「ホーローパン りんご紅茶」のレッスンを受けてきました。

  • 2019.01.26 Saturday
  • 22:31
いちごキッチン・YUMIZOです。
            
HappyCooking東京本校にて、藤田裕子先生のホーローパンレッスンを受講してきました。
このブログ「いちごキッチン」と同じ読みの「いちごきっちん」というお教室を練馬で開催していらっしゃる藤田先生。お話が楽しいしすごく深いところまで考えて作られたレシピがとっても大好きで、尊敬している先生です。

この、いちご柄、裕子先生オリジナルのホーロー容器がかわいい💛
ほぼすべての作業がこのホーロー中だけで作られるという、汚れ物が少なさがうれしい!
20190126-001-ホーローパン りんご紅茶.JPG

えーこんなゆるい生地でいけるの?って最初のころは思っていたけど、だいぶ慣れましたよ(笑)
20190126-027-ホーローパン りんご紅茶.JPG

紅茶の香りの生地に、アーモンドクリームにりんご乗せ。
パンだけどスイーツみたいな組み合わせ!
20190126-066-ホーローパン りんご紅茶.JPG

こんがり焼けて・・・・
20190126-107-ホーローパン りんご紅茶.JPG

これでだけじゃ終わらないの。
仕上げにアイシング掛け。
20190126-123-ホーローパン りんご紅茶.JPG

いやー、これ、思わず一人で全部食べたくなっちゃう危険なパンですね。
おいしすぎます。

サイドメニューたっぷり。
「豚肉とりんごのロースト」
「タルトフランベ」
さらに試作品の試食をさせて頂いたり。
20190126-127-ホーローパン りんご紅茶.JPG

パンだけじゃなくホーロー容器を使ったサイドメニューを教えていただけるのも裕子先生のレッスンの楽しみの一つです。

20190126-131-ホーローパン りんご紅茶.JPG

おなかいっぱいで、学びもいっぱいで大満足の1日でした。


◆   ◆   ◆   ◆   ◆


翌日。
お持ち帰り記事を焼いてみました。

20190126-312-ホーローパン りんご紅茶 持ち帰り生地焼いた.JPG

20190126-320-ホーローパン りんご紅茶 持ち帰り生地焼いた.JPG

とってもおいしかったです。

JUGEMテーマ:手作りパン



 
このエントリーをはてなブックマークに追加
 
 
0
     

    豆腐豆乳パン

    • 2018.12.07 Friday
    • 20:08
    いちごキッチン・YUMIZOです。
                
    (日付をさかのぼって書き込んでいます)

    HappyCookingのレシピの中から、近日レッスン予定があるので、久しぶりに「豆腐豆乳パン」を練習焼き。
    受講予定の生徒さんが購入済みの型が小サイズということもあり、また、HappyCookingのレシピで、これまで事務局を通して購入していた型の取り扱いがなくなるというのもあり、今後の参考の為を兼ねて、型を変えて焼いてみる実験をしてみました。

    レシピでは25僂離僖Ε鵐彪燭指定されていますが、他のレシピで使う長さ15僂痢屮僖Ε鵐彪拭幣)」を2本使って焼いたらどんな感じかと。

    成型後
    豆腐豆乳パン成型後
    この時点では、ミニサイズの方、ずいぶん隙間があって、型の中の2つの生地がうまくくっつくかどうか、心配でしたが・・・。

    仕上げ発酵後
    豆腐豆乳パン仕上げ発酵後
    いい感じに密着しました。

    焼き上がりです。
    豆腐豆乳パン焼き上がり
    うん、大丈夫そうです。

    こちらが指定通りの長いパウンド型で焼いたもの。
    豆腐豆乳パン

    こちらが短いパウンド型で焼いた、ハーフサイズ。
    豆腐豆乳パンハーフサイズ
    2つ比べて、どちらの型を使っても特に大きな問題なさそうですね。
    長い方の方は台形型なのですが、こちらは傾斜がなくきっちり長方形のタイプです。今回は長い方の型のが4分割だったので、同じサイズの分割のまま、2つずつにわけて焼きましたが、この型に合わせるなら3分割して、3つの山にしてもかわいかったかもしれないですね。また機会があったら実験してみます。

    水を使わず、豆腐と豆乳で仕込んだ生地はふんわりしっとりきめ細やかで、ヘルシーなパンです。
    かむとじんわり、大豆の風味が口の中に広がる、滋味深いお味。
    スライスして小ぶりな食パンとしてジャム等好きなトッピングをして食べるのも◎ですね。

