ローストパンプキンシード(かぼちゃの種)は自作で!

  • 2018.12.06 Thursday
  • 01:18
いちごキッチン・YUMIZOです。
            
本当は他にも日付をさかのぼってアップするつもりでいる記事ネタがいくつもたまっているのですが・・・・。
とりあえず、すぐあげられるのをひとつ。

今日は食材の話。

【無添加】パンプキンシード(かぼちゃの種)100gパンやケーキのトッピングとしてはもちろん、ナッツ的おつまみの一つとしても使われる、ローストパンプキンシード。
いわゆるかぼちゃの種です。

製菓材料ショップで、無塩のモノで探すと、50g入りで300〜400円ぐらいするでしょうか?
Amazonからリンク引用している、右側の写真→は100g入りのものですが、この半分だとしても、おつまみで食べるならともかく、トッピングに使うには量が多すぎるし、400円といえど、高くない?

というわけで、自作しちゃいましょう。
え? だって、捨ててるでしょ、カボチャの煮っころがしした時、ワタといっしょに、種。

レシピにするほどのこともないのですが、さらっと紹介します。

(1)
普通に、野菜として売っているかぼちゃの、実から取り除いたワタ&種を捨てずに、取り出す。

(2)
水洗いしながらワタを取り除いて、種だけにして、ぬめりをよく洗い流す。

(3)
ざるなどに入れて、ベランダなど、風通しの良いところで丸1日〜2日、干す。
(100円ショップなどでも売られている、野菜干しネットなどにざるを入れると虫がついたり鳥が来たりしなくて安心)

(4)
外側の薄茶色の殻部分のキワ(ごく端っこ)に切れ目を入れて中のグリーンの種を取り出す。
→爪切りで切ると切りやすいそうです。普段、爪を切っているものをつかうはアレなので、何度も作るなら100円ショップとかで新品の爪切りをゲットするとよいかと。とりあえずはキッチンバサミでもできなくはないです。
数が多いとちょっと地味で面倒な作業です。

(5)
フライパンに入れて弱火で15分ぐらい炒る。ガスコンロに天ぷら温度設定モードの機能がついていたら、160℃にして時々、木べらでかき混ぜれば、基本、放っておいても大丈夫。
またはオーブンの天板に広げて、150℃で15分。
オーブントースターでも、温度があがりすぎずに定温管理できるタイプならいけるかな? うちのはワット数設定なのでダメですが。

(6)
冷めるまで待つ。

(7)
カリッカリになっています。
足りなければもう少し炒ってください。

(8)
保存は、密閉できる容器に、シリカゲルなどといっしょに入れて。
ビニールのジップ袋よりは、アルミジップ袋の方がシケにくいです。

パンプキンシード

あの、カボチャを切ったら付いている薄茶色の種と、売っているパンプキンシードは全然色が違うから、ナッツ用の特別な品種とかがあるのだと、これを作るまで思っていました。殻をむいたら中からこんな、きれいなオリーブグリーンの種が出てくるとはびっくりしました。

ちなみに、チョコケーキ(ガトーショコラとか)の写真を撮ろうとするとオートフォーカスのピントがあわせにくいので、クリームを絞るか粉糖振ったところに、こーゆー、パンプキンシードとかピスタチオとか、ミントといった緑色のモノを置いてそこにピントをあわせるとうまく撮れるそうです。(前に、フードスタイリストさんに教わった)

クックパッドなどで検索すると写真付きでパンプキンシードのレシピを乗せている人が何人かいらっしゃるので参考にしてみてください。
捨てていたかぼちゃの種で、タダで、パンプキンシードをゲットできます。
おつまみとして食べるなら、オイルを入れて炒って、仕上げに塩を振ると◎。
でも、無塩でノンオイルでポリポリ食べてもおいしいです。

ぜひお試しをっ!
これ作りたいがために、カボチャ買ってきて、煮っころがしやスープを作ることになるかも―(笑)

カボチャの種の話を書いているとどうしても頭の中で、「おーてーらーのおーしょうさんが かーぼーちゃーの たーねーをー・・・・」ってわらべ歌がグルグル回ってしまいます💦


JUGEMテーマ:料理



 
このエントリーをはてなブックマークに追加
 
 
0
     

    メロン皮ミックス

    • 2012.01.20 Friday
    • 02:36
    いちごキッチン・YUMIZOです。
                
    先日、「メロン皮&クッキーミックス」というミックス粉を買ってみました。メロンパンの上部分、カリっとしたクッキー生地を簡単に作れるという品。この粉に水、卵、マーガリン(またはバター)を加えてこねると生地が出来上がります。
    1kgの一袋で、メロンパン約35個分。ホームベーカリーのメロンパンコースで作る、1斤丸ごとのジャンボメロンパンなら6回分になります。

