「初午いなりの日」が近いのでお弁当にいなり寿司!

  • 2019.02.08 Friday
  • 22:39
いちごキッチン・YUMIZOです。
            
先日参加した、レシピブログのイベント「ぱおさんの調理デモも必見♪みんな大好きいなり寿司!つくって食べて学ぼうイベント」で知った「2月11日は初午いなりの日」という記念日。
3日ほど早いですが、今日は子供が社会科見学に行く日で、お弁当のリクエストに「おいなりさんがいい」と言われたので、今日は初午いなりの日に便乗して、5時半起きでがんばって、早朝からいなり寿司をたくさん作りました。
おあげはもちろん、イベントのお土産で頂いた、みすずコーポレーションさんの味付けいなりあげ「おいなりさん」です。

はい、完成↓。

いなり寿司

・・・シンプルです。

先日の、イベントで習ったいなりはこんな風に↓彩り鮮やかでした。
出来上がり


が、息子のリクエストは「具何もない、普通のおいなりさんがいい!」と。
そ、そうね・・・・・東京のいなり寿司は具なしのシンプルなモノだったものね。
でもあまりにもさみしいので、ひじきと大豆の五目煮を入れたバージョンをふた味で。

旦那様のお弁当と、自分のお昼ご飯と合わせてたっぷり16個。

シンプルなお稲荷さんでしたが、みんな喜んでたくさん食べてくれてお弁当箱は空っぽ。
おいしかったそうです。よかった。

もう一袋、味付きいなりあげ「おいなりさん」残っているので、次は彩りよくオシャレなおいなりさん、作ってみようかな。

JUGEMテーマ:料理



 
このエントリーをはてなブックマークに追加
 
 
0
     

    レシピブログ「ぱおさんの調理デモも必見♪みんな大好きいなり寿司!つくって食べて学ぼうイベント」に参加してきました

    • 2019.01.28 Monday
    • 22:39
    いちごキッチン・YUMIZOです。
                
    レシピブログの企画「ぱおさんの調理デモも必見♪みんな大好きいなり寿司!つくって食べて学ぼうイベント」に参加してきました。

    会場は銀座の「Studio +G GINZA」セミナールームとと調理実習ができるクックラボを備えた東京ガスのイベントスペースです。

    今回の企業さんは、こうや豆腐や味付けいなりあげで有名な「みすずコーポレーション」さん。
    そういえば、息子が離乳食後期のころ、アンパンマンの焼き印が押されたこうや豆腐にずいぶんお世話になりました。

    さて、着席すると机の上には、いなり寿司の学習漫画と全国各地のいなり寿司を集めたいなり本、「2月11日は初午いなりの日」と印刷された絵馬、エプロンなどなどが。
    テーブル
    そして開始までの待ち時間に絵馬に書き込みを、と言われ、お願い事を。
    これは、稲荷神社に奉納してくださるそうです。

    まずはみすずコーポレーションの会社の方による会社の紹介と、2月11日が「初午いなり日」となっていることの説明などを。
    会社の人
    古来から2月の最初の午(うま)の日を初午と言って、稲荷神社でお祭りをする日で、その日にいなり寿司をお供えする風習があったこともあり、本来は「午」の日なので毎年移動する日となるところを、2/11の固定日で一般社団法人全日本いなり寿司協会が申請して登録された記念日なのだそうです。

    ・・・初午。
    そういえば、子供の頃、初午の日になるとイトコの家(=父の実家があった場所)に遊びに行って、向かいにある小さな稲荷社に子供たちが集まってお菓子をもらえる行事があったことを思い出しました。イトコ宅は町の中でも商店が集まる地区だったので街角に小さなおいなりさんの祠があったのです。多分、一坪か二坪ぐらいのホントに小さな祠。・・・その場所は今は再開発されて高層マンションになってしまったのだけど、そういえばそのマンションの敷地内の片隅に今もお稲荷さんの祠が残っていたような気がします。今は初午まつりはもうやっていないんだろうな、きっと。

