レーズン酵母「2種のシュトレン」を受講してきました

  • 2018.12.06 Thursday
  • 22:35
いちごキッチン・YUMIZOです。
            
(日付をさかのぼって書き込んでいます)

原田浩子先生の自家製酵母のパン教室「epi」にて、レーズン酵母の「2種のシュトレン」のレッスンを受けてきました。
なかなか予約が取りにくい人気のお教室「epi」。お試しで初参加した10月の時点ですでに12月分の予約は全席埋まってしまっていたのですが、クリスマスのパンはやっぱり特別だし・・・キャンセル待ちでどーにか入れて頂けました。

今回のシュトレンは、折りたたむタイプではなく、具材を混ぜた生地をまとめたものの外側を、別で取っておいた具なしの生地にてぐるっと包むタイプ。いろいろな作り方があるんですね。そういえば、そういうぐるっと巻いた切り口のシュトレン、見たことあります!
そして「2種」ということで具材違いで。
シュトレンの具
↑右側はオードソックスにいろいろな洋酒を振りかけたドライフルーツとマカダミアナッツ。
左側は和風で柚子ピールと甘納豆、栗渋皮煮。
柚子ピールや栗煮は先生の自家製です💛

今回は、自家製酵母液から作った元種を、さらに「発酵種」にしてから、それを使って生地を作るという方法。初めて勉強しました。いろいろな作り方があるのですね。
発酵種を作る分、ええっと・・・・酵母起こしから逆算すると何日前から準備が必要なんだ???(笑) じっくり時間をかけて寝かしながら作るクリスマスの大切なパンなのです。

包み方に四苦八苦しながらも、どうにかきれいに巻いて包めました。
シュトレン焼く前
これが焼く前の状態です。ぱっと見、ドッグパンのようですが、中は具がぎっしり!

焼きあがったらアツアツのうちにバターをぬりぬり。
バター塗る
その上から和三盆糖をかけます。優しい甘さね。和風味の方はさらにきなこも。これは、クリスマス過ぎてから、お正月のお節に沿えるのもよさそうですね。

焼き上がりの断面です。
断面
右が和風の柚子&栗&甘納豆。
左がドライフルーツ&ナッツ。スパイスがいい香りです。

試食タイムはまるでクリスマスパーティのよう。
丸ごと焼いたカマンベールにミートソースを添えて、カマンベールフォンデュがサイドメニューです。先生が焼いてくださったおいしいバゲットも!
クリスマスパーティ

シュトレンはふんわり柔らかくケーキのよう。
とってもおいしく頂きました。
試食


JUGEMテーマ:手作りパン



 
このエントリーをはてなブックマークに追加
 
 
0
     

    ローストパンプキンシード(かぼちゃの種)は自作で!

    • 2018.12.06 Thursday
    • 01:18
    いちごキッチン・YUMIZOです。
                
    本当は他にも日付をさかのぼってアップするつもりでいる記事ネタがいくつもたまっているのですが・・・・。
    とりあえず、すぐあげられるのをひとつ。

    今日は食材の話。

    【無添加】パンプキンシード(かぼちゃの種)100gパンやケーキのトッピングとしてはもちろん、ナッツ的おつまみの一つとしても使われる、ローストパンプキンシード。
    いわゆるかぼちゃの種です。

    製菓材料ショップで、無塩のモノで探すと、50g入りで300〜400円ぐらいするでしょうか?
    Amazonからリンク引用している、右側の写真→は100g入りのものですが、この半分だとしても、おつまみで食べるならともかく、トッピングに使うには量が多すぎるし、400円といえど、高くない?

