レシピブログの「銘柄量り炊きIHジャー炊飯器☆ふっくら炊き上げご飯×かめ代さんの絶品おかず」イベントに行ってきました。

  • 2016.10.19 Wednesday
  • 23:53
いちごキッチン・YUMIZOです。
            
今日の記事は長いです。さらに動画付です。

レシピブログ「銘柄量り炊きIHジャー炊飯器☆ふっくら炊き上げご飯×かめ代さんの絶品おかず」イベントに招待して頂いたので、行ってきました。

アイリスオーヤマの「銘柄量り炊きIHジャー炊飯器 RC-IA30」の商品紹介と、それで炊いたおいしいお米にあうおかずのお料理をかめ代さんのデモで教えて頂くというイベントです。

会場に入ると、まるでスーパーのおコメ売り場?というようなお米のディスプレーがドーン!
お米
・・・?まあ、炊飯器のイベントだからお米を使うのは当然だけどね、とおもいつつ。炊飯器よりお米の方が存在感があることに最初は??でした。(あとでその理由がわかるのですが)

そして、各テーブルに置かれた炊飯器にみんな興味津々。
今日の資料を見ながら「え? これ、上下に分かれるらしいよ!」「あ、下がIH調理器として使えるみたい。これすごいーー。」とワクワク。
炊飯器
日本人はやっぱり、米食が基本。炊飯器は必需の調理家電だっから興味津々だよね。

ちなみにYUMIZOは普段は、ステンレスの多層鍋で、IH調理器を使ってご飯を炊くことが多く、炊飯器は、時々しか使っていません。

さて、司会の方が登場し、本日のイベント、開始!
司会


まずはアイリスオーヤマのムラコシさんが会社の紹介や米事業についての説明など。
アイリスオーヤマの人

ちなみに説明している間に、各テーブルに用意された2台の炊飯器のうちの1台ではスイッチが入れられ炊飯が開始されています。中にはコシヒカリのお米が入っているのだそう♪
アイリスオーヤマといえば、お掃除グッズや収納ボックス、メタルラックなど、ホームセンターに売られている品々でおなじみの会社ですね。我が家にもいろいろあります。
でも、実は、食品も扱っていたんですって。知りませんでした。
本社が仙台にあり、3.11の大地震をきっかけに、宮城県のお米農家の復興を思い、アイリスオーヤマの全国各地のホームセンターの販売網を使ってお米事業に参入したのだそうです。袋などに工夫をして精米後、長期に保管できる袋での販売をしているんだそうです。他にお水やお茶なども。テーブルに置いてあったこれらは実はアイリスオーヤマの製品でした。
お茶やお米などの食品も扱っている


極厚銅釜で、お米を売っている会社=お米屋さんがより、おいしくお米を食べてほしいと、調理家電を作っている部門と、お米の精米などを研究していた部門がとでタッグを組んで開発したのが今回のIH炊飯器だそうです。
極厚銅釜、どっしりとしています。アイリスオーヤマの調理家電ってまえから「ちょっとひと工夫があって便利そうなものが多いな」と思っていたんですが、「シンプルで価格はリーズナブル、品質はグッドのなるほど家電」をコンセプトにしているのだそうです。大手家電メーカーの早期退職者などを中途採用しているので技術力が高いのだとか。

で、この炊飯器の特徴は、「水量」を正しく最適に測ること着目しているのだそうです。
お米の重量を(無洗米でない場合は洗う前に)まず測って、そのお米に最適な水の量を計って知らせてくれる機能がついているのです。裏に重量センサーがついているのだそうです。
さらに、銘柄によって最適な水の量が微妙に違うことを研究し、銘柄を選ぶことでより適切な水量を知らせてくれるのです。
でもって、最初にみんなが実際に触ってみていた、上下に分離するという機能。炊き終わったら上はおひつとして、食卓に持っていける。
下はIH料理器として、これまた卓上に持って行ってちょっとしたお鍋料理とか揚げ物料理にも(揚げ物モード付!)使えるという便利な機能。一人暮らしの小さなキッチンだったらこれさえあればガスコンロなしでもなんとかなっちゃうかも?っていう品です。


というわけで、使い方の説明を受けながら、各テーブルに置かれた2合パックの無洗米のお米とペットボトルのお水で実際に炊飯してみることに。

蓋の上部の操作パネルはこんな感じ。
上部操作パネル
普通の炊飯器と違うのは「銘柄」というボタンがあるくらいですね。
銘柄は代表的なもの6銘柄が記載されていますが、実際には31銘柄について研究されていて、他の銘柄については説明書には〇〇を炊く時は△△のモードでと、どれを選んだらよいかの一覧が記載されています。

側面の操作パネル。
お米を計る
「計量」ボタンを押すとお米の重さを計ってくれます。
最初に「計量」を押して「0」になってから釜にお米を入れて計量ボタンを押すと「300g」と表示されました。1合は約150gと言われていますから、2合なら300g、ちょうどばっちりですね。
その後、水の量が表示されます。
水の量を知らせる
普通のお米の場合は、ここでいったん、釜を取り出し、洗米してからお米を釜に戻しますが、今回は無洗米なのでそのまま。つまり、これ、洗米している時にお米が水を吸収する分を含めた水の量を知らせているわけです。
今回、お水の量は375ccと表示されました。
で、ペットボトルのお水を注ぎます。
注ぐごとに数値が変化していきます。
ちょうどよくなったところで「OK」の表示が!水の量OK
ちなみに、オーバーした場合がアラームが鳴ってお知らせしてくれるそうです。

で、蓋をして炊飯スイッチオンでOK。
それでそのお米の、今日の分量にピッタリ合った水分量の、おいしいふっくらご飯が炊けるのです。
すごい、これ!

