レシピブログの『知って食べて♪子どもも喜ぶアラスカシーフード料理体験イベント』に参加してきました

  • 2019.06.26 Wednesday
  • 23:47
いちごキッチン・YUMIZOです。
            
レシピブログ『知って食べて♪子どもも喜ぶアラスカシーフード料理体験イベント』に参加してきました。

イベント参加募集に応募したものの「アラスカシーフードってなんだろう??」って思っていました。
思い浮かぶのは、サラダや冷やし中華のお供として愛用している「サラダアラスカ」。いわゆるカニカマ類の中の一商品ですね。なんであのカニカマが「アラスカ」って名前なのか深く考えていなかったのですが、イベントに参加して合点がいきました!!!

20190626-002-レシピブログ 知って食べて♪子どもも喜ぶアラスカシーフード料理体験イベント ちょりママさんのカレー.JPG

というわけで、イベントレポです。
前半、説明タイムは「アラスカシーフードマーケティング協会」のヤカタアキコ氏のお話&人気料理ブロガー・ちょりママさんのトークセッション。

20190626-022-レシピブログ 知って食べて♪子どもも喜ぶアラスカシーフード料理体験イベント ちょりママさんのカレー.JPG

アラスカって、イメージ的には・・・北極のすぐ下の、アメリカと日本の間ぐらいにある場所で氷の国でエスキモー?イヌイット?たちが暮している・・という認識だったんですが、北海道の、北方四島の先、千島列島からカムチャツカ半島を経た向こう側がすぐアラスカの範囲なんですね。意外と近い。
「日本に一番近いアメリカ」という説明が印象的でした。
北海道から近いから、獲れるお魚も北海道と近い種類のものが多く、スケソウダラ、マダラ、サーモン、カニ、ホッケ・・・魚卵のたらこや明太子、イクラなどなど、日本人になじみ深いものがたくさん。
アラスカは人口密度が少なく、ということは海が汚染されていなくて、キレイ。
そして養殖を行っていないのでアラスカ産のお魚は100%天然もの!
乱獲にならないよう、漁獲量を厳しく管理しているなど、サスティナブル=持続可能に、環境に配慮されているというのも大事なポイント。この先も将来にわたってずっと天然のお魚を獲って食べながらお魚と人間が共生して行けるように・・・。
日本の企業がアラスカに進出していて、現地で取れたてをすぐに冷凍し(必要なら骨抜きなどの処理をして)、何度も冷凍→解凍などすることなく日本に運ばれてくるので、おいしい状態をキープしたまま食べることができるんだって!

そういえば、サケや鱈で「アメリカ産」って書かれているものをよく見かけるけど、あれ、「アメリカ」といっても「アラスカ」のことだったのね。なるほど。
で、スケトウダラ(スケソウダラ ? どっち?と思ったら諸説ありつつどっちもOKみたいです。正式にはスケトウダラということになっているようですが)は、そのまま切り身として食べる他、すり身に加工され、練り物としても食べられているので、この記事冒頭に書いたように、カニカマにもつながるわけです。 なるほど、それであの商品名なのね、と。

アラスカって遠い場所と思っていたけれど、意外と身近で知らない間にアラスカ産シーフードたちを買って食べていたということに改めて気づきました。

後半は人気料理ブロガー・ちょりママさんによるお料理デモ。
ちょりママさんのトークがまた楽しくて◎!

実際にアラスカシーフードのスケトウダラ切り身(冷凍)と使ってカレーと揚げ物の2品をご紹介いただきました。
20190626-025-レシピブログ 知って食べて♪子どもも喜ぶアラスカシーフード料理体験イベント ちょりママさんのカレー.JPG
お料理に使われたのはこちら↑coop(生協)「いろいろ使えるタラ切身(骨・皮取り)」。えっと「スケトウダラ」なんですがパッケージは「タラ」ってなってる!スケトウダラもマダラも「タラ」でお店では売ってるのね。
ちょりママさんによると、天然もののお魚は養殖物に比べると脂が少なく、パサつきやすいので加熱が難しく、火を通しすぎないのがポイントとのこと。火を通しすぎないということは時短になって忙しいママさんにはうれしいポイントですね。
というわけで、カレーの方は解凍時のドリップがもったいないので、冷凍のまま煮込むことでダシまで味わっておいしく仕上げるレシピになっているとのこと。

お料理デモの様子は動画でどーぞ! 



