スパイスでひと工夫!おいしい減塩レシピ「簡単グリーンサラダ」

  • 2018.03.17 Saturday
  • 21:51
いちごキッチン・YUMIZOです。
            
減塩料理レシピ
減塩料理レシピ  スパイスレシピ検索


レシピブログ「スパイスでひと工夫!おいしい減塩レシピ」のモニターになりました。
Hauseのスパイスを使って、減塩のレシピを考えよう、という企画です。
実は私、父が糖尿病、母が高血圧症だったので子供の頃から、家の食事は減塩食でした。そして、そういう家系なので「きっとどっちか症状が出る」と言われていたのですが、その予告通り、27歳ごろから、健康診断で血圧を測ると「あれ? 高いな・・・もう一度測りなおしましょう。」と3回ぐらい測りなおされること数年。30歳から高血圧症で通院して降圧剤にお世話になる生活を続けています。筋金入りです。
いまでこそ、降圧剤を飲むのは年相応な感じになってきましたが、30歳ぐらいの頃は、調剤薬局で薬受け取るたびに「ご本人???ですか??」と顔と処方された薬を見比べられたりしてました(苦笑)。
息子を出産する直前・直後、高血圧症が急激に悪化したのですが(妊娠時高血圧症ですね)、入院した産院で出された減塩食がそれはもう、おいしくておいしくて! だしをすごくよく効かせた食事で、まったく「減塩」を感じさせないご飯が出てくる毎日で幸せでした。

そんな私が応募するにはちょうどいい企画ではないですか!
減塩、といっても、精製塩・・・いわゆる「食塩」がダメなのであって、ミネラル豊富な海水塩にするとそこまでシビアにしなくても大丈夫説があって、それを信じて、国産のいいお塩を探し求めてたりする日々なんですがね。(この説には賛否両論あるようです。)

よく言われている減塩法

・ダシを効かせる。
・酢・柑橘・スパイス・ハーブ・香味野菜を使って満足感を出す。
・食卓に醤油や塩を置かない。
・中に混ぜるより、仕上げに掛けて表面に塩の粒がついていた方が舌が塩気を感じて満足感がある。
・いわゆる「食塩」は使わず、海水塩を使う。
・市販のダシ類などは「減塩」商品を使う。

などなどを、なるべく心がけるようにしてます。忘れがちだけど(苦笑)。

というわけで、今回のお題は、Houseのスパイスを使って減塩する、という内容。
届いたのはこちら!
モニター
・香りソルト イタリアンハーブミックス
・香りソルト レモンペッパーミックス
・GABAN クミン
・七味唐辛子

洋風、エスニック、和風といろいろ使えそうですね。
個人的には「香りソルト ガーリック&オニオンミックス」が一番好きでチキンにかけて焼いたりとかするんですが、今回はそれは入ってませんでした。

で、本題です。
レモンペッパーミックス今回は「香りソルト レモンペッパーミックス」を使ってサラダにしてみました。
こちらのスパイスは、塩にブラックペッパー、ガーリック、パセリ、カルダモンがブレンドされていて、香料でレモンの香りがついています。

こちらを使ったグリーンサラダを作ってみました。
超簡単ですが。


サラダ

レシピです。



減塩のポイントとしては、ドレッシングにせず、振りかけて和えることで、塩が溶けず、食べた時に舌に直接、塩気を感じるので少量の塩分で満足できるレシピです。「香りソルト」による香りと、リンゴ酢の酸味で補って「味足りない」って感じさせないようにしています。

リンゴ酢の代わりに酸味としてレモンやオレンジなどのかんきつの実を小さくカットして混ぜるのもアリなんですが、高血圧症の人向けの「減塩レシピ」では、「グレープフルーツ」は避けた方がベターです。絶対ではないのですが、治療で降圧剤を飲んでいる人の場合、よく使われる「カルシウム拮抗薬」というタイプのお薬だったとしたら、グレープフルーツは薬の効きを強くしてしまい、副作用の症状が出てしまう可能性があるのです。飲んでいるお薬の種類によっては大丈夫なものもあるのですが・・・。
その辺、お医者さまや薬剤師さんに要ご確認!です。


レシピでは4人分としていますが、1人分をさらに半量ぐらい、小さなココット型に盛って、ポークソテーに添えてみました。
ポークソテーの方も、同じく減塩レシピで「香りソルト イタリアンハーブミックス」を使っています。そちらは次の記事でレシピ書きます!

