レシピブログの「銘柄量り炊きIHジャー炊飯器☆ふっくら炊き上げご飯×かめ代さんの絶品おかず」イベントに行ってきました。

  • 2016.10.19 Wednesday
  • 23:53
いちごキッチン・YUMIZOです。
            
今日の記事は長いです。さらに動画付です。

レシピブログ「銘柄量り炊きIHジャー炊飯器☆ふっくら炊き上げご飯×かめ代さんの絶品おかず」イベントに招待して頂いたので、行ってきました。

アイリスオーヤマの「銘柄量り炊きIHジャー炊飯器 RC-IA30」の商品紹介と、それで炊いたおいしいお米にあうおかずのお料理をかめ代さんのデモで教えて頂くというイベントです。

会場に入ると、まるでスーパーのおコメ売り場?というようなお米のディスプレーがドーン!
お米
・・・?まあ、炊飯器のイベントだからお米を使うのは当然だけどね、とおもいつつ。炊飯器よりお米の方が存在感があることに最初は??でした。(あとでその理由がわかるのですが)

そして、各テーブルに置かれた炊飯器にみんな興味津々。
今日の資料を見ながら「え? これ、上下に分かれるらしいよ!」「あ、下がIH調理器として使えるみたい。これすごいーー。」とワクワク。
炊飯器
日本人はやっぱり、米食が基本。炊飯器は必需の調理家電だっから興味津々だよね。

ちなみにYUMIZOは普段は、ステンレスの多層鍋で、IH調理器を使ってご飯を炊くことが多く、炊飯器は、時々しか使っていません。

さて、司会の方が登場し、本日のイベント、開始!
司会


まずはアイリスオーヤマのムラコシさんが会社の紹介や米事業についての説明など。
アイリスオーヤマの人

ちなみに説明している間に、各テーブルに用意された2台の炊飯器のうちの1台ではスイッチが入れられ炊飯が開始されています。中にはコシヒカリのお米が入っているのだそう♪
アイリスオーヤマといえば、お掃除グッズや収納ボックス、メタルラックなど、ホームセンターに売られている品々でおなじみの会社ですね。我が家にもいろいろあります。
でも、実は、食品も扱っていたんですって。知りませんでした。
本社が仙台にあり、3.11の大地震をきっかけに、宮城県のお米農家の復興を思い、アイリスオーヤマの全国各地のホームセンターの販売網を使ってお米事業に参入したのだそうです。袋などに工夫をして精米後、長期に保管できる袋での販売をしているんだそうです。他にお水やお茶なども。テーブルに置いてあったこれらは実はアイリスオーヤマの製品でした。
お茶やお米などの食品も扱っている


極厚銅釜で、お米を売っている会社=お米屋さんがより、おいしくお米を食べてほしいと、調理家電を作っている部門と、お米の精米などを研究していた部門がとでタッグを組んで開発したのが今回のIH炊飯器だそうです。
極厚銅釜、どっしりとしています。アイリスオーヤマの調理家電ってまえから「ちょっとひと工夫があって便利そうなものが多いな」と思っていたんですが、「シンプルで価格はリーズナブル、品質はグッドのなるほど家電」をコンセプトにしているのだそうです。大手家電メーカーの早期退職者などを中途採用しているので技術力が高いのだとか。

で、この炊飯器の特徴は、「水量」を正しく最適に測ること着目しているのだそうです。
お米の重量を(無洗米でない場合は洗う前に)まず測って、そのお米に最適な水の量を計って知らせてくれる機能がついているのです。裏に重量センサーがついているのだそうです。
さらに、銘柄によって最適な水の量が微妙に違うことを研究し、銘柄を選ぶことでより適切な水量を知らせてくれるのです。
でもって、最初にみんなが実際に触ってみていた、上下に分離するという機能。炊き終わったら上はおひつとして、食卓に持っていける。
下はIH料理器として、これまた卓上に持って行ってちょっとしたお鍋料理とか揚げ物料理にも(揚げ物モード付!)使えるという便利な機能。一人暮らしの小さなキッチンだったらこれさえあればガスコンロなしでもなんとかなっちゃうかも?っていう品です。