    JUGEMテーマ:手作りパン


     
    このエントリーをはてなブックマークに追加
     
     
    0
       

      クグロフ

      • 2018.12.03 Monday
      • 23:10
      いちごキッチン・YUMIZOです。
                  
      (日付をさかのぼって書き込んでいます)

      12月になりました。
      クリスマスのパンということで、HappyCookingのレシピからクグロフを作ってみました。
      クリスマスのパンやケーキ、ヨーロッパ各国の様々な種類のものが日本でもたくさん紹介されるようになってきましたよね。ドライフルーツをふんだんにいれるものが多い印象。

      クグロフは、オーストリア、スイス、ドイツ、フランスなどで作られる、斜めに模様のついた蛇の目型
      「クグロフ型」に入れて焼くフルーツたっぷりの菓子パンです。卵や牛乳・バターがたっぷり入ったリッチなブリオッシュ生地にドライフルーツやナッツが入るパンというのが基本ですが、パンではなくパウンドケーキにするようなバターたっぷりのケーキ生地でフルーツを入れて作るというタイプのモノを見かけることも。

      HappyCookingのレシピでは、ココアを入れたブリオッシュ生地にナッツ、チョコチップ、レーズンを入れて作ります。
      クグロフ
      粉糖を振って、ヒイラギの葉の飾りを刺すとぐっとクリスマスムードがでますよね。

      実は今回は自分の家用なのでちょっと実験して、本来15センチのクグロフ型2台分のレシピだったところを、ちょっと増やして仕込んで、15センチと18センチ同時焼きしてみました。
      15センチのクグロフ型2台分の分量で、18センチが1台焼けるはずの計算だったので、本当に計算通り、18儼燭任い韻襪里どうかと。

      仕上げ発酵の時間や、焼き時間は、大きい方がちょっと長めにしつつですが、一緒に焼けちゃいました。
      クグロフ
      ↑予想通り、できました。
      二つ並んでいるクグロフは遠近法で大きさが違って見えるんじゃないのよ!
      実際に大きさが違うのです。
      直径15cmと直径18僉7造砲靴燭3センチの差なのだけど、真ん中が空いた蛇の目の型でそして上底が広がった錐状の体積で換算すると、倍の材料が入ってしまうんだから驚くよね。
      ぱっと見、18センチの方が、15センチの2個分のパンには見えないものね。

      そして大きい方は、明日のおうちパン講座の勉強会への持ち寄りランチに持っていきまーす!
      持ち寄り品にするには、やはり15センチサイズでは小さいものね。
      おいしくできてよかった♪

      JUGEMテーマ:料理



       
      このエントリーをはてなブックマークに追加
       
       
      0
         

        黒豆リング

        • 2018.11.27 Tuesday
        • 22:23
        いちごキッチン・YUMIZOです。
                    
        前に黒豆パンレッスンを行った時に作った黒豆の残りがあったので、今日はHappyCookingのパンレシピから黒豆リングを作ってみました。

        あ、ちなみに黒豆煮はたくさん作ったら小分けして冷凍しておくとこんな風に思い立った時にパンに使えて便利です。
        そして煮汁は、ちょっと塩分があるものの、甘いのでヨーグルトやスムージーなどのシロップ代わりに使えます。
        黒くなるので見た目がいまいちですが、アントシアニンが含まれているので、老化防止や目の疲れによさそうだし。

        で、黒豆リング。
        黒豆を入れながらブール成型にて丸めた生地をリング型に入れて焼くちぎりパンです。
        生地は卵やバターがしっかり入るリッチな配合。
        レシピ通り、7分割した生地を21cm型ですごーくボリューミーに。

        今までは18僖汽ぅ困侶燭2台分にしていて、実はレシピ通りのサイズで作ってみたのは初めてでした。
        黒豆リング

        黒豆が優しい味で、ほうじ茶といっしょに頂くと合う感じの、ほっこりしたパンです。
        お正月の、お節の残りに作るのに、今の時期に覚えておくと重宝なパンですね。