    というわけで、自作しちゃいましょう。
    え? だって、捨ててるでしょ、カボチャの煮っころがしした時、ワタといっしょに、種。

    レシピにするほどのこともないのですが、さらっと紹介します。

    (1)
    普通に、野菜として売っているかぼちゃの、実から取り除いたワタ&種を捨てずに、取り出す。

    (2)
    水洗いしながらワタを取り除いて、種だけにして、ぬめりをよく洗い流す。

    (3)
    ざるなどに入れて、ベランダなど、風通しの良いところで丸1日〜2日、干す。
    (100円ショップなどでも売られている、野菜干しネットなどにざるを入れると虫がついたり鳥が来たりしなくて安心)

    (4)
    外側の薄茶色の殻部分のキワ(ごく端っこ)に切れ目を入れて中のグリーンの種を取り出す。
    →爪切りで切ると切りやすいそうです。普段、爪を切っているものをつかうはアレなので、何度も作るなら100円ショップとかで新品の爪切りをゲットするとよいかと。とりあえずはキッチンバサミでもできなくはないです。
    数が多いとちょっと地味で面倒な作業です。

    (5)
    フライパンに入れて弱火で15分ぐらい炒る。ガスコンロに天ぷら温度設定モードの機能がついていたら、160℃にして時々、木べらでかき混ぜれば、基本、放っておいても大丈夫。
    またはオーブンの天板に広げて、150℃で15分。
    オーブントースターでも、温度があがりすぎずに定温管理できるタイプならいけるかな? うちのはワット数設定なのでダメですが。

    (6)
    冷めるまで待つ。

    (7)
    カリッカリになっています。
    足りなければもう少し炒ってください。

    (8)
    保存は、密閉できる容器に、シリカゲルなどといっしょに入れて。
    ビニールのジップ袋よりは、アルミジップ袋の方がシケにくいです。

    パンプキンシード

    あの、カボチャを切ったら付いている薄茶色の種と、売っているパンプキンシードは全然色が違うから、ナッツ用の特別な品種とかがあるのだと、これを作るまで思っていました。殻をむいたら中からこんな、きれいなオリーブグリーンの種が出てくるとはびっくりしました。

    ちなみに、チョコケーキ(ガトーショコラとか)の写真を撮ろうとするとオートフォーカスのピントがあわせにくいので、クリームを絞るか粉糖振ったところに、こーゆー、パンプキンシードとかピスタチオとか、ミントといった緑色のモノを置いてそこにピントをあわせるとうまく撮れるそうです。(前に、フードスタイリストさんに教わった)

    クックパッドなどで検索すると写真付きでパンプキンシードのレシピを乗せている人が何人かいらっしゃるので参考にしてみてください。
    捨てていたかぼちゃの種で、タダで、パンプキンシードをゲットできます。
    おつまみとして食べるなら、オイルを入れて炒って、仕上げに塩を振ると◎。
    でも、無塩でノンオイルでポリポリ食べてもおいしいです。

    ぜひお試しをっ!
    これ作りたいがために、カボチャ買ってきて、煮っころがしやスープを作ることになるかも―(笑)

    カボチャの種の話を書いているとどうしても頭の中で、「おーてーらーのおーしょうさんが かーぼーちゃーの たーねーをー・・・・」ってわらべ歌がグルグル回ってしまいます💦


    JUGEMテーマ:料理



     
    このエントリーをはてなブックマークに追加
     
     
    0
       

      おうちパン講座「ドデカシュトレン」

      • 2018.12.05 Wednesday
      • 22:31
      いちごキッチン・YUMIZOです。
                  
      (日付をさかのぼって書き込んでいます)

      今日はおうちパン講座のクリスマスレシピから「ドデカシュトレン」のレッスンを行いました。

      クリスマス前になるとここ数年、各パン屋さんの店頭にこぞって並ぶのがシュトレン。
      ドイツ発祥のクリスマスのパン。生まれたての赤ちゃんのイエス様のおくるみを模したともいわれている、フルーツたっぷりのパンです。
      お店で買ったら結構な値段するんですが、おうちパンのレシピなら、ドデカパンのアレンジで、スプーンで混ぜて冷蔵庫でじっくり発酵させて、折りたたんで成形して焼くだけと、とっても簡単。そんなに日持ちしないタイプのれしぴではありますが、いやでもめっちゃおいしいからあっという間に食べきっちゃいますよ。そして簡単で材料費もそんなにかからないから何回も作っちゃえばいいんです。