というわけで、使い方の説明を受けながら、各テーブルに置かれた2合パックの無洗米のお米とペットボトルのお水で実際に炊飯してみることに。

蓋の上部の操作パネルはこんな感じ。
上部操作パネル
普通の炊飯器と違うのは「銘柄」というボタンがあるくらいですね。
銘柄は代表的なもの6銘柄が記載されていますが、実際には31銘柄について研究されていて、他の銘柄については説明書には〇〇を炊く時は△△のモードでと、どれを選んだらよいかの一覧が記載されています。

側面の操作パネル。
お米を計る
「計量」ボタンを押すとお米の重さを計ってくれます。
最初に「計量」を押して「0」になってから釜にお米を入れて計量ボタンを押すと「300g」と表示されました。1合は約150gと言われていますから、2合なら300g、ちょうどばっちりですね。
その後、水の量が表示されます。
水の量を知らせる
普通のお米の場合は、ここでいったん、釜を取り出し、洗米してからお米を釜に戻しますが、今回は無洗米なのでそのまま。つまり、これ、洗米している時にお米が水を吸収する分を含めた水の量を知らせているわけです。
今回、お水の量は375ccと表示されました。
で、ペットボトルのお水を注ぎます。
注ぐごとに数値が変化していきます。
ちょうどよくなったところで「OK」の表示が!水の量OK
ちなみに、オーバーした場合がアラームが鳴ってお知らせしてくれるそうです。

で、蓋をして炊飯スイッチオンでOK。
それでそのお米の、今日の分量にピッタリ合った水分量の、おいしいふっくらご飯が炊けるのです。
すごい、これ!

というところで、今度はアイリスオーヤマの精米などの研究をしている鈴木さんが登場。
研究している人
お米を炊くのは水加減がキーポイントで、毎日、普通に測っているつもりで日によって固かったり柔らかすぎたりと出来上がりが違うのがなぜなのか研究し、微妙にお米の量や水の量の計量にばらつきがあったということにたどり着いたのだそうです。2合のお米をカップで計量するのに300gのところ、288〜323gのばらつき、炊飯器の水位線に合わせた水の量は420gのところ、362g〜475gのばらつぎがあったのだそうで、米と水の誤差が合わさると米と水の比率がかなり違っていたんだとか。さらに、お米の銘柄によっても最適な量が違っていたりして・・・で、今回のお米の量を計って最適な水量を知らせてくれる機能を付けることにたどり着いたのだそうです。

確かに、固すぎたり、べちょっとしてしまったり。失敗、時々あるんです。普通にしているつもりなのに。
そうか、重量で決めればよかったのねー。
これは画期的です。
お米食べ比べ
ここで、適量に炊いたお米、水多め、水少な目の3種類のごはんの食べ比べタイム。
水少な目は確かに固くてボソボソ。適量と多めの柔らかいごはんはみなさん好みで、半々ぐらいかな。割とやわらかいごはんが好き派も多いみたいです。(我が家もやわらかめ派)。


* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *


続いて、第二部、かめ代さんが登場して、料理デモコーナーです。
かめ代さん登場

本日作ってくださったのは2品。

まず一品目は「れんこんとひじきの梅味噌ソフトふりかけ」。
梅と白みそを混ぜたほっこり和な味です。茹でたレンコン、炒めた青ジソ&ひじきを和えるだけ簡単レシピでごはんにぴったりのおかずです。保存もきくそうなので、常備菜にいいですね。

デモ動画はこちら。(6分程です)
レシピはこちらからどーぞ。


つぎに2品目。「鶏ごぼうの甘辛 柚子こしょう風味」。
こちらも、鶏むね肉とごぼうのシンプルな材料で、でも胸肉がパサっとせず、ふっくらと、しっかりとした味つけに仕上がるのでご飯がガッツリ進みそうなおかずです。