        JUGEMテーマ:手作りパン



         
        このエントリーをはてなブックマークに追加
         
         
        0
           

          黒豆パンと胚芽押し麦パン

          • 2018.11.16 Friday
          • 23:36
          いちごキッチン・YUMIZOです。
                      
          黒豆パン黒豆煮をたくさん作ってあったので、黒豆パンをもう一度。

          先日のレッスンの際、成型のひねり方をうまく伝えきれていなかった感があるので反省を込めて検証の上、成形しました。

          そして今回はドリュールも忘れずに。


          きれいに焼けました。
          黒豆パン

          もう一品は胚芽押し麦パン。
          麦ごはんに使う押し麦を配合した生地をペタンコに伸ばして焼くとぷっくら膨らむピタパン系のパンです。
          これまでも何度かブログに書いていますが、膨らむ成功率が低かったパン。先日、師匠に再度、コツを教えて頂いたので今回こそ!
          胚芽押し麦パン

          ぷわーっと膨らみました。
          成功です。
          半分にカットして、膨らんだところにできたポケットに具を挟んで食べます。

          今回は市販のコロッケに野菜を添えて挟んでみました。
          コロッケピタ
          中東で食べられている、ひよこ豆のコロッケ、ファラフェルのイメージですが和風にポテトコロッケで。
          HappyCookingのグルテンフリーデリのレシピにファラフェルがあるので、コレを入れるのが一番、本場っぽくなるよな、と常々思っているのですが・・・グルテンフリーのメニューを、おもいっきりグルテン入りな強力粉のピタパンの具にするというのは、矛盾してる??とか思って結局、いまだ一緒に作っていません。

          もう一つ。ピタパンと言えば。最近はあちこちの街に、トルコ風のエスニック味な焼き肉「ドネルケバブ」をピタパンに挟んだドネルサンドを売るお店ができていますよね。
          そんなイメージだけどこれまた和風に、生姜焼きで。
          生姜焼きピタ

          ボリューミーでおいしいです。
          あっさりとハム&トマト&レタスなどのサラダサンドにするものもちろん、おいしいですよ♪

          今回はきれいにふくらますことができてほっとしました。

          JUGEMテーマ:手作りパン



           
          このエントリーをはてなブックマークに追加
           
           
          0
             

            黒豆パンとヤーコンパン

            • 2018.11.14 Wednesday
            • 23:01
            いちごキッチン・YUMIZOです。
                        
            (後日、日付をさかのぼって書き込んでいます)

            HappyCookingのパンコースレシピから黒豆パンとヤーコンパンのレッスンを行いました。
            実は、YUMIZOが師匠のNiNa先生からHappyCookingのパン作りを勉強し始めて、一番最初に習った思い出のメニューです。

            黒豆パンは、黒豆煮を生地に巻き込んでひねりながら成形するパン。
            お正月のお節で余った黒豆の消費メニューにぴったりなので、今の時期にマスターしておくと重宝なパンですよね。
            というわけで、黒豆煮が必要です。

            黒豆煮、既定のレシピもあるんですが、今回は「黒豆煮」の鉄板なレシピとして有名な「土井勝さんの黒豆煮」(1960年代に土井勝さんが新聞や著作で紹介したレシピを息子の土井善晴さんがNHKの「今日の料理」で再度紹介したもの)を、圧力鍋アレンジで時短して作ってみました。
            黒豆煮
            時短・・・と言っても、煮る時間が8時間→10分に短縮しているものの、豆を一晩汁に漬け込む時間、冷ましてもう一晩、じっくり煮汁に漬けて味をしみこます時間が必要なので、レッスンの数日前から仕込みが始まりますが。

            うん、おいしく煮えました。
            黒豆煮
            こちらの黒豆をざるに上げてからキッチンペーパーで押さえてしっかり水分を切ったものをパンの成型時に使っていきます。

            黒豆パン
            うっかりドリュールを塗り忘れてオーブンに入れてしまったため、ツヤ感に欠けますが、きれいにいい感じに仕上がりました。

            黒豆パン

            一方のヤーコンパン。
            健康野菜「ヤーコン」を絞った汁100%のヤーコンジュースを仕込み水に入れて焼く、ほんのり緑色で甘みがあっておいしいパン。
            なんですが・・・実は、レシピで指定されているヤーコンジュースが現在、入手困難な状況になってしまっていまして。ネットに販売サイトは残されているものの、在庫なしのまま放置のようで。
            問い合わせをしても連絡がつかず。HappyCookingの事務局にも相談中なのですが代替法の回答がないままで💦
            とりあえず、独特の編み方に仕上げる「コックコート」というコックさん制服ののボタンに見立てた成型をマスターできれば「パン作り」の面の主旨は学べるということで、ヤーコンではない、大麦若葉系の青汁ジュースを代替として試作を重ね、作ってみました。ほんのりグリーンで見た目はヤーコンジュースにだいぶ近い感じ。モッチリ感が足りなかったり、ヤーコンに含まれる自然なオリゴ糖がない分、甘さが控えめな感じはありましたが、味的には抹茶系の青くさわやかな苦味がほのかに漂うおいしいパンになりました。
            ヤーコンパン