ポークソテー

↓こちらが続編。
 
このエントリーをはてなブックマークに追加
 
 
0
     

    バゲット×ホットプレートでチーズフォンデュ + 野菜ポタージュ

    • 2017.12.02 Saturday
    • 23:15
    いちごキッチン・YUMIZOです。
                
    今日はホットプレートで、チーズフォンデュにしました。

    チーズフォンデュ

    ホットプレートを囲むと楽しいですよね。
    チーズだけでなくパンも野菜も温めながら食べられるのが嬉しい、食べ方です。

    市販の、電子レンジで温めるタイプのチーズフォンデュの素を使っています。

    パンは、昨日焼いておいた、自家製酵母のバゲットで!
    ↓これね!


    じゃがいも、ニンジン、ブロッコリー、パプリカといった野菜類はあらかじめ蒸して温野菜にしています。
    野菜ごとに蒸し時間が異なるので、クッキングシートを二つ折りにして左右をホチキスで留めて簡単な袋にして、種類ごとに分けておくと、蒸し上がり時間ごとに取り出せて便利です。

    ソーセージもさっと茹でて温め。

    フォンデュ用チーズは、付属のプラ製温め容器ではなく、直火もOKなタイプの耐熱小鍋に入れて、レンジで温めて。

    で、140℃ぐらいに予熱しておいたホットプレートに・・・、中央に耐熱容器のチーズ、周りにパン、野菜、ソーセージを並べて準備OK!
    ちなみにフォンデュ用フォークは持ってないので、チョコ作りに使うチョコフォークを使ってみました。長さもあってちょうどいい感じ〜!



    ちなみに。
    野菜は茹でてもいいんですが、蒸した理由は・・・・先日の「中華マン&わかめ野菜スープ」同様に、蒸し鍋の下の段に蒸すための水とともに、野菜の切れ端・・・ブロッコリーの芯を小さく切ったものや、ニンジンのシッポ(笑)、他の料理に使ったタマネギやキャベツや大根の切れ端などなど・・・を入れておいて、野菜蒸しと同時にスープを作ったためです。
    野菜が蒸し上がったら、下の段のスープを今回はフードプロセッサでガーっとポタージュ状に。牛乳と顆粒タイプのホワイトシチュールウを振り入れて数分煮込んで、おいしいポタージュの出来上がりです。
    端切れ野菜でポタージュ

    バゲットでチーズフォンデュ、ウマウマです♪
     
    このエントリーをはてなブックマークに追加
     
     
    0
       

      ビストロで「韓国風鶏胸肉の甘辛フライドチキン」を作ってみた

      • 2017.11.30 Thursday
      • 21:05
      いちごキッチン・YUMIZOです。
                  
      我が家のオーブンレンジはPanasonicのビストロシリーズなのですが、パナソニックがやっている「キッチンポケット」というサイトでキッチン家電の活用法がいろいろ紹介されています。
      その中に載っているぱおさん考案の「韓国風鶏胸肉の甘辛フライドチキン」↓を作ってみました。



      韓国風鶏胸肉の甘辛フライドチキン

      詳しいレシピは上記リンク先に載っているのですが、ゴマ油&にんにくなどで下味をつけた胸肉はパサつきがなく柔らかくて食べやすい!
      衣は細かく砕いたコーンフレークを使うので、独特のガリッザクッという食感。ビストロのグリル機能を使って焼くこのレシピは油で揚げないフライドチキンなのでヘルシーです。
      そして仕上げに掛けるコチュジャンベースの甘辛ダレが絶妙でご飯が進みます。
      小学生の息子くんにはちょっと辛かったので取り分けたタレにマヨネーズを混ぜてマイルド味に。これでバクバク食べてくれました。