    話が反れましたが、節分の「太巻き寿司丸かぶり」に続け!と??、いなり寿司業界が2/11にいなり寿司をみんなで食べようという行事を広めようとしている、ということのようです。

    ここで、「いなり王子」が登場。
    ほぼ毎日、全区津々浦々のいなり寿司を食べ、そして日本のみならず世界中にいなり寿司を広めようと活動なさっている方です。TV出演などもされていらっしゃるそうで。
    いなり王子
    いなり寿司愛をたっぷり語ってくださいました。

    いなり寿司の語源。
    語源

    そして江戸時代のいなり寿司の歴史。
    歴史

    日本全国で俵型だったり三角だったり、具入り、具なし、その他いろいろ。。。地域ごとに表情の違ういなり寿司の紹介。
    東日本

    西日本

    そして形や名称、具の分布地図。
    いなり分布

    あ、ちなみに親も東京育ちの江戸っ子なYUMIZOですが、実家のお稲荷さんは、具なしが基本で、ゴマ入りと刻み紅ショウガ入りの3種類がありました。味を変える時は目印にお揚げを裏返しにしてあったり。
    私自身は、具なし、ゴマ、ヒジキ五目煮味、五目ずし味などを作ることが多いです。
    そして帰宅後、京都出身の主人に聞いてみましたがいなり寿司と言ったら俵型を先に思いつくそうです。
    家庭の味、いろいろです。

    続いて再びみすずコーポレーションの会社の方。
    説明
    「味付けいなり揚げ」が作られる様子の説明を。
    パネル
    豆腐を作って油で揚げて、油を切ってパッケージに入れて・・・・。
    パッケージに煮汁といっしょに入れて密封してから加熱する(=煮込む)という過程なんですね。そこ、驚きました。家で作るイメージでは煮てから容器に入れて炒るので、工場だと、そうなるのかーと。驚き。
    こうして、家で煮なくても、パッケージを開けて酢飯を詰めるだけで簡単におうちでいなり寿司ができちゃうありがたい商品が出来上がるのでした。

    続いて、配られたエンジのエプロンをみんなお揃いで身に着けて、クックラボに移動。
    レシピブログの人気ブロガー、ぱおさんによる、お料理デモの後、参加者が実際にいなり寿司を実習するコーナーです。

    デモの様子を動画にて。
    1)親子いなり寿司

    いなり寿司の上にとりそぼろ&卵そぼろって! 子供に人気間違いなしな組み合わせですね。

    2)もち麦のサラダ寿司

    ご飯ではなく、ゆでたもち麦をベースに雑穀サラダ的な具を詰めるヘルシーないなり。
    グリル(東京ガスだしね!)で焼いた山芋がほっくりしつつ粘りがあるのがポイント。春菊や紫玉ねぎで彩り鮮やかなサラダです。すりおろした柚子を添えるのがアクセント。

    3)セルフいなり寿司パーティ

    いろいろな具を用意して手巻き寿司のように、各自で好きなセルフで乗せてパーティしよう!っていういなり寿司です。サバ缶サラダやサーモンとアボカドの柚子胡椒和え、枝豆ナムル、花ニンジン、いくら・・と彩り鮮やかな品々で、何を乗せようか迷ってしまいますね。

    さて、ぱおさんによって完成したお手本はこんな感じ
    パオさんのお手本
    とっても彩り鮮やかでオシャレです。

    さて、いよいよ参加者の実習タイム!
    実習
    みんなで手分けして作業して楽しいひと時。

    完成です。
    出来上がり
    こちら↑YUMIZOの作ったモノですが、同じ材料でも同じテーブルの方で見せ合ったらみんなそれぞれ表情が違っていて面白いですね。
    みすずコーポレーションさんのイベント紹介ページに私たちのテーブルの記念写真が掲載されました♪
    いなり王子との記念写真もね!