というところで、今度はアイリスオーヤマの精米などの研究をしている鈴木さんが登場。
研究している人
お米を炊くのは水加減がキーポイントで、毎日、普通に測っているつもりで日によって固かったり柔らかすぎたりと出来上がりが違うのがなぜなのか研究し、微妙にお米の量や水の量の計量にばらつきがあったということにたどり着いたのだそうです。2合のお米をカップで計量するのに300gのところ、288〜323gのばらつき、炊飯器の水位線に合わせた水の量は420gのところ、362g〜475gのばらつぎがあったのだそうで、米と水の誤差が合わさると米と水の比率がかなり違っていたんだとか。さらに、お米の銘柄によっても最適な量が違っていたりして・・・で、今回のお米の量を計って最適な水量を知らせてくれる機能を付けることにたどり着いたのだそうです。

確かに、固すぎたり、べちょっとしてしまったり。失敗、時々あるんです。普通にしているつもりなのに。
そうか、重量で決めればよかったのねー。
これは画期的です。
お米食べ比べ
ここで、適量に炊いたお米、水多め、水少な目の3種類のごはんの食べ比べタイム。
水少な目は確かに固くてボソボソ。適量と多めの柔らかいごはんはみなさん好みで、半々ぐらいかな。割とやわらかいごはんが好き派も多いみたいです。(我が家もやわらかめ派)。


* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *


続いて、第二部、かめ代さんが登場して、料理デモコーナーです。
かめ代さん登場

本日作ってくださったのは2品。

まず一品目は「れんこんとひじきの梅味噌ソフトふりかけ」。
梅と白みそを混ぜたほっこり和な味です。茹でたレンコン、炒めた青ジソ&ひじきを和えるだけ簡単レシピでごはんにぴったりのおかずです。保存もきくそうなので、常備菜にいいですね。

デモ動画はこちら。(6分程です)
レシピはこちらからどーぞ。


つぎに2品目。「鶏ごぼうの甘辛 柚子こしょう風味」。
こちらも、鶏むね肉とごぼうのシンプルな材料で、でも胸肉がパサっとせず、ふっくらと、しっかりとした味つけに仕上がるのでご飯がガッツリ進みそうなおかずです。

デモ動画はこちら。(11分程です)

レシピはこちらからどーぞ。

さらに、デモはなかったのだけど、もう一品、「風邪気味の時にも! 落とし卵のお味噌汁&溶き卵のお味噌汁」も試食&レシピを頂きました。
炊飯器とかめ代さん
かめ代さん、この炊飯器の色に合わせて、秋らしいステキなテーブルコーディネートを。
コーディネート
おしゃれです。細かいところまで配色に気を遣われたコーディネート、とっても勉強になります。

そうこうしているうちに、ご飯も炊きあがり!
ごはん
つやっつやのおいしそうな「コシヒカリ」です。
試食タイム★
試食
ご飯がおいしい。そしてそのご飯がバクバク進むおいしいおかずです。食べている間に、自分たちで計って炊いた方の「つや姫」のお米も炊きあがり!
「ちょっとこっちも試食してみたいよね」「食べ比べ〜」ってそっちも一口ずつお代わり!
おいしいランチタイムでした。

帰りにはお米食べ比べセットのお土産まで頂きました。
お土産のお米

そして、公式オンラインサイト・アイリスプラザの割引チケットも!

次にもしも、炊飯器を買い替えることがあったら、絶対これ欲しいなーと思いました。
(いつになることやら、ですが)


◆   ◆   ◆   ◆   ◆


翌日、材料をそろえて早速自分でも「れんこんとひじきの梅味噌ソフトふりかけ」と「鶏ごぼうの甘辛 柚子こしょう風味」を作ってみました!
作ってみた
かめ代さんのレシピ、シンプルな材料でぱぱっと作りやすく、ほっとする和のおかずだったのでとっても勉強になりました。




ふっくらごはん×かめ代さんの絶品おかずイベントレポート
ふっくらごはん×かめ代さんの絶品おかずイベントレポート

 
このエントリーをはてなブックマークに追加
 
 
0
     

    「アメリカ産フルーツを使った お取り寄せスイーツ試食会  アメリカンスイーツフェア」に行ってきた

    • 2016.09.02 Friday
    • 22:31
    いちごキッチン・YUMIZOです。
                
    レシピブログのイベントで「アメリカ産フルーツを使った お取り寄せスイーツ試食会  アメリカンスイーツフェア」に招待して頂いたので参加してきました。

    アメリカンフルーツスイーツフェア

    20品「おとりよせネット」の「アメリカンフルーツ&スイーツフェア」で紹介されている、アメリカ産のフルーツ(ドライフルーツ)やナッツがふんだんに使われた厳選スイーツ20品を試食できるというイベント。
    「アメリカを食べつくせ!」というポスターの通り、食べつくすイベント!とっても豪華でした!!

    会場の壁際には20品のスイーツたちのディスプレーがずらーーっ!
    当初、案内メールを頂いた時は「アメリカンスイーツ」というイメージからオレンジやグレープフルーツ、レモンといったフレッシュな柑橘系をイメージしていたんですが「お取り寄せ」だからよく考えたらそっちじゃないですね。プルーンやレーズン、クランベリーといったドライフルーツや、クルミやピーカン、アーモンドなどのナッツ類、そしてホワイトソルガムや豆腐、米粉など、注目のヘルシーなグルテンフリー食材を使ったスイーツたちです。


    フェアご挨拶
    スイーツ好きのブロガーさんたちが集まる中、アメリカ大使館農産物貿易事務所の所長さんからのご挨拶で開始!

    そして1品ずつ、商品説明を聞きながら、一口ずつ試食。
    一口ずつっていったって4皿に分かれて20品がどーーーん! すごいです。

    一皿目
     カリフォルニアプルーンとカリフォルニアレーズンを生かした独創的な名品、6品。
    2皿


    二皿目
     多彩なアメリカンフルーツを贅沢に(ベリー、クランベリー、チェリー、フィグ)、7品。
    1皿


    三皿目
     グルテンフローのスーパーグレイン「ホワイトソルガムきび」を使ったスイーツ&パン、2品。
    3皿


    四皿目
     カリフォルニアくるみ、アーモンド、ペカンを贅沢に使った名品 ナッツ&ドライフルーツづくし、5品。
    4皿


    最後にはスイートすぎて何が何だかわからなくなるぐらいの勢いでしたが、たっぷり堪能しました。

    YUMIZOが気に入ったのは「マリベル」のプルーンとアールグレイのパウンド。紅茶の香りと、底に合わせた濃厚で香ばしいヘーゼルナッツチョコとの対比が絶妙でした。もう1品。長坂養蜂場のはちみつチョコでコーティングしたナッツが気に入りました。はちみつの優しい甘さがたまらないっ!

    * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *
    続きを読む >> 
    このエントリーをはてなブックマークに追加
     
     
    0
       

      レシピブログの「ポルトガルワインと相性抜群の魚介料理&肉料理を楽しもう」イベントに参加

      • 2016.03.17 Thursday
      • 22:48
      いちごキッチン・YUMIZOです。
                  
      今日はレシピブログ「ちょっとおしゃれな週末の食卓☆ポルトガルワインと相性抜群の魚介料理&肉料理を楽しもう♪」というイベントに参加してきました。
      イベント


      テーブルポルトガルワイン?って正直、あまりなじみがなく、飲んだ記憶がなかったのですが、どんな感じだろうと興味津々!
      席に着くと、テーブルにはワインとともに不思議なオブジェが・・・。
      貝殻と豚ちゃん??
      実はこれが今日のテーマに関係あるモノだったんです。


      というわけで、例によってイベントの前半は商品に関する背景や商品説明などのお勉強コーナーから。
      書類


      今日はサントリーの担当者さんからのお話です。
      説明
      まずはポルトガルってどんなところ?っていうお話から。えーと・・・ヨーロッパのどこだっけ?ってなぐらい疎いんですが、ワタクシ。スペインのお隣の、面積は日本の1/4ほどの小さな国です。海に面していて魚が豊富に獲れる→それに合うおいしい白ワインが作られている。国境を挟んだすぐお隣はスペインの中でもイベリコ豚を飼育している産地→それに合うおいしい赤ワインが作られている。ということなのだそうで。
      日本人は、「ポルトガル」っていうと、やっぱり、歴史的に「種子島に鉄砲伝来」とか「ザビエル」とか・・・ですよね。日本に最初にワインが持ち込まれたのも、ポルトガルからやってきた宣教師たちのお土産ものだった、ということで、実は意外と古くから日本になじんでいるものだったんですね、ポルトガルワインって。魚をよく食べるとか、お米も(ヨーロッパの中では)食べるし、天ぷらなどなど、ポルトガル発祥で日本に溶け込んだ料理も数多くあることから、ポルトガルと日本には食文化の親和性があるので、日本人にとって実はとっても飲みやすいワインの産地と言えるのだそうです。

      知らなかったー。爽食系白ワイン ガゼラ 750ml

      というわけで、今回、紹介されたワイン1点目。

      ★新鮮な魚介を味わうための爽食系白ワイン 「ガゼラ」 750ml

      ボトルにカラフルなシーフードのイラスト。かわいい!うん、わかりやすいですね!
      心地よいフレッシュな酸味と後味を爽やかにするほのかな発泡が特徴のワインです。
      アルコール度数低めなので軽やかで飲みやすいです。
      しっかり冷やして飲むのがお勧め!

      白・ガゼラ試飲というわけで、早速試飲しながら・・・・。テーブルの上には氷水を入れたワインクーラーでキンキンに冷やされたガゼラちゃんが待機してます!
      参加者みんなで「乾杯!」
      冷たくて、微発砲が気持ちよくておいしい!



      続いて2点目。肉食系赤ワイン ポルコ ティント 750ml

      ★肉のうまみを味わうための肉食系赤ワイン 「ポルコ ティント」 750ml
      こちらは赤い豚ちゃんのイラスト。
      肉のうまみを味わう為、一番消費されている豚肉に合う赤ワインを、というコンセプトなのだそうで。
      「ポルコ」は「ポーク」、「ティント」は「赤」の意味。
      豊かな果実味の中に食欲をそそるスパイシーさを持ち、肉の甘さと合う柔らかなタンニン、程よい塾生によるこなれた、まろやかな味わいが特徴です。
      赤
      こちらは常温で。グラスに注いでいただいて、試飲です。
      確かにまろやか。赤ワインというと渋みがあるというイメージですが、嫌な渋みがなくて、飲みやすい。丸い味という感じがしました。


      ちなみに、この2つのワイン、先月発売された商品だそうで、近くのスーパーになかったらAmazonで販売しています、ってことです。(↑ワインのボトルの写真からAmazonにリンク貼ってあります 笑)


      後半は、人気料理ブロガーさんが登場してのお料理デモコーナー。
      今回は白ワインと赤ワイン、それぞれ別の料理ブロガーさんが登場するという豪華企画です!

      まずは白ワイン「ガゼラ」に合うお料理を、ぱおさんから。
      ぱおさん
      デモして頂いたお料理は「あさりとイカのバジルワイン蒸し」です。(リンクからレシピを見れます)

      デモの様子を動画で・・・・。


      アサリやイカを、ズッキーニやセロリ、ジャガイモとともに、ワイン蒸し。隠し味はニンニク、アンチョビ、バジル・・・。えっと、一口食べて思ったイメージはアクアパッツァっぽい感じ。魚じゃないのでとりわけ易くていいね。


      続いて赤ワイン「ポルコ ティント」に合うお料理を武田真由美さんのデモで。デモして頂いたお料理は「生ハムのおつまみサラダ」。牛乳にお酢を入れて作った手作りカッテージチーズを、グリーンリーフとともに生ハムにくるくる巻いて包むだけという、とっても簡単なお料理。

      デモの様子を動画で。
      簡単すぎ! そして武田さんのトークが楽しくて。

      ちなみにこれ、「水切りヨーグルトでもいけるかも?」と、翌日早速、YUMIZOも自家製ヨーグルトを使った水切りヨーグルトで生ハムおつまみサラダを作ってみたのでした。

      さっそく試食タイム!
      試食
      おいしいです。そしてそれぞれ、ワインに合う!合う! ついついワインが進み、ほろ酔い気分。同じテーブルでご一緒した参加者の皆様との話もいつも以上に弾んだ気がしました。

      楽しくておいしいひと時を過ごしたのでした。
      ディスプレイ



      ちなみに恒例のお土産。今回は重たいので配送してくださるということで、翌日届きました!
      お土産ワイン
      どーん!

