぐらい
                  ケチャップ :大さじ1〜2
                  塩 : 小さじ1.5ぐらい

                  【作り方】
                  (1)
                  鶏肉は、もも肉なら1枚を1/4ぐらいに切っておく。
                  筋切りしておくと食べやすいし味がしみ込みやすい。

                  (2)
                  玉ねぎ、にんにく、しょうがはみじん切りにし、たれの材料すべてをよく混ぜる。
                  (→フードプロセッサでガーッとやってしまえば簡単!)

                  (3)
                  鶏肉をタレに漬け込み、冷蔵庫で寝かす。
                  数時間でもいいけど、丸1日ぐらい漬け込んだ方がおいしくなる。
                  漬け込み


                  (4)
                  オーブンなどで焼く。


                  * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *


                  今回は、前に紹介した『薄型ダッチオーブン・グリル用ベイクパン』に入れて、魚焼きグリルで20分ほど焼きました。
                  焼き上がり
                  この時は、2人分焼いたので、付け合せ野菜が入りきらず、別途、フライパンでかぼちゃとナスを焼いたのですが、焼く量が少なめなら、野菜も一緒にグリルパンの中に入れて焼いてしまえば簡単で、よく火が通っておいしくなります。
                  ベイクパン、最新号のディノスのカタログにも掲載されていました。肉でも魚でも野菜でもおいしく焼けるし、魚焼きグリルの庫内が汚れないのがうれしいです♪

                  カレー粉は、市販のカレー粉でもいいのですが、うちでは、スパイスを自分でブレンドしたものを使っています。前に紹介した、ヤミーさんのレシピブログキッチンのイベントで教えてもらった方法を参考に、自己流アレンジ。
                  配合は
                   ・クミン 4
                   ・カルダモン 2
                   ・コリアンダー 2
                   ・ターメリック 1.5
                   ・シナモン 0.5
                   ・ナツメグ 0.5
                   ・クローブ 0.5
                  ぐらいの比率でミックスしたものを、容器に入れています。これは、香りはインド料理屋さんのカレーっぽいスパイシーなものなのですが、辛みが全然ないので、小さい子供でも大丈夫です。
                  で、辛さは料理する時(もしくは食べる時)にお好みでレッドペッパー(一味唐辛子)を振って各自の好きなレベルに調整します。その時々に応じて辛さを調整できるのが便利です。
                  今回は、このオリジナルのカレー粉に少し、市販のカレー粉を混ぜたものをタレに使ってみました。
                   
                  このエントリーをはてなブックマークに追加
                   
                   
                  0
                     

                    肉まん

                    • 2012.01.29 Sunday
                    • 22:15
                    いちごキッチン・YUMIZOです。
                                
                    久しぶりに手作り肉まんを作りました。皮がもっちりかみごたえがあって、551の豚まんみたい。
                    今回は、ひき肉を使わずにフードプロセッサで豚の薄切り肉を荒く挽いて作りました。ひき肉より大き目の肉なのでしっかりとした肉感がでました。包丁でゴロっと豆粒大ぐらいに切ったのを混ぜてもよかったかもね。
                    家で肉まん作るなんて手間じゃない?とか言われますが、野菜を刻む作業をフードプロセッサに任せちゃえば、餃子やシューマイを作るのと大差ないです。というか餃子屋柊真に比べて、包む「数」が少ない分、楽かも。

                    肉まん


                    仲良しのお友達に教えていただいたレシピを参考に、アレンジしています。
                    ↓今日はこのレシピの倍量で作ってます。

                    【材料】中サイズ6個分orジャンボサイズ4個分
                    (皮)
                    強力粉 : 100g
                    薄力粉 : 100g
                    インスタントドライイースト : 小さじ1.5
                    砂糖 : 大さじ1
                    サラダ油 :小さじ1
                    ぬるま湯 :約3/4カップ(生地の状態を見て加減)

                    (具)
                    豚肉(薄切りorひき肉) : 100g
                    玉ねぎ : 1/4個
                    長ねぎ : 1/4本 (ねぎはどちらか一方を倍量でも)
                    シイタケ : 3個
                    にら : 1/4把
                    タケノコ水煮 : 小1個

                    (調味料)
                    醤油 : 大さじ1.5
                    砂糖 : 大さじ1
                    酒 : 大さじ1.5
                    味噌(or甜麺醤) : 小さじ1
                    中華ダシ : 小さじ1強(今回はウェイパーとホタテだし顆粒を使用)
                    塩・胡椒 : 少々
                    片栗粉 : 小さじ1