    完成後は試食タイム。みんなで一緒に作業したこともあって試食タイムは同じテーブルの皆さんとおしゃべりも弾みました。
    また、今回は席が離れていたのですが、先日の「±0」の家電イベントでご一緒したらぴすらずりさんにもお会いすることができました。(声、かけてくださってありがとうございます💛)

    イベント終了後。
    お土産は味付けいなりあげ「おいなりさん」に、こうや豆腐も。
    そして、ぱおさんの手書きメッセージ入りのいなり絵葉書も!
    レシピブログのイベントは今まで何度か参加していますが、直筆の手書きメッセージを全員に配ってくださったのは初めて! ぱおさんのお優しいお人柄に感動しました。
    お土産
    そして息子は学習漫画に大喜び。学校でこのシリーズの本をよく読むそうですが、いなり本は初めてだそうで。
    喜んでくれてうれしい!

    いなりあげも頂いたことだし、今度の社会科見学のお弁当はおいなりさん、作りますかね?
    楽しみです♪

    JUGEMテーマ:料理


     
    このエントリーをはてなブックマークに追加
     
     
    0
       

      伊予柑酵母の「伊予柑ブレッド」

      • 2019.01.23 Wednesday
      • 22:59
      いちごキッチン・YUMIZOです。
                  
      原田浩子先生の自家製酵母のパン教室「epi」にて、伊予柑酵母の「伊予柑ブレッド」のレッスンを受けてきました。

      伊予柑で起こした自家製酵母×自家製の伊予柑ピールを入れたパンです。
      伊予柑ピールの作り方も教えて頂きました💛

      成型はふんわりとした双子の山・・・フォンデュ成型です。
      チーズフォンデュって、この双子の山のパンを使って、煮溶かしたチーズにつけて食べるからチーズフォンデュというのだそうで・・・ってことはフルーツやマシュマロを溶かしチョコにつけて食べる「チョコレートフォンデュ」とかは実は間違った名前の付け方・・・なのかも(苦笑)。

      いわゆる「ハイジの白パン」とかこの形よね♪
      20190123-010-自家製酵母 伊予柑酵母 伊予柑ブレッド.JPG

      中からオレンジピールが覗いています。
      20190123-003-自家製酵母 伊予柑酵母 伊予柑ブレッド.JPG

      ふっくらふんわりとしたおいしいパンです。

      今日のサイドメニューは
      ・バルサミコチキン
      ・マスカルポーネクリームチーズ
      20190123-006-自家製酵母 伊予柑酵母 伊予柑ブレッド_Fotor.jpg

      マスカルポーネクリームチーズはいちごとナッツが入ってまるでパフェみたい♪

      翌日、持ち帰り生地を焼いてみました。
      20190124-040-自家製酵母 伊予柑酵母 伊予柑ブレッド.JPG
      レッスンの時は、割れ目がのっぺりした感じでしたが、復習でポイントを思い出しながら成形したらばっちり、いい形に焼きあがりました。

      JUGEMテーマ:手作りパン



       
      このエントリーをはてなブックマークに追加
       
       
      0
         

        ちょい足し酵母でドデカパンを作ってみた

        • 2019.01.14 Monday
        • 21:27
        いちごキッチン・YUMIZOです。
                    
        (日付をさかのぼって書き込んでいます)

        失敗なしでおいしさUP!  超簡単「ちょい足し酵母」のパン作り
        おうちパン考案者の吉永麻衣子先生の著作「失敗なしでおいしさUP! 超簡単「ちょい足し酵母」のパン作り」、非常に気に入っています。
        自家製酵母の酵母液を使うパンなのですが、「イーストを使わずに自家製酵母で!」という本ではなくって、ふだんの、かんたんにできちゃうイースト使用の「おうちパン」がベースで自家製酵母をちょい足しして、うまみ・風味をUPさせて楽しむレシピ本です。パンを膨らませる部分はイーストの力を使うので、失敗知らずで自家製酵母パンのオイシイトコロを味わえちゃう。なので、パン作り初心者・忙しい人にも作れる自家製酵母の入門にちょうどいい本。
        市販のジュースから酵母を起こすびっくり・簡単なジュース酵母液の作り方なども載っているのがこれまた便利!