      これらの「ガゼラ」「ポルコ ティント」に合う魚介料理&肉料理レシピコンテストも開催されるということで、何か合うものを作れたらいいなー!
       
      このエントリーをはてなブックマークに追加
       
       
      0
         

        レシピブログの「グレインズサラダ」体験インベントに行ってきました。

        • 2016.02.23 Tuesday
        • 22:07
        いちごキッチン・YUMIZOです。
                    
        (日付をさかのぼって書き込んでいます)

        今日はレシピブログ「ブラウンライス(玄米)を使ってヘルシー&おしゃれ♪ 『グレインズサラダ』を体験しよう☆」というイベントに参加しました。
        グレインズサラダ


        資料今日のお料理デモコーナーの担当は人気料理ブロガーのかな姐さん。そして参加したブロガーさんたちは30名ほど。
        「グレインズサラダってなに?」「ブラウンライスってなに?」って状態だったのですが、「玄米をサラダ使いするレシピ」らしいということで、前にヨガをやっていた時にマクロビ料理を先生に教えて頂いたりとかしたこともあったので興味があって応募しました。・・・でも実際に自分が玄米菜食を続けるかっていうとそーじゃないんだけど(-_-;)


        説明
        さて、最初はその「ブラウンライスとなに?」「どこが売り?」みたいな話を研究者の博士さんたちから解説してくださるコーナー。

        最初は(株)日立製作所の産業医で、社内で健康管理指導をしたり研究をしたりされていらっしゃる中川先生による玄米を使った「はらすまダイエット」の研究結果の説明。
        中川さん
        「はらすま」ってメタボ対策界?で最近注目されているらしく「腹をスマートに」ということのようで。いわゆる「計るだけダイエット」に1日1回玄米を取り入れた健康法で腹をスマートにダイエットして、それだけじゃなく血圧や中性脂肪や悪玉コレステロール、血糖値などといった、健康診断で気になる値も改善される人が多いらしい・・・というお話でした。

        次に、その玄米を使ったダイエット法の効果を科学的に研究なさっている東京農業大学教授の山本祐司先生を交えてディスカッションコーナー。
        山本さん


        で、その「はらすまダイエット」に使った玄米というのが、普通に言う、炊くに時間がかかって面倒な玄米ではなく、もち米のモチモチとした玄米をいったん高温で加熱してから乾燥させる「アルファ化」という処理を行うことで、10分茹でるだけですぐに食べれるようにした「アルファ化玄米」というものを使うことによって、手軽に玄米を取り入れやすくなってダイエットの成功につながったのだそうです。

        というわけで、その「アルファ化米」を開発し、この度「サラダ用」と銘打って発売することになったアルファー食品(株)さまからのお話し&その玄米の試食を。
        試食
        プチプチとした食感でよく噛んでいるとモチモチとして甘みが出てくる玄米です。
        もち米を使っているからボソボソ感とか臭いとかがないみたい。

        そして、アメリカなどで注目されている「グレインズサラダ」という食べ方に活用しよう!というのがこのイベントの主旨なのでした。
        グレインズっていうのは、穀物のことだそうで、玄米やいろいろな穀物を、いわゆる日本人的な「主食」としてではなく、「野菜的」な扱いでサラダの具の一つに使うのです。考えてみればマカロニサラダとかもそーだもんね。うちではサラダお寿司とか時々作るし。そーゆー感覚で穀物を取り入れようってことね。

        というわけで、後半はかな姐さんが登場して、お洒落なグレインズサラダのお料理実演です。
        かな姐さん

        教えて頂いたのは「おなか大満足♪根菜のグレインズサラダ」「グレインズサラダ オレンジシーフードマリネ風」の2品。(リンクからかな姐さんのレシピページが閲覧できます!)

        根菜サラダの方は魚焼きグリルでホイル焼きしたレンコン、サツマイモ、かぼちゃとブラウンライス、ドレッシングで和えたもの。クリームチーズやくるみ、レーズンが入っていておいしい!
        シーフードマリネはボイルしたシーフードと、ブランライスとオレンジとともにドレッシングで和えたもの。ワインに合いそうなごちそうサラダです。
        どちらもドレッシングはメープルシロップが隠し味で、酸味がきつくならなくて食べやすい!

        かな姐さんのお料理デモを動画で・・・(20分弱の長い動画です)


        お土産にはサラダ用ブラウンライスを箱入りでたくさんいただきました。あとお赤飯も。
        さっそく、いろいろお料理に使ってみたいと思います!
        楽しくておいしいイベント、ありがとうございました!

        レシピブログでは「サラダ用ブラウンライス」をつかったレシピコンテストも開催されているようです! こちらにも参考になりそうなレシピがたくさん! いろいろ試してみようと思います。
         
        このエントリーをはてなブックマークに追加
         
         
        0
           

          レシピブログの「バレンタインの1dayフードスタイリングレッスン」に参加してきました

          • 2016.02.04 Thursday
          • 22:59
          いちごキッチン・YUMIZOです。
                      
          (日付をさかのぼって書き込んでいます)

          「レシピブログ」の企画で、「祐成陽子クッキングアートセミナー」とコラボのレッスンイベント「バレンタインの1dayフードスタイリングレッスン」に参加してきました。

          今日は料理イベントではなく、用意されたケーキ「ガトーショコラ」を、お皿に盛りつけて、周りに小物を配置して素敵な写真を撮るという、フードスタイリングのレッスンです。
          講師は祐成二葉先生。

          会場に着くと、一人一人の席に、色・柄の異なる天板を置いたテーブルと&お皿が用意されています。そこに、ガトーショコラを配置して、トッピングの盛り付けや、各自のボード&お皿に合う小物を選んで作品作りをします。テーマはバレンタイン。