      投稿したレビューにも書いたのですが、かれこれ8年ぐらいの付き合いになる我が家のビストロ。普段、電子レンジやオーブン機能、オートメニューの揚げ物温めなどでは毎日お世話になっているものの、実はグリル機能を使ったことがありませんでした。「両面焼きグリル上段」ってレシピにあって「え??うちのでできるのかな、その機能??」と思ったのですが、ちゃんとありました。余熱なしからで8分で焼けたので意外と早い。天板が広いから一度にたくさん焼けるのも、鍋でフライドチキンよりも、早いなと感じました。便利ですね、これ。まだまだ使いこなせてないことを今更、思い知ったのでした。


       
      このエントリーをはてなブックマークに追加
       
       
      0
         

        リケンの「わかめスープ」で「豆乳春雨スープ」

        • 2017.11.29 Wednesday
        • 22:19
        いちごキッチン・YUMIZOです。
                    
        レシピブログの「わかめスープを簡単アレンジ ちょいたしアレンジレシピコンテスト」のモニターとしてのメニュー、2品目です。

        ワカメスープモニタ

        3種類のスープの内、今回使ったのは基本の「わかめスープ」。
        ですが、たぶん、他のスープを使ってもおいしいかと。
        わかめスープ

        前回は野菜たっぷりの「ちょい足し」ではないモノになっていたので、今回はさくっと作れるちょい足しメニューで。
        「豆乳春雨スープ」を作ってみました。
        練りごまをちょこっと足すことでコクUP!
        ヘルシーな材料ながら満足感のあるスープに仕上がりました。
        ちょい足し

        出来上がりはこんな感じ。
        豆乳春雨わかめスープ

        ではレシピを!




        レシピの中でも書いていますが、わかめスープの本来のレシピではお湯に入れてかき混ぜたら2分、なのですが、豆乳に入れると(温度も低めだし)わかめの戻りがゆっくりになるので、3分(場合によってはもう少し?)蒸らす、というのが注意点です。
        レシピでは春雨を5gとして、「ちょい足し」な具にしていますが、3倍ぐらいの量にして、朝食のメインに、「食べるスープ」にするのもおいしいです。
         
        このエントリーをはてなブックマークに追加
         
         
        0
           

          ポテトのチーズ焼き(GABANのスパイスで、ワインに合う家バルレシピ)

          • 2017.11.29 Wednesday
          • 20:55
          いちごキッチン・YUMIZOです。
                      
          レシピブログの「スパイスでお料理上手 ワインと手軽な一皿で家バルを楽しもう♪  ワインに合う家バルレシピ」のモニターになりました。

          おうちバル料理レシピ
          おうちバル料理レシピ
            スパイスレシピ検索

          スパイスセット
          GABANのスパイスシリーズから「カイエンペパー(パウダー)」、「イタリアン パセリ」、「タイム」の3種類いたただ来ました。オマケでHauseのスパイスクッキング(ミックススパイスのシリーズ)から「タコのガリシア風炒め」も!

          その中から、「カイエンペパー(パウダー)」と「イタリアン パセリ」と使って、いつもはご飯のおかずとして食べている「ポテトのチーズ焼き」をお酒に合う1品に仕上げてみました。

          ポテトのチーズ焼き

          イタリアンパセリの鮮やかな緑とカイエンペパーの赤が彩りのアクセントを添えてくれます。もちろん、香り&ピリッとした辛みもプラスされて、お酒が進む家バルメニューになりました。

          材料はこんな感じ。
          材料



          作り方です。



          じゃがいもは薄切りにすることで、火の通りをよくしています。ほっくりじゃがいもと、とろーりチーズ、タマネギの甘み。とってもおいしいメニューです。
           
          このエントリーをはてなブックマークに追加
           
           
          0
             

            リケンのわかめスープシリーズ「焙煎ごまスープ」でたっぷり野菜スープと中華まん

            • 2017.11.19 Sunday
            • 22:44
            いちごキッチン・YUMIZOです。
                        
            レシピブログの「わかめスープを簡単アレンジ ちょいたしアレンジレシピコンテスト」のモニターになりました!

            わかめスープのアレンジ料理レシピ
            わかめスープのアレンジ料理レシピ


            わかめスープモニタ
            大好きなわかめスープが3種類も!