デモ動画はこちら。(11分程です)

レシピはこちらからどーぞ。

さらに、デモはなかったのだけど、もう一品、「風邪気味の時にも! 落とし卵のお味噌汁&溶き卵のお味噌汁」も試食&レシピを頂きました。
炊飯器とかめ代さん
かめ代さん、この炊飯器の色に合わせて、秋らしいステキなテーブルコーディネートを。
コーディネート
おしゃれです。細かいところまで配色に気を遣われたコーディネート、とっても勉強になります。

そうこうしているうちに、ご飯も炊きあがり!
ごはん
つやっつやのおいしそうな「コシヒカリ」です。
試食タイム★
試食
ご飯がおいしい。そしてそのご飯がバクバク進むおいしいおかずです。食べている間に、自分たちで計って炊いた方の「つや姫」のお米も炊きあがり!
「ちょっとこっちも試食してみたいよね」「食べ比べ〜」ってそっちも一口ずつお代わり!
おいしいランチタイムでした。

帰りにはお米食べ比べセットのお土産まで頂きました。
お土産のお米

そして、公式オンラインサイト・アイリスプラザの割引チケットも!

次にもしも、炊飯器を買い替えることがあったら、絶対これ欲しいなーと思いました。
(いつになることやら、ですが)


◆   ◆   ◆   ◆   ◆


翌日、材料をそろえて早速自分でも「れんこんとひじきの梅味噌ソフトふりかけ」と「鶏ごぼうの甘辛 柚子こしょう風味」を作ってみました!
作ってみた
かめ代さんのレシピ、シンプルな材料でぱぱっと作りやすく、ほっとする和のおかずだったのでとっても勉強になりました。




ふっくらごはん×かめ代さんの絶品おかずイベントレポート
ふっくらごはん×かめ代さんの絶品おかずイベントレポート

 
このエントリーをはてなブックマークに追加
 
 
0
     
    コメント
    コメントする
    この記事のトラックバックURL

    profile

    profilephoto

    search this site.

    calendar

    S M T W T F S
      12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    27282930   
    << September 2020 >>

    selected entries

            
      


           

    categories

    archives

    料理教室案内


    日本ヴォーグ社「HappyCooking」と、Cotta「おうちパン講座」のカリキュラムでレッスンする、パン&ケーキのお料理教室、
    15-Kitchen」(いちごキッチン)
    東京都江戸川区にて、開催しています。
    ご参加お待ちしています♪

    「いちごキッチン」はYUMIZOの登録商標(登録第6080177号)です。

    Powered by クスパ


    バナー おうちパンマスター.jpg


    ロゴ_コッタ

    レシピ集&アイテム









    recent comment

    • いちごホーローでショコラケーキを作ってみた
      YUMIZO (11/11)
    • いちごホーローでショコラケーキを作ってみた
      はーい♪にゃん太のママ (11/11)
    • 自家製酵母の「ワインのパン」のレッスンを受けてきました
      YUMIZO (10/01)
    • 自家製酵母の「ワインのパン」のレッスンを受けてきました
      リエ (09/30)
    • おうちパンの「切りっぱなしパン」を作ってみた(1) コーンパンと全粒粉くるみパン
      YUMIZO (06/18)
    • おうちパンの「切りっぱなしパン」を作ってみた(1) コーンパンと全粒粉くるみパン
      鈴木利江 (06/17)
    • 「ひよこ豆のフムス」を添えたサラダ
      YUMIZO (09/04)
    • 「ひよこ豆のフムス」を添えたサラダ
      鈴木利江 (09/01)
    • チャヤマクロビオティックススイーツ「Soyザッハトルテ」
      YUMIZO (11/14)
    • チャヤマクロビオティックススイーツ「Soyザッハトルテ」
      にしの (11/12)

    links

    others

    mobile

    qrcode

    powered by

    無料ブログ作成サービス JUGEM