          まずは先生のお手本。
          スタイリングレッスン 先生
          ボードの背景がストライプなので、あえてケーキを縦に配置したという、かっこいいスタイリング! ドットに穴の開いた個性的なお皿に合わせてフルーツのトッピングもドットに配置。
          黒っぽいケーキに白いクリーム&お皿でコントラストが強く、ピントが合わせづらいからということで、粉砂糖を振ったり、ピスタチオのみじん切りを振りかけました。なるほど、そこに焦点を合わせるとキレイな写真が撮れるのね!
          カップやカトラリーをさりげなく置きます。ナプキンがドットなのも、お皿に合わせたもの。

          あっという間に完成したステキなスタイリングの写真に見とれてしまいました。

          続いて、参加者がみんなで、ケーキの盛り付けを。
          いちごのヘタを取る? そのままにする? バナナはどう切る? というところから、各自の頭に描いたテーマに沿って盛りつけていきます。
          お皿の盛り付けが完成したら、今度は小物選び。

          別の場所にある「スタイリングルーム」に移動してカトラリーやカップ、その他、周りに置く小物類を選びます。たくさんの色やサイズ・形のお皿などなど・・がたくさんそろっている倉庫のようなお部屋で、思い思いのグッズを選びます。雑貨屋さんでお買い物しているみたいで楽しい!

          そして会場に戻って、スタイリングを続行。

          先生のアドバイスを受けながらどうにか完成しました!
          YUMIZOの作品。
          スタイリングレッスン 自分

          自分は絶対選ばなそうな(笑)、ピンクの縁のお皿だったので戸惑いましたが、それに合わせて「バレンタイン」テーマなのでラブリーな感じに仕上げてみました。
          「自分で選ばなそう」なのが、かえって勉強になった気がします。
          ジャムの瓶とかお茶の缶とか、観葉グリーンとか、いろんなアイテムがいっぱいあったので、ついついいろいろ置きたくなっちゃうんですが、背景がミントカラーのドット柄なんで、あんまりいろいろ置いたらしつこいと思い、シンプルな感じにしてみました。

          なかなかいい感じにできた??

          同じケーキなのに、参加者のみなさん、一人一人の世界というか、ストーリーがある感じで、面白かったです。
          フルーツの切り方・置き方も違えば、アイテムの選択・配置も違うので、雰囲気がガラリと変わります。


          完成後はそのケーキを頂ながら語り合う、お茶タイム。
          非常に有意義な時間を過ごしました。
          ちなみにケーキは祐成先生のお手製。しっとり濃厚でとってもおいしかったです!

          参加者の皆さんの作品の写真を・・・勉強用に撮らせて頂いたのですが、載せてよいものかどうかよくわからなくて・・・。
          とりあえず、参加者の皆さんらしきブログをいくつか見つけたのでリンク張っておきます。

          「norimomoのブログ」さま
          「ぶきっちょレシピ」さま
          「クリミカの、食べて寝て、そしてまた食べて。。。」さま


          とりあえず、自分でそんなにスタイリング用のグッズをいろんな種類集めるのはムリなんですが、撮影用の背景ボードとかは用意してみようと思いました。いつも、雑多な背景で撮っちゃってるんで。で、ちょっとお皿回りもスタイリングすることを考えてみようと思う。
           
          このエントリーをはてなブックマークに追加
           
           
          0
             

            涙の出ない魔法のタマネギ「スマイルボール」体験イベントに行ってきました。

            • 2015.11.12 Thursday
            • 22:00
            いちごキッチン・YUMIZOです。
                        
            (過去にさかのぼって書き込んでいます)

            レシピブログのイベントに招待されて『涙の出ない魔法のタマネギ「スマイルボール」体験』に行ってきました。
            料理研究家のヤミーさんと、カレールウでおなじみのハウス食品のコラボ企画です。

            野菜のタマネギをハウス食品が開発?え?加工食品のメーカーなのに??と不思議に思いながら会場へ。

            スマイルボール
            どーん! タマネギの箱の山積みディスプレイ。
            そして何やら不思議な盾とハンマーの入ったケース???(これには秘密が!)

            最初は、お話しのコーナー。
            「スマイルボール」と名付けられたこのタマネギ、切っても涙が出ない不思議なタマネギなんだそうです。
            ハウス食品の正村さん、農学博士の岡本さん、北海道の農場で試算している吉田さんによる、開発秘話を。
            お話

            レトルトカレーを作る中で、ある条件がそろったときに、炒めタマネギが緑に色になってしまう現象があってそれを回避する方法を研究しているうちに、タマネギを切る時に涙が出てしまう催涙成分を引き起こす酵素を発見して、そこから遺伝子組み換えをしない手法でその酵素「アリイナーゼ」の働きが低いタマネギを作り出すことに成功したのだとか。
            この研究成果は2013年にイグ・ノーベル化学賞を取ったのだそうで、ディスプレイされていた表彰盾とハンマーはその時のものだったのです! そこにたどり着くまで20年ぐらいかかったのだそうです。

            スマイルボールの種
            で、今年、初めて、製品として限定ながら一般に販売されることになったという、新しい品種のタマネギなのです。
            ↑上の写真はタマネギの種。小さい!!! 
            タマネギって種からできるんだって。球根だと思っていたら。球根を植えると、ネギ坊主ができて、そこに種ができて、採取し、種をまいて、球根のタマネギができる。(・・・の一部を種取用にして植えて、ネギ坊主ができ・・・の繰り返し)。つまり種から食べるまで2年かけて育てるんだって。大変なんだねー。

            涙が出ないだけじゃなく、辛み成分が圧倒的に少なく、その分、甘みを感じやすいので、生食にお勧めのタマネギなのです。スライスして生食するときに水にさらす必要もないし、すりおろしても苦みが出ないという特徴があるそうです。厚切りでも丸ごとでもいけちゃう、甘いタマネギ!!

            このスマイルボール、まだ作り始めたばかりで、農家の方も育てるのに苦労していらっしゃるらしく、まだまだ、大きさがそろわなかったり、生産量も多くないのが現状なのだとか。
            でもイグノーベル賞も取ったという「涙が出ない玉ねぎ」っていうのはインパクトがあるので、メディアにもとりあげられたりして、これから少しずつ広まっていくかな???


            * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *


            後半は、ヤミーさんが登場して、そのスマイルボールを使ったお料理の紹介&試食タイム。
            ヤミーさん登場
            ヤミーさん登場です!

            今日、実演してくれたのは、サイトに掲載されているレシピの中から「タマネギカップのカクテルサラダ」「タマネギとハムの和えるだけパスタ」の2品。
            料理

            ササッと切ってパッと和えるだけなので、どちらもあっという間にできる簡単レシピです。

            丸ごとのタマネギがちょっと苦手なYUMIZO、タマネギカップのサラダは見た目「え??」って感じでしたが、臭みがなく甘いのでびっくり! おいしくいただくことができました。
            試食


            おみやげお土産にスマイルボールもいただいて、さて、家に帰ったら何を作りましょうか?

            ただ・・現状、まだそんなに作れないということで、中玉2個相当で450円ほどでの限定販売となるのだとか。
            これから、生産が増えたら値段も下がるだろうということだけど、正直高いです。
            「切る時に涙が出ない」ってだけで、2個450円のタマネギを一般家庭で買うかというと疑問が残るところ。
            だって、切る時に涙が出て困るのは調理をする人だけなので、その人が我慢できるなら「ひと山198円」のタマネギを買っちゃうよね???
            「涙の出ないタマネギ」ってキャッチフレーズは、切り口としてマスコミ受けはいいだろうけど、本気で売るなら、「生で甘い」ってことをもっと前面に押し出した方が買うんじゃない?って思いました。
            だって、食べたら本当に甘くておいしかったもん。タマネギのレシピがガラッと変わる品種だと思います。
             
            このエントリーをはてなブックマークに追加
             
             
            0
               

              レシピブログ10周年パーティに参加してきた

              • 2015.11.05 Thursday
              • 23:21
              いちごキッチン・YUMIZOです。
                          
              (過去にさかのぼって書き込んでいます)


              案内たくさんの料理ブロガーさんたちが活躍しているサイトレシピブログの10周年記念パーティが開催され、一般登録ユーザーとして、運よく招待状を頂けたので、参加してきました。


              会場はたくさんの人で大賑わい!
              パーティ
              TVや雑誌などのメディアで活躍なさっている有名料理ブロガーさんのがあちらこちらに!! そしてYUMIZOのように、一般ユーザーとして、レシピブログのイベントにもたびたび顔を出してイベントレポートをブログに書いていらっしゃる方々もチラホラ。

              パーティの中では「レシピブログアワード」の発表があったり、トークショーがあったりと大盛り上がり。
              立食のおいしいお料理も、さすが、ブロガーさんの集まり、みんな料理写真を撮りまくりでした(笑)。

              クッキー会場では「#レシピブログ10th」のハッシュタグでTwitterやInstagramに投稿して画面を見せるとその場で特製クッキーがもらえちゃうのでした。


              集合写真プレゼント抽選会もあったりして大盛り上がりのパーティ。
              最後はみーんなで記念写真。すごい状態でした。



              そしてお土産。
              後日、宅配するということで、届いた、大きな箱を開けてみたら・・・・・。
              どーーーん!
              おみやげ

              すごい量です。

              ビール&グラス
              発泡日本酒
              ソース3点セット
              スパイスいろいろ10点セット
              鍋のつゆ3点セット
              0麺
              炭酸飲料2本

              わーーい! いろいろ楽しめそうです。
              こりゃ、確かに持って帰れないほどのお土産だったわ〜〜〜。
              楽しいひと時を過ごしました。
               
              このエントリーをはてなブックマークに追加
               
               
              0
                 

                Happy Cooking × 千趣会 「30分で焼き菓子」「30分で!プロ級カリー3 」コラボ親子レッスンに参加

                • 2015.11.03 Tuesday
                • 22:42
                いちごキッチン・YUMIZOです。
                            
                (過去にさかのぼって書き込んでいます!)

                パン&ケーキのディプロマ取得を目指してHappy Cookingの認定講師の先生のレッスンに通っているYUMIZO。普段は先生のご自宅や、区のホールなどでのレッスンなのですが、今日は、先生のレッスンとは別で、Happy Cookingの六本木校のレッスンに参加してきました。

                毎月、お楽しみ商品が届く頒布会型の通販、千趣会マンスリークラブ「30分で焼き菓子」という人気商品のレシピをHappy Cookingの先生が監修したということで、Happy Cooking × 千趣会のコラボ企画として、親子で無料レッスンを受けられるというので応募したのです。キャンセル待ちでギリギリ、入らせてもらうことができ、息子とともに行ってきました。

                「30分で焼き菓子」は粉や副材料(卵や牛乳などの生鮮品を除く)と紙製の型、レシピがセットになったキットで簡単に作れるし、毎月、いろいろメニューが変わるお楽しみもあるモノです。パンバージョンの「焼きたてパン曜日」とともに、実はYUMIZO、数年前まで長いこと毎月、とっていました。
                サイトやパンフレット掲載用の写真撮影が入るということでの無料レッスン。お土産もいろいろつくし!オトク!!
                YUMIZOがパンやケーキを習ってきて家でも頻繁に作っていので、息子に聞いてみたら「ぼくも、料理作ってみたい!」というしなにしろ「無料だし!」ということで応募したのでした。

                「30分で!プロ級カリー3 」と合わせてランチ&デザートのレッスンです。

                集まった子供たちは、3歳ぐらい?の子から小学校高学年のお姉さんまでいろいろ。中にはHappyCookngのキッズパティシエコースに通っているという、かっこいいエプロン&コック帽の男の子もいたりして。
                焼き菓子の方はブラウニーを。卵を割って混ぜ混ぜ、キットの粉を入れて混ぜ混ぜ、型に流してオーブンへ。簡単です。
                カレーはバターチキンカレーで、あらかじめ皮むき済のタマネギ、ニンジン、ジャガイモを包丁で切って、炒めるというのを体験。
                カレー