        今回、おうちパンマスターのアレンジレシピのラインナップにも追加されたので今後、試作を重ねたのち、YUMIZOのパン教室「15-kitchen」のレッスンの中にも取り入れていきたいと思っています。

        で、かんたんに・・・なんですが、これ、普段、がっつりと自家製酵母パンを作っているパン作り大好きな人も、知っていると便利なレシピなんです。
        ふくらます力はイーストの力を借りるので、ちょっとくたびれてきた酵母液の使い切りにちょうどいい。
        しかも、「おうちパン」なんで、生地を仕込んだら1日1回、丸めなおしすれば最長5日間、冷蔵保存可能で都合のいいときに焼けるのがなんといっても便利。


        そんなわけで、使い残した自家製酵母の酵母液を使って、こちらの本の中のレシピを日々、せっせと作っています。
        作っていますが、要するに、おうちパンのレシピの水分の一部を酵母液に置き換えているので・・・っていうことは、他のおうちパンのレシピもちょい足し酵母でできるんじゃない?? と思い、個人的にいろいろ試してみました。

        今日はドデカパン×みかん酵母液で。
        親類から送られてきた無農薬みかんの実&皮で酵母液を起こしています。
        2品焼きました。
        20190114-020-自家製酵母みかん酵母でちょいたし酵母 ドデカハムチーズとドデカシュトレン.JPG

        ドデカハムチーズ(みかん酵母ちょい足し)
        20190114-001-自家製酵母みかん酵母でちょいたし酵母 ドデカハムチーズ.JPG

        ドデカシュトレン(みかん酵母ちょい足し)
        20190114-010-自家製酵母みかん酵母でちょいたし酵母 ドデカシュトレン.JPG

        イーストだけのパンにはない味わいがあり、心なしかふっくらしっとり仕上がる気がします。
        あと、酵母液ではなく、水分と強力粉の一部を、元種に置き換えてみるのも試しに実験中。
        残って元気がなくなってきた酵母液や元種の使い切りに、とっても重宝なレシピ本です♪

        JUGEMテーマ:手作りパン



         
        このエントリーをはてなブックマークに追加
         
         
        0
           

          酒粕酵母の「チョコバゲット」を受講してきました

          • 2019.01.13 Sunday
          • 22:14
          いちごキッチン・YUMIZOです。
                      
          (日付をさかのぼって書き込んでいます)

          原田浩子先生の自家製酵母のパン教室「epi」にて、酒粕酵母の「チョコバゲット」のレッスンを受けてきました。

          酒粕から起こした酵母・・・シュワシュワです!
          20190117-007-自家製酵母酒粕酵母 チョコバゲット.JPG

          ココアがたっぷり入ったバケット生地の中にチョコやナッツ、フルーツが・・・!
          成型はバゲット型とハート形に。
          20190117-008-自家製酵母酒粕酵母 チョコバゲット.JPG
          20190117-005-自家製酵母酒粕酵母 チョコバゲット.JPG

          クープを入れて焼成。
          20190117-013-自家製酵母酒粕酵母 チョコバゲット.JPG
          20190117-011-自家製酵母酒粕酵母 チョコバゲット.JPG
          それぞれ表情がありますね。

          試食タイム!
          20190117-017-自家製酵母酒粕酵母 チョコバゲット.JPG

          クープ入れはハンカチや図に描いたものなどをナイフでなぞってエアクープで練習をしっかりと。
          なかなかうまくいきませんが💦
          焼きたて、またはトースターでちょっと焼いてから食べると中のチョコがトロっとしてきてたまりません。
          時期的にもバレンタインデーにピッタリなパンですね。