      というわけで、材料を容器に入れてスプーンでグルグル混ぜて生地作り。
      シュトレン生地

      そしてあらかじめ用意しておいた生地を成形して焼きます。
      焼き上がりアツアツのうちにバターを塗ってきび糖を振ります。
      シュトレン焼き上がり
      ツヤっとしておいしそう。でもまだ食べません。冷めたら袋に入れて一晩寝かせた方がおいしいのです。

      というわけで、試食用はあらかじめ焼いておいたものをお出ししました。
      粉糖を振ってお化粧して仕上げます。
      シュトレン

      断面。
      シュトレン断面

      簡単なのにとってもおいしいシュトレン。
      手土産にするのも◎ですね。
      シュトレン焼き上がり

      バナー おうちパンマスター.jpg


      JUGEMテーマ:料理



       
      このエントリーをはてなブックマークに追加
       
       
      0
         

        りんご酵母、仕込み中

        • 2018.12.05 Wednesday
        • 21:32
        いちごキッチン・YUMIZOです。
                    

        主人の母が、毎年、秋になると長野のりんご農家をしている知人宅に行ってりんご狩りをして、おすそ分けをたくさん送ってくれます。
        ふじ系のサクサクとしたりんごで、蜜入り。甘酸っぱくてとてもおいしいりんごです。
        で、「実」はおいしくたべて、「皮」と「芯」で自家製酵母を作っています。(重量が足りない分、ちょっとだけ実も混ぜてるけど)
        左はりんご&ヨーグルト酵母。今回は最初からヨーグルトも混ぜる方法で仕込んでみました。
        右はりんごのみで昨日、仕込んだもの。ヨーグルト入りの在庫が少なくなってきたのでなくなる前に次を。まだ24時間なのでシュワシュワしてません。
        昨日は季節はずれに暑かったので常温にしましたが、今夜〜明日は冷え込みそうなので、ヨーグルティア登場。これを使えば温度が安定するので失敗なしにうまく発酵します。

        ちなみに。
        ヨーグルティアは、ヨーグルトはもちろん、塩こうじ、甘酒、小量の味噌、温泉卵・・といろいろ使えて日々大活躍しております。

        自家製酵母液、毎日、ふたを開けて瓶を振ってかき混ぜつつ様子(発酵具合や香りなど)を確認する必要がありますが。
        ってやってたら、玄関の台においてある水槽の魚に餌をまいてた主人に、
        「それ、YUMIZOのペットだね。」
        と言われました。
        …確かに、そうかも。生き物だし、エサ(砂糖)食べるしね。

        さて、この酵母で何のパンをつくりますかね?♪
         
        このエントリーをはてなブックマークに追加
         
         
        0
           

          おうちパン講座「東京エリア 新システム活用法シェア勉強会&クリスマス会」に出席してきました。

          • 2018.12.04 Tuesday
          • 22:27
          いちごキッチン・YUMIZOです。
                      
          (日付をさかのぼって書き込んでいます)

          今日はコッタ主催「おうちパン講座」の、東京のおうちパンマスターたちが集まる勉強会「東京エリア 新システム活用法シェア勉強会&クリスマス会」に参加してきました。
          四谷のオシャレなレンタルスペースにて、東京エリアのシニアアドバイザー奥林先生他、東京のおうちパンマスター仲間に出会うことができて、とても楽しい勉強会でした。
          ルールの確認やCottaのおうちパン講座サイトの使い方などなど。
          お話ししつつ、みなさんの活動の様子などを聞くのもとても参考になって楽しいひと時。
          自宅教室をやっている先生方って、一般的には横のつながりってなかなかないと思うのですが(ある意味、競合の、ライバルなわけですし)、おうちパンマスターは、こうして勉強会を開催してくださったり、Facebook上で質問して答えて・・と交流してお互いに高めていけてとても素敵なチームだなと思っています。
          バリバリ活動している方、ボチボチなかた、これからやろうとしている方、それぞれの状況、やり方。そしてそれぞれ個々が持っている別の得意分野があったりなどなど、皆さんのお話を聞きながらいろんなヒントを頂きました。