20190626-044-レシピブログ 知って食べて♪子どもも喜ぶアラスカシーフード料理体験イベント ちょりママさんのカレー.JPG

はい、完成!
20190626-050-レシピブログ 知って食べて♪子どもも喜ぶアラスカシーフード料理体験イベント ちょりママさんのカレー.JPG


試食タイムです。

20190626-048-レシピブログ 知って食べて♪子どもも喜ぶアラスカシーフード料理体験イベント ちょりママさんのカレー.jpg

磯辺揚げは香ばしくて、タラはふっくらでとってもおいしいです。
ご飯が進んじゃう!
そしてカレー。トマト系野菜ジュースを使うことですっごいかんたんであっという間。なのにお魚のダシがしっかり出ていて、深い味わい。インド料理屋さんのシーフードカレーみたい。こんな簡単なのになんで???ってぐらい。
絶品です。ココナツミルクを垂らしても合いそうな気がするー!


レシピはこちらに掲載されています!
アラスカ産スケソウダラの磯辺揚げ


アラスカ産スケソウダラのバターカレー


そしてお土産にcoop(生協)の「いろいろ使えるタラ切身(骨・皮取り)」を頂いちゃいました。帰りに野菜ジュース買って帰ればさっそく作れますね。キャンパス地のオリジナル保冷バックも頂いてとっても嬉しいです。
学びの多い1日でした。

20190626-064-レシピブログ 知って食べて♪子どもも喜ぶアラスカシーフード料理体験イベント ちょりママさんのカレー.JPG
 
このエントリーをはてなブックマークに追加
 
 
0
     
    コメント
    コメントする
    この記事のトラックバックURL

    profile

    profilephoto

    search this site.

    calendar

    S M T W T F S
      12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
    << October 2019 >>

    selected entries

            
      


           

    categories

    archives

    料理教室案内


    日本ヴォーグ社「HappyCooking」と、Cotta「おうちパン講座」のカリキュラムでレッスンする、パン&ケーキのお料理教室、
    15-Kitchen」(いちごキッチン)
    東京都江戸川区にて、開催しています。
    ご参加お待ちしています♪

    「いちごキッチン」はYUMIZOの登録商標(登録第6080177号)です。

    Powered by クスパ


    バナー おうちパンマスター.jpg


    ロゴ_コッタ

    レシピ集&アイテム









    recent comment

    • いちごホーローでショコラケーキを作ってみた
      YUMIZO (11/11)
    • いちごホーローでショコラケーキを作ってみた
      はーい♪にゃん太のママ (11/11)
    • 自家製酵母の「ワインのパン」のレッスンを受けてきました
      YUMIZO (10/01)
    • 自家製酵母の「ワインのパン」のレッスンを受けてきました
      リエ (09/30)
    • おうちパンの「切りっぱなしパン」を作ってみた(1) コーンパンと全粒粉くるみパン
      YUMIZO (06/18)
    • おうちパンの「切りっぱなしパン」を作ってみた(1) コーンパンと全粒粉くるみパン
      鈴木利江 (06/17)
    • 「ひよこ豆のフムス」を添えたサラダ
      YUMIZO (09/04)
    • 「ひよこ豆のフムス」を添えたサラダ
      鈴木利江 (09/01)
    • チャヤマクロビオティックススイーツ「Soyザッハトルテ」
      YUMIZO (11/14)
    • チャヤマクロビオティックススイーツ「Soyザッハトルテ」
      にしの (11/12)

    links

    others

    mobile

    qrcode

    powered by

    無料ブログ作成サービス JUGEM