          翌日、持ち帰り生地を焼いてみました。
          20190117-023-自家製酵母酒粕酵母 チョコバゲット.JPG

          断面はこんな感じ↓
          20190118-044-自家製酵母酒粕酵母 チョコバゲット.JPG
          クープ入れが、ぱんっ!と中からはち切れるような、エッジのっ効いたクープというモノになかなかならなくって。
          一緒に受講した中にいらした、ディプロマ取得済みの先輩方のはかっこよくクープが開いていたので、それを目標に頑張りたいと思っています。

          JUGEMテーマ:手作りパン



           
          このエントリーをはてなブックマークに追加
           
           
          0
             

            今年も自家製味噌を仕込みました

            • 2019.01.13 Sunday
            • 21:16
            いちごキッチン・YUMIZOです。
                        
            毎年恒例、味噌の仕込みの季節です。

            今年も、1.5倍麹の減塩味噌を仕込みました。

            材料はこちら
            20190113-100-自家製味噌 仕込み.JPG
            しっかり吸水した大豆を、圧力鍋で煮ます。
            その間に塩切麹を準備したり、容器をアルコール消毒したり・・・。

            20190113-104-自家製味噌 仕込み.JPG
            そしてフードプロセッサでつぶした水煮大豆を塩切麹を混ぜ合わせて・・・。

            20190113-106-自家製味噌 仕込み.JPG
            容器に詰めていきます。

            今年もおいしくできますように!!!
            出来上がりは半年後、梅雨明け頃のお楽しみです。

            レシピ、今年も再掲載します。
            失敗しないコツ、なるべく手間を省いて時短するコツをしつこいぐらい詳しく書いてます。
            1年に1日だけ、手をかけたら1年間、おいしい自家製味噌が楽しめちゃう! ぜひお試しを。





            JUGEMテーマ:料理



             
            このエントリーをはてなブックマークに追加
             
             
            0
               

              おしるこ

              • 2019.01.12 Saturday
              • 21:02
              いちごキッチン・YUMIZOです。
                          
              (日付をさかのぼって書き込んでいます)

              鏡開きは昨日でしたが、昨日は「スティックパンの日」イベントでパンを作っていたので、一日遅れで、今日、おしるこを。

              圧力鍋を使うとすぐできるから便利ですね。
              すぐできるってわかっているのに、大好きなのに、それでも「面倒」というイメージで普段、なかなか、作らないんですが💦
              やっぱりおいしいです。

              我が家は「こしあん」派なので、御前汁粉風に・・・・。
              つぶしあん汁粉(=田舎汁粉)の鍋にハンディブレンダーを突っ込んで、なんちゃって「こしあん」なおしるこに。
              ホントにさらしで漉してこしあんを作るのは大変そうですよね。

              しるこ
              鏡餅を小さく切って焼いて入れました。
              柴漬けを添えて、いただきま〜す!


              JUGEMテーマ:料理



               
              このエントリーをはてなブックマークに追加
               
               
              0
                 

                1月11日はスティックパンの日! おうちパンマスタ―勉強会に参加してきました

                • 2019.01.11 Friday
                • 23:15
                いちごキッチン・YUMIZOです。
                            
                (日付をさかのぼって書き込んでいます)

                おうちパンでは「1月11日はスティックパンの日!」なのだそうです。
                インスタ投稿企画イベントなども開催されていて、その流れで、本日は東京地区のおうちパンマスターの先生方が、アドバイザーの奥林純子先生の自宅教室にお邪魔しての勉強会が開催されました。
                各自、思い思いのアレンジしたスティックパン生地を持ち寄り、みんなでスティックパンを焼いてみるという会です。