            というわけでコンテストに参加すべく、いつも作っているスープをレシピにまとめてみました。

            今回使ったのは「焙煎ごまスープ」。
            焙煎ごまスープ
            香ばしいゴマの香りが効いているスープです。

            我が家で中華まんを温める時は、いつも、電子レンジでチンではおいしくないので、蒸し器で蒸しています。
            そして蒸す時は、ついでに下の段の蒸し湯のところに野菜をたくさん投入して、同時調理で野菜スープを作っています。
            味付けはわかめスープの素を入れると、簡単に味が決まるのでとっても便利&めちゃうま。
            そして多めに作って、残ったスープは翌日、切り餅を焼いて入れて餅入り野菜スープにしたり、ご飯を入れて雑炊風にしてみたりと、2度楽しめるのもポイントです。
            わかめスープと中華まん

            レシピはこんな感じで!


            野菜がやわらかくクタクタに煮えるので、野菜嫌いの子供も抵抗なく食べてくれます。
            が、シャキシャキ感がお好みならば、白菜や青菜類の葉の部分は、中華まんが蒸し上がった後に追加投入するとよいと思います。

            わかめスープは、本来、1袋を180mlのお湯で溶くので、2〜3袋に対して1100mlの水というのはだいぶ、薄まる感じ?なんですが、中華まんを15分程蒸すため、蒸発して、まず水分量がけっこう減ります。さらに、野菜を15分も煮込むため、野菜からうまみが出て、塩分が少ないのに、「薄い」と感じさせません。高血圧症なワタクシには嬉しい減塩料理です。味が足りないという健康体な方は、ワカメスープをもう一袋追加してもいいかもしれません。もしくは塩や醤油を追加して味を調えてみても。我が家は追加なしで大丈夫でした。

            紹介したスープは、シリーズの他のわかめスープを使ってももちろんおいしく頂けますよ♪
             
            このエントリーをはてなブックマークに追加
             
             
            0
               

              ツンとこない作り置き甘酢

              • 2017.01.25 Wednesday
              • 22:05
              いちごキッチン・YUMIZOです。
                          
              (日付をさかのぼって書き込んでいます)

              調味料棚に常備している作り置きの甘酢。
              お酢と砂糖を煮立てて、ツンとこなくしたものなんですが、醤油やめんつゆ、塩などを入れるといろいろアレンジがきいて使いやすいので気に入っています。
              ・酢の物
              ・ドレッシング
              ・甘酢タレ(ネギなど香味野菜を入れたり)
              ・甘酢漬け
              ・甘酢炒め
              などなど。
              使いやすいし常温で長期間保存がきくのが嬉しい!

              これまでながらく(たぶん20年ぐらい?)、在庫がなくなると「なくなったー。ちょうだいーー。」と実家の母にリクエストして作ってもらっていたのですが、今回、自分で作ってみました。
              母は親戚のオバチャン(故人)から教わってアレンジしたものだそうです。

              作りついでにレシピを残しておいたので、こちらでも紹介しますね。

              オバチャン秘伝の作り置き甘酢
              ↑写真は煮立てる前の状態ね。

               
              このエントリーをはてなブックマークに追加
               
               
              0
                 

                今年も味噌を仕込みました

                • 2017.01.25 Wednesday
                • 16:22
                いちごキッチン・YUMIZOです。
                            
                (日付をさかのぼって書き込んでいます)

                今年も、味噌を仕込む季節がやってきました。
                味噌



                これまでも何度か、書いてたんですが、ほぼ毎年、自家製味噌を仕込んでいます。
                仕込むのは1〜2月の寒い時期。
                大豆を前日に水につけて、朝から水煮にして、つぶして、麹や塩と混ぜて容器に詰めて・・・と、まあ、その日(2容器分作っているので、正確には2日かけてます)は忙しいのですが、梅雨が明けて夏になったころ、おいしい味噌が出来上がって、ほぼ1年分、無添加でおいしいお味噌が味わえるので、そんなに手間でもないかなと。
                「圧力鍋」「フードプロセッサ」「空気がないりこまない容器」という、ちょっと便利な道具たちの力を借りれば、失敗も苦労もなく、作れます。

                その年によって、一般的な配合にしてみたり、甘口減塩の倍麹にしてみたり、いろいろやってみたんですが、今年は甘すぎずでも減塩な、1.5倍麹にしてみることに。

                というわけで、ちゃんとレシピにまとめてみました。
                ちょっと長いですが、失敗しないコツや道具類の紹介も交えて書きましたー!