    これを、1回に1/3袋(加える卵1個分)と材料をフードプロセッサに入れてガガガッとやると、1分しないぐらいであっという間にメロン皮生地が完成しちゃいます。これをジャンボメロンパンなら半分に分けて直径20センチぐらいの円に、普通のメロンパンなら12等分して直径8センチぐらいの円に伸ばして、袋に入れて冷凍しておきます。

    で、「メロンパン食べたいな」と思い立った時に、ジャンボメロンパンなら大きいの1枚を使ってメロンパンコースで、普通のメロンパンなら小さいの6個を使って生地だけホームベーカリーの生地コースで、発酵後の生地の上にメロン皮を乗せてグラニュー糖を振ってから焼くとおいしいメロンパンのでき上がり!

    あらかじめ、ヒマ時、別の日に皮だけ作っておく、というのが楽ちんにできるポイントです。

    残念ながら、楽天で検索してみたら、このミックス粉、今は売り切れみたい。(YUMIZOの購入素は「ママの手作りパン屋さん」です。)
    でも考えてみたらホットケーキミックスでもできるような気がしないでもない。

    メロンパンのレシピは後日、次の記事に書きます!
     
    このエントリーをはてなブックマークに追加
     
     
    0
       

      今年も味噌を仕込む季節です。

      • 2012.01.19 Thursday
      • 22:30
      いちごキッチン・YUMIZOです。
                  
      今年も味噌を仕込みました。
      大豆茹で中
      写真は大豆を茹でている所。
      皮が浮いてくるので、それを取り除くのが、味噌作りで一番面倒でで手間がかかる作業かな。

      レシピなどは別ブログの過去記事からどーぞ。

      今年も2容器作りました。
      梅雨が明けた頃、おいしく出来上がっているはず♪
       
      このエントリーをはてなブックマークに追加
       
       
      0
         

        キューブチョコでパン

        • 2012.01.06 Friday
        • 23:28
        いちごキッチン・YUMIZOです。
                    
        今日はチョコチップパンを作りました。

        チョコパン
        朝、10時を過ぎてから昼食用に急に思い立ったので、ホームベーカリーの「早焼き」コースにて。
        「ミックスコール」がなった所で、ふたを開けてガサッと適当な量をつかんでパンケースにチョコを入れます。

        チョコチップパン。
        YUMIZOの理想は、白いパンにチョコチップの塊がところどころに入っているもの。
        焼き立てならそのチョコが柔らかく半溶けになっている感じ。冷めたパンならチョコの所がガリっとした食感のあるもの。
        でも、これまで「焼いても溶けにくい」とうたわれているチョコチップを入れても、焼きあがると溶けてしまって、チョコチップパンではなく、ココア色のチョコパンになっていました。
        自動で落ちるレーズンケースではなく、ミックスコールのアラームが鳴った時、手動で入れていたんだけどね。それでも溶けていました。チョコを入れてから混ぜる工程は機械ではなく手でこねるべきなんだろうなと思いつつも面倒だし。

        そう思っていたら、いつもパンの材料を購入している楽天内のお店「ママの手作りパン屋さん」でこんな品を発見。

        キューブチョコレートM10T 240g」という、約1センチ角のキューブ状の溶けにくいチョコです。「チップ」といういい方よりはちょっと大き目のゴロゴロした感じ。
        これ、大正解でした。写真の通り、ほんのりチョコ色がかった白いパンの中に点々とチョコの塊が覗く、理想のチョコチップパンになりました!
        次はハード目なフランスパン系の生地に混ぜて焼いてみたいな。
        チョコチャンククッキーとか、マフィンとかに入れるのもよさそう。
        すっかりこのキューブチョコのファンになりました。
         
        このエントリーをはてなブックマークに追加
         
         
        0
           

          ホームベーカリー×リスドオルでフランス食パン

          • 2011.07.31 Sunday
          • 22:50
          いちごキッチン・YUMIZOです。
                      
          ホームベーカリーでパンを作る時の材料の話です。
          パンを作る時は通常、強力粉を使いますが、フランスパンの時は、一般的に、強力粉に薄力粉を混ぜて作るというレシピがホームベーカリーのマニュアルや、レシピ本に載っています。だいたい、強力粉200gに対して薄力粉50gぐらいの配合。あとは、砂糖やバターなどは使わず、お水と塩とドライイーストを入れます。
          でも製パン材料には準強力粉というのがあって、「フランスパン専用」などとして売られています。YUMIZOが使用しているのは「ママの手作りパン屋さん」から購入しています。