                    【作り方】
                    (1)
                    皮の材料をよく混ぜてこね、温かい所で一次発酵させる。
                    (ホームベーカリーにパン生地コースでこね&発酵をさせるか、フードプロセッサのパンこね羽根でこねて、オーブンで発酵など。)

                    (2)
                    発酵させている間に具を切る。タケノコは7mm角ぐらい、その他の具はみじん切りに。
                    フードプロセッサでガガッと切ってしまえば簡単。
                    ただし、全部の材料を一度にフードプロセッサにかけると切り加減にばらつきが出るので、素材ごとにかけた方が水分が出過ぎず仕上がりがうまくいっておすすめです。

                    (3)
                    具に調味料を加え、粘りが出るまでよく混ぜる。

                    (4)
                    蒸し器に水を張って沸騰させ、準備しておく。
                    (ここに切った野菜などを入れておくと肉まんと当時にスープができます)

                    (5)
                    発酵が終わった生地をガス抜きしてから、6等分(または4等分)して丸め、それを円に伸ばして具を包む。
                    閉じ口はしっかりと押える。具の水分・油分が付いてしまうとうまく閉じられなくなってしまうので外周部分の生地が濡れないように注意!

                    (6)
                    蒸気が上がっている蒸し器に入れ、中火で13〜15分ぐらい蒸す。

                    (7)
                    蒸し器の下段の水に野菜を入れていた場合・・・肉まんを取りだしたら、スープの素(この場合、中華ダシが合うかと。)を入れ、ごま油を少々たらし、水溶き片栗粉を入れて一旦、加熱した後、溶き卵を流したり、春雨を入れたりすると肉まんによく合うスープのでき上がり。


                    具には、エビやホタテなどの海鮮を入れてみたり、チャーシューを入れてみたりしてもいいかも。キノコや春雨をまぜてもいいね。
                    書きながら思付きました!麻婆春雨の残りを肉の具に混ぜたりしたらよさそうな気が。
                    市販のこしあんに黒ゴマペーストとごま油を混ぜたものを具にしたらあんまんになります。
                    今回、ニラを入れたら結構、餃子っぽいテイストになってしまいました。長ねぎか玉ねぎを増やした方が肉まんらしさがでたかな。
                     
                    このエントリーをはてなブックマークに追加
                     
                     
                    0
                       

                      profile

                      profilephoto

                      search this site.

                      calendar

                      S M T W T F S
                         1234
                      567891011
                      12131415161718
                      19202122232425
                      262728293031 
                      << May 2019 >>

                      selected entries

                              
                      <<前のページ  次のページ>>


                             

                      categories

                      archives

                      料理教室案内


                      日本ヴォーグ社「HappyCooking」と、Cotta「おうちパン講座」のカリキュラムでレッスンする、パン&ケーキのお料理教室、
                      15-Kitchen」(いちごキッチン)
                      東京都江戸川区にて、開催しています。
                      ご参加お待ちしています♪

                      「いちごキッチン」はYUMIZOの登録商標(登録第6080177号)です。

                      Powered by クスパ


                      バナー おうちパンマスター.jpg


                      ロゴ_コッタ

                      Counter

                      【訪問者数】
                          from 2010.04.01
                        合計  
                        今日  
                        昨日  

                      レシピ集&アイテム









                      recent comment

                      • いちごホーローでショコラケーキを作ってみた
                        YUMIZO (11/11)
                      • いちごホーローでショコラケーキを作ってみた
                        はーい♪にゃん太のママ (11/11)
                      • 自家製酵母の「ワインのパン」のレッスンを受けてきました
                        YUMIZO (10/01)
                      • 自家製酵母の「ワインのパン」のレッスンを受けてきました
                        リエ (09/30)
                      • おうちパンの「切りっぱなしパン」を作ってみた(1) コーンパンと全粒粉くるみパン
                        YUMIZO (06/18)
                      • おうちパンの「切りっぱなしパン」を作ってみた(1) コーンパンと全粒粉くるみパン
                        鈴木利江 (06/17)
                      • 「ひよこ豆のフムス」を添えたサラダ
                        YUMIZO (09/04)
                      • 「ひよこ豆のフムス」を添えたサラダ
                        鈴木利江 (09/01)
                      • チャヤマクロビオティックススイーツ「Soyザッハトルテ」
                        YUMIZO (11/14)
                      • チャヤマクロビオティックススイーツ「Soyザッハトルテ」
                        にしの (11/12)

                      links

                      others

                      mobile

                      qrcode

                      powered by

                      無料ブログ作成サービス JUGEM