          そして、後半は持ち寄りランチしながらおしゃべり。
          持ち寄り
          クリスマスパーティです。これがまた、みなさん、どれもおいしくて。
          YUMIZOは、昨夜作ったクグロフを持参。おかげさまで皆さんに喜んでい頂けました。

          いろいろ刺激を頂いたことだし、2019年は本腰を入れて教室活動、がんばろう!と決意を新たにしたのでした。

          バナー おうちパンマスター.jpg


          JUGEMテーマ:手作りパン



           
          このエントリーをはてなブックマークに追加
           
           
          0
             

            クグロフ

            • 2018.12.03 Monday
            • 23:10
            いちごキッチン・YUMIZOです。
                        
            (日付をさかのぼって書き込んでいます)

            12月になりました。
            クリスマスのパンということで、HappyCookingのレシピからクグロフを作ってみました。
            クリスマスのパンやケーキ、ヨーロッパ各国の様々な種類のものが日本でもたくさん紹介されるようになってきましたよね。ドライフルーツをふんだんにいれるものが多い印象。

            クグロフは、オーストリア、スイス、ドイツ、フランスなどで作られる、斜めに模様のついた蛇の目型
            「クグロフ型」に入れて焼くフルーツたっぷりの菓子パンです。卵や牛乳・バターがたっぷり入ったリッチなブリオッシュ生地にドライフルーツやナッツが入るパンというのが基本ですが、パンではなくパウンドケーキにするようなバターたっぷりのケーキ生地でフルーツを入れて作るというタイプのモノを見かけることも。

            HappyCookingのレシピでは、ココアを入れたブリオッシュ生地にナッツ、チョコチップ、レーズンを入れて作ります。
            クグロフ
            粉糖を振って、ヒイラギの葉の飾りを刺すとぐっとクリスマスムードがでますよね。

            実は今回は自分の家用なのでちょっと実験して、本来15センチのクグロフ型2台分のレシピだったところを、ちょっと増やして仕込んで、15センチと18センチ同時焼きしてみました。
            15センチのクグロフ型2台分の分量で、18センチが1台焼けるはずの計算だったので、本当に計算通り、18儼燭任い韻襪里どうかと。

            仕上げ発酵の時間や、焼き時間は、大きい方がちょっと長めにしつつですが、一緒に焼けちゃいました。
            クグロフ
            ↑予想通り、できました。
            二つ並んでいるクグロフは遠近法で大きさが違って見えるんじゃないのよ!
            実際に大きさが違うのです。
            直径15cmと直径18僉7造砲靴燭3センチの差なのだけど、真ん中が空いた蛇の目の型でそして上底が広がった錐状の体積で換算すると、倍の材料が入ってしまうんだから驚くよね。
            ぱっと見、18センチの方が、15センチの2個分のパンには見えないものね。

            そして大きい方は、明日のおうちパン講座の勉強会への持ち寄りランチに持っていきまーす!
            持ち寄り品にするには、やはり15センチサイズでは小さいものね。
            おいしくできてよかった♪

            JUGEMテーマ:料理



             
            このエントリーをはてなブックマークに追加
             
             
            0
               

              おうちパン講座 「ドデカトマトパン」「ツリーパン」

              • 2018.12.03 Monday
              • 21:34
              いちごキッチン・YUMIZOです。
                          
              (日付をさかのぼって書き込んでいます)

              今日はおうちパン講座のメニューから「ドデカトマトパン」と「ツリーパン」のレッスンを行いました。

              貝印さんの企画に参加して「tvs mito フライパン 28cm」のキャンペーンをやっているので「ドデカトマトパン」はこのフライパンを使って焼くレッスンです。
              トースターでもオーブンでもそしてフライパンでも焼けちゃうおうちパン。とっても便利ですよね。
              そしてこのmitoのフライパン、ハンドルにサーモマークがついていて予熱できると色が変わってお知らせしてくれるのです。耐久性が高いチタンコーティング&ノンスティック加工でこびりつかないのもとっても嬉しいので、おうちパンのフライパン焼きに高相性💛 
              ドデカトマト
              ささっと、きれいにひっくり返せました!