          で、そのリスドオルを使ってフランスパンを焼いてみることにします。
          といってもいわゆる「バゲット」ではなくホームベーカリーで焼くから食パン型ね。
          うちのホームベーカリーにはフランスパンコースがあるのですが・・・それで焼くと6時間もかかるんです。するとなかなか、作るタイミングが難しい。
          ホームベーカリーRecipe(マイライフシリーズ 723 特集版)というわけで、荻山和也氏の「ホームベーカリーRecipe(マイライフシリーズ 723 特集版)」に載っていた、通常の食パンモード(4時間焼き)でできるフランスパンのレシピで、粉をリスドオル100%にして作ってみました。
          フランスパン
          膨らみが少なく小さめになりましたが、皮がカリッ、パリッっとしているところはまさしくフランスパン! おいしいです。
           
          このエントリーをはてなブックマークに追加
           
           
          0
             

            泣かない粉砂糖

            • 2011.02.15 Tuesday
            • 01:31
            いちごキッチン・YUMIZOです。
                        
            お菓子を作る人には常識な話かもしれませんが・・・知らない人もいるかもしれないのでとりあえず書いておきます。
            ひとつ前に掲載した「チョコケーキ」の記事で「泣かない粉砂糖」というのを材料に書きました。

            普通に売っている粉砂糖は、しっとり仕上がりのケーキに振り掛けるとその時はきれいなのに1時間ぐらいしてみると溶けて雪のようなきれいなデコレーションがなくなってしまうのです。これが「泣いている」っていう状態。そこで、振りかけてデコレーションする場合は「泣かない粉砂糖」と歌われたモノがおすすめです。コーンスターチとかいろいろ溶けなくする工夫の材料がブレンドされています。

            楽天からいくつかピックアップしてみました。
            混ぜ物によって味がそれぞれ違うみたいです。



            プードルデコール 1kg_ <砂糖>

            プードルデコール 1kg_ <砂糖>
            価格:1,260円(税込、送料別)

            ↑これ、サイズ大きいですがちょっと気になってます。どう考えても粉砂糖で1キロは使いきれないよなぁ・・・。

            ドーナツシュガー801B 480g_ <砂糖>

            ドーナツシュガー801B 480g_ <砂糖>
            価格:420円(税込、送料別)



            なかない粉糖 300g

            なかない粉糖 300g
            価格:210円(税込、送料別)



            溶けない粉糖 200g

            溶けない粉糖 200g
            価格:189円(税込、送料別)



            逆に、アイシングとかグレーズなど、水+αで溶いてとろーっと掛けるデコレーションで乾かしてカリっと砂糖衣にするような場合は、溶けやすい粉砂糖を・・・・。



            日新製糖 粉糖Z-200 200g_ <砂糖>

            日新製糖 粉糖Z-200 200g_ <砂糖>
            価格:184円(税込、送料別)




             
            このエントリーをはてなブックマークに追加
             
             
            0
               

              profile

              profilephoto

              search this site.

              calendar

              S M T W T F S
                  123
              45678910
              11121314151617
              18192021222324
              25262728293031
              << August 2019 >>

              selected entries

                      
                


                     

              categories

              archives

              料理教室案内


              日本ヴォーグ社「HappyCooking」と、Cotta「おうちパン講座」のカリキュラムでレッスンする、パン&ケーキのお料理教室、
              15-Kitchen」(いちごキッチン)
              東京都江戸川区にて、開催しています。
              ご参加お待ちしています♪

              「いちごキッチン」はYUMIZOの登録商標(登録第6080177号)です。

              Powered by クスパ


              バナー おうちパンマスター.jpg


              ロゴ_コッタ

              レシピ集&アイテム









              recent comment

              • いちごホーローでショコラケーキを作ってみた
                YUMIZO (11/11)
              • いちごホーローでショコラケーキを作ってみた
                はーい♪にゃん太のママ (11/11)
              • 自家製酵母の「ワインのパン」のレッスンを受けてきました
                YUMIZO (10/01)
              • 自家製酵母の「ワインのパン」のレッスンを受けてきました
                リエ (09/30)
              • おうちパンの「切りっぱなしパン」を作ってみた(1) コーンパンと全粒粉くるみパン
                YUMIZO (06/18)
              • おうちパンの「切りっぱなしパン」を作ってみた(1) コーンパンと全粒粉くるみパン
                鈴木利江 (06/17)
              • 「ひよこ豆のフムス」を添えたサラダ
                YUMIZO (09/04)
              • 「ひよこ豆のフムス」を添えたサラダ
                鈴木利江 (09/01)
              • チャヤマクロビオティックススイーツ「Soyザッハトルテ」
                YUMIZO (11/14)
              • チャヤマクロビオティックススイーツ「Soyザッハトルテ」
                にしの (11/12)

              links

              others

              mobile

              qrcode

              powered by

              無料ブログ作成サービス JUGEM