                まずは奥林先生のデモを見せて頂きました。
                スティックパン

                この日はアレンジ可のイベントということで、幅広にカットしてひねりアレンジなども。
                スティックパン

                そしてみんなが持ち寄った生地も成形(カット)!
                20190111-041-スティックパンの日勉強会.JPG

                みなさん、それぞれいろいろ工夫されていて表情豊か!
                20190111-073-スティックパンの日勉強会.JPG

                私の「キリンスティックパン」もきれいに焼けました。
                20190111-081-スティックパンの日勉強会 キリンスティック.JPG

                持ち寄り品もたくさん!
                20190111-065-スティックパンの日勉強会.JPG

                みなさんのお話を伺うと、それそれにおうちパンの他に得意分野や好きなことなどなどがあって、そういったバックボーンがあっての、アレンジや持ち寄り品だったりするので、とても勉強になります。
                「おうちパンマスター」という共通のキーワードで集まって、それぞれの悩みや工夫を聞くことができて、なおかつ、プラスアルファの部分で、「次はこういう事勉強してみたい」「そういう世界もあるのか!」など発見もいろいろで充実した時間を過ごすことができました。

                個人的には、お花の絞りのカップケーキとシフォンケーキがとっても気になっています。
                デコ苦手&シフォンケーキの型外し苦手なので、機会があったらもうちょっと学んでおきたいなと思ったりしているので。

                こうした交流会があるのはとってもありがたいことだなーと思います。
                ご一緒した皆様、ありがとうございました!

                JUGEMテーマ:手作りパン



                 
                このエントリーをはてなブックマークに追加
                 
                 
                0
                   

                  キャロットラペと塩麴ハーブチキン

                  • 2019.01.11 Friday
                  • 08:50
                  いちごキッチン・YUMIZOです。
                              
                  (日付をさかのぼって書き込んでいます)

                  おうちパンマスターの東京地区で「スティックパンの日」の勉強会があって、ランチのおかずを持ち寄りすることになっているので、そのネタを。

                  持っていく分と、家の今晩のおかずとで大量に作ったのがこちら、HappyCookingのグルテンフリーデリのレシピからキャロットラペ。ちょっとアレンジしてくるみとぶどうを入れてみました。
                  グルテンフリーデリのレシピは、特に「グルテンフリー」の食事療法を意識していない人にも普通においしく食べられるちょっとスパイシーなオシャレメニューの数々で、持ち寄りにも活躍します!
                  キャロットラペ

                  ホーローパンでお世話になっている藤田裕子先生ブレゼンツのいちごホーローちゃんに入れてみました。
                  いちご柄が可愛くて、持ち寄り品を入れるのにはぴったり!

                  そして塩麹ハーブチキンを。
                  塩麹とベランダ栽培から乾燥させた作ったバジル、ガーリックパウダーを混ぜたものを鶏胸肉にたっぷり塗ってラップ&フードセーバーで密閉して一晩冷蔵庫へ。
                  そして保温温度を細かく設定できるIH調理器にお湯を張った無水調理鍋を乗せ、そのお風呂に密閉したままドボンと入れて65℃で2時間。しっとりやわらかでおいしいハーブチキンです。
                  塩麹をベースに、その時の気分でハーブやスパイスを変えていろいろな味にアレンジしてます。サラダチキン買うなんてもったいない!
                  最近、低温調理器が人気で、ちょっとほしいなーと思ったりするんですが、うちのIH調理器の保温機能でOKでした。


                  というわけで持ち寄り品はこちら!
                  キャロットラペとハーブチキン
                  キャロットラペと並べて詰めたらとってもオシャレそうにみえるんじゃない♪

                  勉強会、楽しみです!