              フライパンで焼くと、両面焼きなのでどうしても高さが出ないのですが、それはそれでパニーニ風?でいいかも。
              ドデカトマトサンド
              こんな風に、横にスライスしてから具を挟んで、つまみやすい幅にカットしたサンドイッチ、切り口がステキです。
              今回はそんなに具を詰め込まなかったのですが、たっぷり挟んで「萌え断」とか「沼サン」とか「わんぱくサンド」とか言われるインスタ映えサンドイッチを作ってみるのもいいかもしれません。

              そしてもう一品はツリーパン。
              シンプルなミルク味のパン生地ですが、ドレッジでサイズ違いの星形に切って成形します。
              ツリーパン

              そして焼き上がり!
              焼けた

              ↑こちらを順番に重ねると・・・↓
              積み重ね
              ツリーになります!
              考案者の吉永麻衣子先生、すごいです! 凝った成形ではなく、シンプルな生地でパパっと切込み入れて形を作るだけでこんなに楽しいパンになってしまうなんて。簡単すぎ、なのにこどもたち盛り上がること間違いなし!

              2品完成して、試食タイム! おいしく頂きました。
              試食

              ・・・・後から気づいたのですが、ツリーパン、撮影の時に一番上の段の星を立てるのを忘れてしまいました(-_-;)
              生徒さんが持ち帰り生地で翌日焼いた写真を送ってくださったのでご紹介を。
              ツリーパン
              サンタ人形が添えられていてかわいい☆

              バナー おうちパンマスター.jpg


              JUGEMテーマ:料理



               
              このエントリーをはてなブックマークに追加
               
               
              0
                 

                自家製酵母(レーズン酵母)でバナナケーキ また作ったよ

                • 2018.11.30 Friday
                • 23:00
                いちごキッチン・YUMIZOです。
                            
                (日付をさかのぼって書き込んでいます)

                だいぶ弱ってきた自家製酵母の元種の在庫を一掃して、また新しく元種を作りなおすため、先日習った自家製酵母のバナナケーキを再び作ってみました。

                完熟な柔らかいバナナと元種を合わせて、フルーティな甘い香りがいい感じ。
                本当は習ったレシピでは青いケシの実を入れることになっているんですが手元になかったので食感だけでもプラスしたくて白いケシの実を入れてみました。見た目的にはブルーのケシの実を入れるとツブツブ入っている感じがアクセントになるよね。今度、食材ショップに行くとき買って来ようト思います。

                バナナケーキ

                いい感じにきれいにふくらみました。

                バターが少しでいいので罪悪感少ないのもうれしい(笑)
                子供のおやつにぴったりです。

                JUGEMテーマ:料理



                 
                このエントリーをはてなブックマークに追加
                 
                 
                0
                   

                  アーンドラカフェのカレーランチ

                  • 2018.11.30 Friday
                  • 22:24
                  いちごキッチン・YUMIZOです。
                              
                  (日付をさかのぼって書き込んでいます)

                  お友達から「近くにインド料理屋さんができたの知ってる??」とお誘いを頂いてランチを食べてきました。
                  「アーンドラカフェ」というお店。
                  銀座にある「アーンドラ・ダイニング」の系列店だそうです。

                  ちょっと前まで、この場所、店頭に昔のコインゲーム機が置いてあって文房具屋と生活雑貨屋と駄菓子屋が一つになったような昭和のニオイプンプンのお店だったんですが、そこが、インド料理カフェに変わったようです。

                  「カフェ」・・・ってなっているので、銀座や御徒町にあるレストランよりはカジュアルな感じなんでしょうね。
                  「カフェ」だけどだからってカフェメニューがあるわけではなく、インド料理屋さんです。
                  この辺、インド人の方々がたくさん住んでいらして、スーパーにもインド食材コーナーがあったりする街です。
                  が、近隣にある「インド料理屋」さんをうたった店は、実はインド人がやっているお店というより、パキスタンやバングラディッシュや最近はネパール人のお店が多かったりします。が、ここはホントの南インドのお料理らしく。
                  ナンじゃなくて「ローティ」というぺったんこなパン、ご飯もバスマティライスという、細ながーい、サラサラしたお米。ディープです。
                  アーンドラカフェ