                 
                このエントリーをはてなブックマークに追加
                 
                 
                0
                   

                  すき焼きコロッケ(すき焼きリメイクレシピ)

                  • 2017.01.05 Thursday
                  • 22:49
                  いちごキッチン・YUMIZOです。
                              
                  (日付をさかのぼって書き込んでいます)

                  すき焼きパーティをした後、鍋に残ったお肉や野菜たち。
                  〆にご飯やうどんを入れて・・・というのも、もうおなかいっぱいで入らなかったので、タッパーに入れて残しておきました。

                  というわけで、今日はそれを使ってコロッケにリメイク。

                  すき焼きコロッケ


                  ものすごく適当に作ったんですけど、おいしくできちゃったのでレシピにまとめてみました。

                   
                  このエントリーをはてなブックマークに追加
                   
                   
                  0
                     

                    初・おせち料理を作ってみた

                    • 2017.01.01 Sunday
                    • 22:51
                    いちごキッチン・YUMIZOです。
                                
                    (日付をさかのぼって書き込んでいます)

                    今年もよろしくお願いします。
                    今年は、ブログ「いちごキッチン」だけでなく、パン&お菓子の教室「15-Kitchen(仮称)」を開設すべく、頑張っていきたいと思います。「15-Kitchen」は読みは同じく「いちごきっちん」です(笑)。

                    お正月なのでおせち料理です。
                    今まで、お節料理の中に登場する数品を作ってみたことはあったのですが、結婚前はずっと、実家の母ものや親類宅のものを食べ、結婚後は主人の実家で過ごしていたので、自分で作ったことはありませんでした。
                    が、今回、主人の母が我が家に滞在していて、初めて自宅でお正月を迎えたので、ちょっと頑張ってみましたよ。

                    おせち


                    1)筑前煮
                    里芋以外の野菜類の煮物は、鶏肉とともに圧力鍋で一気に筑前煮にして、種類ごとに分けて取り出して盛りつけました。里芋だけぬめりが出るかなと思ったので、別で煮てます。

                    2)八幡巻き
                    ごぼうとインゲンと人参をチキンで巻いた八幡巻きは、タコ糸で縛ったら↑上の筑前煮の圧力鍋に一緒に入れて煮ました。煮あがった後に、フライパンで表面を照り焼きにして完成。

                    3)伊達巻き
                    卵とだし汁とはんぺんをフードプロセッサでガーっとやってオーブンで焼いています。
                    が・・・卵の量に対して型(ロールケーキ型を使いました)が大きかったみたいで、思ったよりも高さが出ず、薄い仕上がりに。来年への課題ですね。もう一回り小さい型で焼くことにします。

                    4)2種のチキンハム
                    鶏肉の皮をはがして取っておいて、肉(モモとムネ)とベーコン、スパイス類を一緒にフードプロセッサでガーッと。ラップに取っておいた皮を敷いてその上にミンチした肉を乗せて巻いて、蒸す。味付けはガーリック味とパセリ味(ベランダ栽培から作ったドライパセリ。)にしています。

                    5)ごまめ
                    フライパンで炒るか、レンジでチンするか迷いましたが、オーブンでローストしてみました。で、その後、フライパンで醤油&みりんに絡めてごまをふっています。
                    大人から子供まで好評でした。

                    6)栗きんとん
                    ・・・これは今回は、市販ので済ませました。

                    7)黒豆
                    あちこちにアレンジレシピが載っている「土井勝さんの黒豆」の煮方を参考に、圧力鍋で。

                    8)ガーリックレンコン
                    煮物のれんこんとは別に、子供の好物で。
                    みじん切りのガーリックをオイルで炒めたところに薄切りのれんこんを入れて炒め、粉末をちょっとのお湯で溶いた鶏がらスープを入れてよく火を通して水分がなくなるまで炒めて完成。見た目は「れんこんのきんぴら」的なんですが、味はペペロンチーノに似た感じです。(子供が食べるのでとうがらしは抜いてるけど)
                    知人から教えて頂いたレシピです。