                  JUGEMテーマ:料理



                   
                  このエントリーをはてなブックマークに追加
                   
                   
                  0
                     

                    板海苔でノリの佃煮

                    • 2019.01.09 Wednesday
                    • 23:48
                    いちごキッチン・YUMIZOです。
                                
                    (日付をさかのぼって書き込んでいます)

                    だいぶ前なんですが、実家からおすそ分けで板海苔をもらいました。
                    なんでも旧友のおうちが三重県の海の近くの、海苔養殖をしている地域で、同窓会で再開した後にお友達がたくさん送ってくれたのだとか。

                    板海苔。
                    焼き海苔じゃないですよ。
                    焼いていない、ペランとした海苔。
                    い・・・・イマドキ、あるんですか、焼いてない海苔。

                    昔、幼いころ、そういえば、ガスコンロに網を置いてそのうえでペラペラと海苔をあぶってから食べていた気がします。
                    遠い昔の昭和のできごとです。
                    いい香りがするけど、端っこがジジッとこげちゃったりして。
                    今は、スーパーの海苔売り場を覗いても焼いていない海苔なんて見たことないですよねー???

                    あぶってみました。
                    ものすごくいい香りです。
                    めっちゃおいしいです。
                    たぶん、高級なグレードの海苔なのでしょう。
                    口に入れるととろけるます。



                    ですが。
                    自分で焼くの、ものすごく面倒くさいです。
                    時間かかるしうまく焼けなくて焦げるし。
                    トースターの予熱で焼くといいとかネットで見てやってみたけど、やっぱりうまく焼けず・・・・。

                    そのまま放置してだいぶ日が経ってしまいました。
                    このまま、食べないのはもったいない。
                    おいしい海苔なのに。

                    で、佃煮にしてみました。
                    海苔の佃煮

                    だし汁とみりんと醤油で。
                    うまいです。
                    いい海苔は佃煮にしてもおいしかった。
                    大量にあった板海苔がおいしいご飯の友に変身。
                    朝ごはんに、だんな様のお弁当に、しばらく活躍しそうです♪
                    無駄にならなくてよかった。

                    JUGEMテーマ:料理



                     
                    このエントリーをはてなブックマークに追加
                     
                     
                    0
                       

                      profile

                      profilephoto

                      search this site.

                      calendar

                      S M T W T F S
                         1234
                      567891011
                      12131415161718
                      19202122232425
                      2627282930  
                      << April 2020 >>

                      selected entries

                              
                      <<前のページ  次のページ>>


                             

                      categories

                      archives

                      料理教室案内


                      日本ヴォーグ社「HappyCooking」と、Cotta「おうちパン講座」のカリキュラムでレッスンする、パン&ケーキのお料理教室、
                      15-Kitchen」(いちごキッチン)
                      東京都江戸川区にて、開催しています。
                      ご参加お待ちしています♪

                      「いちごキッチン」はYUMIZOの登録商標(登録第6080177号)です。

                      Powered by クスパ


                      バナー おうちパンマスター.jpg


                      ロゴ_コッタ

                      レシピ集&アイテム









                      recent comment

                      • いちごホーローでショコラケーキを作ってみた
                        YUMIZO (11/11)
                      • いちごホーローでショコラケーキを作ってみた
                        はーい♪にゃん太のママ (11/11)
                      • 自家製酵母の「ワインのパン」のレッスンを受けてきました
                        YUMIZO (10/01)
                      • 自家製酵母の「ワインのパン」のレッスンを受けてきました
                        リエ (09/30)
                      • おうちパンの「切りっぱなしパン」を作ってみた(1) コーンパンと全粒粉くるみパン
                        YUMIZO (06/18)
                      • おうちパンの「切りっぱなしパン」を作ってみた(1) コーンパンと全粒粉くるみパン
                        鈴木利江 (06/17)
                      • 「ひよこ豆のフムス」を添えたサラダ
                        YUMIZO (09/04)
                      • 「ひよこ豆のフムス」を添えたサラダ
                        鈴木利江 (09/01)
                      • チャヤマクロビオティックススイーツ「Soyザッハトルテ」
                        YUMIZO (11/14)
                      • チャヤマクロビオティックススイーツ「Soyザッハトルテ」
                        にしの (11/12)

                      links

                      others

                      mobile

                      qrcode

                      powered by

                      無料ブログ作成サービス JUGEM