                  味わい深くおいしい。本格派の味です。
                  レストランの口コミサイトをみると、みんな、立地のことをいろいろ書き込んでいますね。
                  確かに、駅から遠いし、この辺、再開発地域だからコインパーキング一カ所もないもんなぁ。
                  遠くから来た人は大変だよね。
                  私はご近所にできてうれしいけど。

                  JUGEMテーマ:料理



                   
                  このエントリーをはてなブックマークに追加
                   
                   
                  0
                     

                    おうちパン講座「ドデカトマトパン」

                    • 2018.11.29 Thursday
                    • 23:06
                    いちごキッチン・YUMIZOです。
                                
                    (日付をさかのぼって書き込んでいます)

                    おうちパン講座のクリスマスメニューから「ドデカトマトパン」のレッスンを行いました。

                    カットトマト缶を仕込み水にして容器に材料を入れてスプーンで混ぜ混ぜ。

                    そして冷蔵庫で低温長時間発酵させた生地を取り出します。
                    粉をしっかり振りますよ。
                    ドデカトマト生地

                    ふっくらときれいに焼けました。
                    ドデカトマト焼けた

                    レタスハムチーズを挟んでサンドイッチにして試食タイムです。
                    今日は縦スライスにて。
                    鮮やかなトマトカラーのパンは、グリーンのレタスやサラダ菜などを挟むとクリスマスパーティに映えますよね。
                    とってもおいしくて、リコピンたっぷり、見栄えもするのでクリスマスだけじゃなく、通年楽しんでほしいパンです。
                    ドデカトマトサンド


                    バナー おうちパンマスター.jpg


                    JUGEMテーマ:手作りパン



                     
                    このエントリーをはてなブックマークに追加
                     
                     
                    0
                       

                      profile

                      profilephoto

                      search this site.

                      calendar

                      S M T W T F S
                       123456
                      78910111213
                      14151617181920
                      21222324252627
                      282930    
                      << April 2019 >>

                      selected entries

                              
                      <<前のページ  次のページ>>


                             

                      categories

                      archives

                      料理教室案内


                      日本ヴォーグ社「HappyCooking」と、Cotta「おうちパン講座」のカリキュラムでレッスンする、パン&ケーキのお料理教室、
                      15-Kitchen」(いちごキッチン)
                      東京都江戸川区にて、開催しています。
                      ご参加お待ちしています♪

                      「いちごキッチン」はYUMIZOの登録商標(登録第6080177号)です。

                      Powered by クスパ


                      バナー おうちパンマスター.jpg


                      ロゴ_コッタ

                      Counter

                      【訪問者数】
                          from 2010.04.01
                        合計  
                        今日  
                        昨日  

                      レシピ集&アイテム









                      recent comment

                      • いちごホーローでショコラケーキを作ってみた
                        YUMIZO (11/11)
                      • いちごホーローでショコラケーキを作ってみた
                        はーい♪にゃん太のママ (11/11)
                      • 自家製酵母の「ワインのパン」のレッスンを受けてきました
                        YUMIZO (10/01)
                      • 自家製酵母の「ワインのパン」のレッスンを受けてきました
                        リエ (09/30)
                      • おうちパンの「切りっぱなしパン」を作ってみた(1) コーンパンと全粒粉くるみパン
                        YUMIZO (06/18)
                      • おうちパンの「切りっぱなしパン」を作ってみた(1) コーンパンと全粒粉くるみパン
                        鈴木利江 (06/17)
                      • 「ひよこ豆のフムス」を添えたサラダ
                        YUMIZO (09/04)
                      • 「ひよこ豆のフムス」を添えたサラダ
                        鈴木利江 (09/01)
                      • チャヤマクロビオティックススイーツ「Soyザッハトルテ」
                        YUMIZO (11/14)
                      • チャヤマクロビオティックススイーツ「Soyザッハトルテ」
                        にしの (11/12)

                      links

                      others

                      mobile

                      qrcode

                      powered by

                      無料ブログ作成サービス JUGEM