            ヤーコンパンだけど…ヤーコンが入っていない、青汁パンです。。。。
            参加した方へは、後日、ヤーコンジュースが入手出来たらor正式な対応が決まったらフォローしますね。
            ヤーコンパン
            いろいろいくつか試作したのち、最終的に代替になんの青汁を使ったのか・・・は、とりあえずレッスンに参加した方にのみ明かす秘密にしておきます(笑)。

            ドリュールで使い残った卵はオムレツにしてみました。
            試食


            * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *


            【後日追記】
            情報を探して検索なさる方もいらっしゃるかもしれないので・・・・・
            HappyCookingのヤーコンパンレシピについて。
            HappyCooking事務局に問い合わせしたところ、下記のような回答を頂いたこと、書き記しておきます。



            》 ヤーコンジュースの入手先の、三井ヘルプ社が製造を
            》 取り止めていることで、入手ができない件、
            》 ご回答です。

            》 ========================================

            》 ・野菜ジュース、ニンジンジュースなどで代用して
            》  レッスンしていただいて結構です。
            》 ・牛乳や、オレンジジュースでも同じように作ることができます。
            》 ・水は避けてください。
            》   (生地がベタベタになってしまいます)



            15-kitchenのレッスンでなんのジュースを代用に使うことにしたのかは、レッスンを受けてくださった生徒さんだけのヒミツにしておきます(笑)



            * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *


            JUGEMテーマ:手作りパン



             
            このエントリーをはてなブックマークに追加
             
             
            0
               

              サブマリンとかぼちゃクリームロール

              • 2018.10.25 Thursday
              • 23:54
              いちごキッチン・YUMIZOです。
                          
              (日付をさかのぼって書き込んでいます)

              15-Kitchenのレッスンにて、HappyCookingのレシピから、サブマリンとかぼちゃクリームロールを作りました。
              おまけで差し替えメニューのチョコクリームロールも一緒に焼いて。

              サブマリンは潜水艦に見立てた形のパン。縦に並んだクープがポイントです。
              サブマリン
              思った以上に大きく焼きあがるので毎度びっくりします。
              フランスパン用粉を使いますが、卵白を使用するからか、ハードではなく、ふんわり柔らかな食感のパンに仕上がります。シンプルなパンなので、サンドイッチにしたり、パテやジャムなどを塗って食べるのもいいですね♪

              かぼちゃクリームロール
              カボチャクリームロールはカボチャ入りのカスタードをくるくると巻いたちぎりパン。上に振ったサクサクのクランブルがポイントになります。
              ハロウィンのパンにピッタリですね。
              正直、カボチャ好きとしてはもうちょっとかぼちゃ感を出したいところですが、今回はレッスンでしたのでレシピに忠実に。

              おまけメニューで、具違いのチョコクリームロールもご紹介。
              プレーンのカスタードクリームに、溶けない焼き菓子用チョコチップを散らして巻いたものです。
              チョコクリームロール
              こちらも、子供に大人気のパンです。
              ちぎっているうちに思わず一人で全部食べたくなっちゃうパンです。カロリー高いけどね!!

              試食
              おいしいパンが焼きあがると幸せです。


              JUGEMテーマ:手作りパン



               
              このエントリーをはてなブックマークに追加
               
               
              0
                 

                自家製酵母のワインのパンと、自家製酵母のクッペ 作ってみた

                • 2018.10.06 Saturday
                • 22:38
                いちごキッチン・YUMIZOです。
                            
                (日付をさかのぼって書き込んでいます)

                先月、藤田裕子先生のいちごきっちんで習った「自家製ぶどう酵母のワインのパン」を作ってみました。

                干しブドウ(レーズン)ではなく、種あり・無農薬の生のぶどうから起こすぶどう酵母、ってことですが・・・改めてご近所のスーパーに並んでいるぶどうはどれも種なしばかりで。現代日本人、すっかり種なしぶどうが定番になってしまったのね。
                そんな中、長野県産のぶどうで酵母液を仕込んでみました。
                ・・・・が4日たってもいまいち元気がない感じ。