                煮込んでいる間に、焼きあがったブラウニーをツリーに見立ててデコレーション!
                ツリーケーキ
                …初めてのデコ体験で悪戦苦闘していた息子君ですが、自分では大満足の出来だそうです♪ 楽しい体験ができたようです。

                出来上がりとっても喜んでいた息子くんでした。
                「キットで混ぜるだけ」が簡単すぎて、だんだんつまらなくなってしまい、購入を停止していたのですが「ボク、また作りたい!」というので、今度は子供主体に作るのを体験させるために、しばらく買ってみようかなと思いました。


                ちなみに本日のお土産は・・・・。
                お土産
                ・・・えっと、今日作ったキットは入っていないのね(-_-;) 豆腐デザートを作るセットや、スープ、コーヒー、ハーブティなどと、レッスンの中で使った、シリコンボールを。
                このシリコンボール、生地を入れたら外から手でモミモミして捏ねられるし、ぐにゅっと形が変わるのでそのまま型に流し込めたり、便利です。
                 
                このエントリーをはてなブックマークに追加
                 
                 
                0
                   

                  レシピブログの『「カリフォルニアプルーン」で楽しむヘルシーランチイベント』に参加してきた

                  • 2015.10.21 Wednesday
                  • 22:34
                  いちごキッチン・YUMIZOです。
                              
                  今日はレシピブログの『「カリフォルニアプルーン」で楽しむヘルシーランチイベント』に当たったので参加してきました。
                  プルーンイベント

                  レシピブログのイベントに参加するのは1年半ぶり!
                  今回はカリフォルニアプルーン協会さまと、人気料理ブロガーの勇気凛りんさんのコラボです。

                  前半はカリフォルニアプルーン協会の方からプルーンについてのお話しのコーナー。
                  協会のお話し

                  プルーン・・・って「プラム」と似ている「別の果物」ってなんとなく思っていたのですが、プルーンというのは乾燥したプラムのうち、種のついたまま乾燥させても発酵しないものだけを指すそうです。「別の果物」というのは間違いでした(汗)。
                  プルーンというと、「便秘対策に」とか「貧血の時に」などと言われる健康志向なイメージですがビタミン、ミネラル、食物繊維などが豊富で抗酸化作用が高いのだとか。
                  さらに、プルーンにお湯を加えてフードプロセッサでなめらかにしたプルーンピューレはパンやお菓子、お料理の油脂の代用にしてカロリーを抑えることができるのだそうです。
                  プルーンピューレを使って生地を捏ね、プルーンの実とクルミなどがぎっしりつまった、市販のプルーンパンも試食しながらのお話でした。
                  プルーンのパン試食
                  試食させていただいたのは神戸屋さんの「ぎっしりプルーン&ナッツ」と、箱根ベーカリーさんのパン。同じような具材のパンですが、食感が違っていてそれぞれに味わいのあるパンでした。

                  続いて、勇気凛りんさんのお料理デモコーナー!
                  勇気凛りんさん


                  さっそく、プルーンピューレの作り方の実演。フードプロセッサに入れてガガガッとやったらあっという間にできちゃいます!
                  プルーンピューレ


                  そしてそのピューレを使ったお料理を2品。
                  一つ目は「紅茶プルーンケーキ」。(←リンク先の勇気凛りんさんのブログにレシピあり!)
                  プルーンのケーキ

                  紅茶の香りとプルーンの甘酸っぱさが絶妙にマッチ! パウンド型で焼いていますが、バターなどの油脂を使わずにプルーンピューレを使って、具としてもプルーンを使っているレシピ。もっちりしていておいしいです。

                  もう1品は「チキンとプルーンのスープカリー」。(←リンク先の勇気凛りんさんのブログにレシピあり!)
                  スープカリー
                  こちらも、ピューレと具としてのプルーンと両方使います。

                  出来上がった品がこちら! お楽しみの試食タイムです。良い香り〜〜〜!
                  カレーとケーキ
                  カレーには濱田屋さんのプルーンパンを添えて。このパン、油脂の代わりにプルーンピューレを入れて捏ねたパンということで、ほんのり褐色ですが具としてのプルーンは入っていないので、言われなかったらプルーンが入っていることが全くわかんない感じ。まるで米粉のパンのようにもっちりとした食感でとってもおいしかったです。
                  これはぜひ、プルーンパンを自分でも作ってみたくなりました。

                  ティープルーン試食中、勇気凛りんさんがご自宅でいつも愛用していらっしゃるというティープルーンをみんなに一つずつ配ってくださりこちらも試食。
                  濃い目の紅茶に漬けるだけという簡単さで、ふっくらふんわりと戻ったプルーンは香りもよくおいしい! 
                  健康にもとっても良いとのことです。


                  最後にプルーンや、プルーンカラーのメイソンジャー、ミニサイズのシリコンヘラ、プルーンカラーのエコバッグ、レシピ冊子など、お土産をたくさん頂いて終了。
                  お土産

                  帰ったらすぐにプルーンピューレが作れます!

                  楽しくてとても為になる時間を過ごすことができました!



                   
                  このエントリーをはてなブックマークに追加
                   
                   
                  0
                     

                    サンキスト・シトラス3種を使った「初夏のさわやかレシピパーティー」に行ってきました

                    • 2014.05.20 Tuesday
                    • 23:15
                    いちごキッチン・YUMIZOです。
                                
                    初夏のシトラスレシピパーティー初夏のシトラスレシピパーティーレシピブログのイベントに当たったので、今日は、『SHIORIさん流シトラスごはん♪サンキスト・シトラス3種を使った
                    「初夏のさわやかレシピパーティー」』に行ってきました。


                    数年前にヤミーさんのカレーイベントに参加して以来の当選です。
                    今回は、「彼ごはん」などのブログやレシピ本で有名なShioriさんが講師で、サンキストのシトラス、レモン・オレンジ・グレープフルーツを使ったお料理のデモンストレーションと試食、という内容。

                    会場は外苑前アイランドスタジオというところ。青山なんてオシャレな街、久しく行ってない!ので、ドキドキ。
                    会場のビルに着いて、階段を上り、スタジオのあるフロアに到着するともうふわ〜っとシトラスのいい香りが漂っています。会場に着いたらまずウェルカムドリンク。生絞りのオレンジジュースとグレープフルーツをいただいて、爽やかな気持ちになり、テンション、上がります♪


                    デモ用のキッチン前に参加者の座席が並び、その周りを取り囲む壁面にはシトラスを使った素敵なお部屋がディスプレイされていました。
                    今回のテーマが「24時間サンキストな毎日を」というタイトルなんで、サンキストのフルーツを取り入れた朝・昼・夜をイメージしたものなのだそう。

                    というわけで朝のコーナー。
                    白が基調で朝日を浴びている感じ。朝のフルーツは金の価値・・ってよく言うものね。素敵。

                    お昼のこーなはこんな感じ。
                    白木系で明るくPOPな雰囲気?