                    9)ピーナッツなます
                    亡くなった父と父方の親類たちが、正月には必ず食べていたのが、ピーナッツなます。
                    大根と人参のいわゆる紅白なますの、炒ったピーナツをすりつぶしたもので和えてあるバージョン。
                    沖縄のミミガーの和え物を食べた時にこんな味付けだったので「似てる!」って思ったことがあります。ネットで調べたら静岡とかで食べられている地方食だという話もあったのですが、父たち一家は終戦直後に千葉のピーナッツ産地・八街のピーナッツを買い付けてきて東京で売ったりということをしていた時期があるらしく、その頃に八街で聞いたのではないかという話ですが・・・・。父が亡くなって35年ぐらいたつのでよくわからないのですが、ネットのレシピと、30数年前の記憶を頼りになんとなく再現してみました。

                    10)お刺身とかまぼこ
                    これは市販品をそのまま詰めただけ。


                    こんな感じで頑張ってみました―――!



                    写真撮るの忘れたけど、お雑煮も。今年も東京バージョンと関西バージョンの2種類作りましたよ。
                    兵庫県の田舎から自家栽培もち米による丸餅も届いたので。
                    みんなはやはり、味噌味&鰹節たっぷりの関西バージョンが食べなれた味に近く、喜んで食べていました。
                    息子も生まれてからずっと、毎年、お正月は京都でお雑煮食べてたからね、それが慣れた味だよね(汗)。
                    でもうちの味も覚えてね、ってことで、鶏ガラだし(ちゃんと圧力なべでダシとったよ)+鶏肉+里芋+大根+地元・江戸川区の小松川にちなんだ小松菜に焼いたもちを入れたお雑煮も食べて頂きました。

                    今年も幸せな1年となりますように!
                     
                    このエントリーをはてなブックマークに追加
                     
                     
                    0
                       

                      profile

                      profilephoto

                      search this site.

                      calendar

                      S M T W T F S
                            1
                      2345678
                      9101112131415
                      16171819202122
                      23242526272829
                      30      
                      << June 2019 >>

                      selected entries

                              
                      <<前のページ  次のページ>>


                             

                      categories

                      archives

                      料理教室案内


                      日本ヴォーグ社「HappyCooking」と、Cotta「おうちパン講座」のカリキュラムでレッスンする、パン&ケーキのお料理教室、
                      15-Kitchen」(いちごキッチン)
                      東京都江戸川区にて、開催しています。
                      ご参加お待ちしています♪

                      「いちごキッチン」はYUMIZOの登録商標(登録第6080177号)です。

                      Powered by クスパ


                      バナー おうちパンマスター.jpg


                      ロゴ_コッタ

                      レシピ集&アイテム









                      recent comment

                      • いちごホーローでショコラケーキを作ってみた
                        YUMIZO (11/11)
                      • いちごホーローでショコラケーキを作ってみた
                        はーい♪にゃん太のママ (11/11)
                      • 自家製酵母の「ワインのパン」のレッスンを受けてきました
                        YUMIZO (10/01)
                      • 自家製酵母の「ワインのパン」のレッスンを受けてきました
                        リエ (09/30)
                      • おうちパンの「切りっぱなしパン」を作ってみた(1) コーンパンと全粒粉くるみパン
                        YUMIZO (06/18)
                      • おうちパンの「切りっぱなしパン」を作ってみた(1) コーンパンと全粒粉くるみパン
                        鈴木利江 (06/17)
                      • 「ひよこ豆のフムス」を添えたサラダ
                        YUMIZO (09/04)
                      • 「ひよこ豆のフムス」を添えたサラダ
                        鈴木利江 (09/01)
                      • チャヤマクロビオティックススイーツ「Soyザッハトルテ」
                        YUMIZO (11/14)
                      • チャヤマクロビオティックススイーツ「Soyザッハトルテ」
                        にしの (11/12)

                      links

                      others

                      mobile

                      qrcode

                      powered by

                      無料ブログ作成サービス JUGEM