                    そして夜はしっとりと落ち着いた感じで。
                    あ、なんかサングリアとか飲みながら・・なんて似合いそう?

                    ちなみに、ジューサーとか、いろいろシトラスにまつわる調理道具などのアイテムも飾られていて、興味津々。

                    参加者は報告レポートをブログに書くってのが、宿題?になっているので、みんなバチバチ写真撮りまくり。YUMIZOは写真、超シロートなんですが、一眼レフとかで撮っていらしたりして・・・他のブロガーさんたちはきっともっと本格的に料理ブログを書いていらっしゃるんだろうな・・・・。


                    さてさて、イベント。
                    まずはサンキストの日本法人、サンキスト・パシフィック(株)の代表・平田順正氏による「サンキストの紹介」と題したお話コーナー。
                    サンキストの概要・・・アメリカのかんきつ類の出荷協同組合、日本でいう農協のようなもの?というお話や、レモン・オレンジ・グレープフルーツの産地や品種の紹介、甘い実のみ分け方や時期などのお話をして頂きました。

                    そして、Shioriさん、登場!
                    わー素敵。
                    手元に配られた資料の中に、今日のお料理のレシピも入っていて、その表紙にはなんと、Shioriさんの直筆サインが。
                    今日のお料理の内容は、お部屋のでぃうプレイ同様、「24時間サンキストな毎日を。」というわけで、シトラスを使った朝ごはん、お昼ご飯、夜ご飯をそれぞれ2品ずつ。そのうちのいくつかを実際にキッチンで作ってデモンストレーションしてくださいました。


                    3種のシトラスのヨーグルトサラダ
                    Wオレンジのふわふわフレンチトースト



                    グレープフルーツとレモンの海戦ちらし寿司
                    レモンパンナコッタ



                    スタールビーグレープフルーツとホタテ、アボカドのサラダ
                    鶏のから揚げ シトラスソース


                    では、Shioriさんのデモを動画でご紹介しちゃいます!

                    卵を使わずオレンジの搾り汁を使ったフレンチトーストと、お酢を使わずにグレープフルーツの酸味を生かしたちらし寿司のデモ、20分弱です。最前席だったので、立ち上る爽やかな香りに食欲がそそ割れて、おなかがグーグーなってしまいました(笑)。

                    デモの後はお楽しみの試食タイム!
                    どのお料理もめちゃめちゃおいしかった。オレンジやグレープフルーツ、レモンをお料理のふんだんの取り入れるのって、爽やかだしビタミンとれるし減塩になるしとってもいいですね。
                    YUMIZOは、グレープフルーツを使ったお寿司と、オレンジソースをかけたから揚げが気に入りました。きっと子供が喜んで食べてくれそう♪

                    帰りにはお土産もいっぱい!
                    帰ったらさっそくお料理できる、シトラスどっさりに、サンキストのロゴが入ったバックや調理道具類。木製のレモン絞りスティックは、デモでShioriさんも使っていらして、とっても便利そうでした。

                    とってもいい気分で帰ったのでした。

                    次の記事では、お土産のシトラスを使ってYUMIZOが復習で作ってみたお料理のことを載せます。

                    【レシピブログの「SHIORIさんのサンキスト・シトラスレシピパーティー」参加レポート掲載中】
                     
                    このエントリーをはてなブックマークに追加
                     
                     
                    0
                       

                      profile

                      profilephoto

                      search this site.

                      calendar

                      S M T W T F S
                      1234567
                      891011121314
                      15161718192021
                      22232425262728
                      2930     
                      << April 2018 >>

                      selected entries

                      categories

                      archives

                      料理教室案内


                      日本ヴォーグ社「HappyCooking」と、Cotta「おうちパン講座」のカリキュラムでレッスンする、パン&ケーキのお料理教室、
                      15-Kitchen」(いちごキッチン)
                      東京都江戸川区にて、開催しています。
                      ご参加お待ちしています♪

                      Powered by クスパ

                      Counter

                      【訪問者数】
                          from 2010.04.01
                        合計  
                        今日  
                        昨日  

                      レシピ集&アイテム









                      recent comment

                      • 「ひよこ豆のフムス」を添えたサラダ
                        YUMIZO (09/04)
                      • 「ひよこ豆のフムス」を添えたサラダ
                        鈴木利江 (09/01)
                      • チャヤマクロビオティックススイーツ「Soyザッハトルテ」
                        YUMIZO (11/14)
                      • チャヤマクロビオティックススイーツ「Soyザッハトルテ」
                        にしの (11/12)
                      • 日比谷のチャヤマクロビに行ってみた
                        YUMIZO (10/26)
                      • 日比谷のチャヤマクロビに行ってみた
                        にしの (10/26)
                      • アレルギー対応の「米粉食パン」と「米粉のピザ」 & ディプロマ認定頂きました!
                        YUMIZO (10/24)
                      • アレルギー対応の「米粉食パン」と「米粉のピザ」 & ディプロマ認定頂きました!
                        にしの (10/24)
                      • グルテンフリーデリ「大根パスタ アボカドソース」と「豆腐キッシュ」
                        YUMIZO (10/20)
                      • グルテンフリーデリ「大根パスタ アボカドソース」と「豆腐キッシュ」
                        にしの (10/12)

                      links

                      others

                      mobile

                      qrcode

                      powered by

                      無料ブログ作成サービス JUGEM