                レーズン酵母の時のような、勢いのいいプシュッと感や、下から湧き上がってくるような泡がないのです。
                地味にプツプツ発砲しているし、いい香りはしているんですがね・・・・。
                ↑プシュっとあふれるのを覚悟してお皿を下に敷いてふたを開けたんですが、まったくもって溢れるどころじゃなかったです。

                こんなもんかなぁ・・・??
                この後、2日おいて、底にオリもたまってきたので、元種作りに移行してみました。
                裕子先生にも相談メールしてみて(お忙しい中、返信くださってありがとうございます!!)、「元種を作ってみて膨らんだらOK」と回答を頂き、やってみたら、元気に膨らみました! 大丈夫だったみたい。

                というわけで、ドライフルーツのワイン漬けも仕込んで、作ってみましたよ、ワインのパン!
                ワインのパン
                ドライフルーツたっぷりでおいしいパンです。

                一方、こちらはレーズン酵母→クイックヨーグルト酵母から育てた元種で作った、自家製酵母のクッペ。
                自家製酵母のクッペ
                レーズンは安定の成功率ですね。
                ハムやサラダを添えて、ガーリックバターを塗ったり、ピーナツバターやジャムと、各々好きなトッピングで楽しみます。

                週末は焼きたての自家製酵母パンが食卓に並びます。
                家族が笑顔になる時間です。


                JUGEMテーマ:手作りパン

                 
                このエントリーをはてなブックマークに追加
                 
                 
                0
                   

                  HappyCooking・藤田裕子先生の「塩バターホーローパン」レッスンに参加しました

                  • 2018.09.22 Saturday
                  • 21:07
                  いちごキッチン・YUMIZOです。
                              
                  (日付をさかのぼって書き込んでいます)

                  HappyCooking 東京本校にて、「塩バターホーローパン」のレッスンに参加してきました。外部講師は「いちごきっちん」の藤田裕子先生
                  ホーロー容器にみっしり詰まった塩バターロールパンがとっても魅力的で! 数か月も前からずっとこの日を楽しみにしていました♪

                  とはいえ、「今日のパンは簡単じゃないですよ。体育会系。」「ブートキャンプ。」と先生の予告。
                  そう、前に習った「魔法のホーローパン」は、捏ねるのがほんの少しなんですが、このパンは本格的な手捏ねパンなのです。

                  というわけで手捏ねをせっせと。
                  手捏ね
                  先生の捏ねや生地のまとめは手早くて、本当にきれいにまとまります。
                  今日は先生の左斜め後ろ位置を陣取って、先生の手先の動きをしっかり見て勉強しました。写真連写しまくり。(先生からパー子さんと言われてみたり(笑))

                  そしてロールに成形していきます。
                  成形
                  バターを中に巻き込むのですが、そこは裕子先生、発酵食品・塩麴が隠し味アイテムとして登場します。
                  なるほどー、そんな使い方もあるのね。と。
                  伸ばし方、巻き方も細かくポイントを教えて頂いて、とっても勉強になりました。

                  そしてホーロー容器に詰めます。
                  容器に詰めて

                  で、発酵するとこんなにふっくら!
                  発酵後

                  焼いたらこうなります。
                  焼けた
                  普通の、塩バターロールは、焼くと、中に巻いたバターが溶け出してきて天板がベタベタになるそうですが、ホーロー容器で焼くことで外へ流れ出ず、生地がその溶けたバターを吸い戻して、底は揚げパンのような感じのカリッジュワッな状態に。めっちゃおいしいです。

                  こちら断面。
                  断面
                  仕上げに振った、大きめ粒の岩塩がアクセント。


                  試食タイムは、他に先生が試し焼きしたという、ドライフルーツのパンとココナッツのパン。
                  ココナツミルクのほんのり甘いパン・・・これもまたおいしくて。ぜひ、また習いたくなります。

                  今日は焼いたパンのお持ち帰りです。
                  前から塩バターロールが好物の息子、とても喜んで食べてくれました。

                  そしてそして。
                  藤田裕子先生オリジナルの『いちごホーロー』、注文していたのでその場で受け取ってきました♪

                  いちごホーロー



                  先生のこだわりがつまったいちご柄のホーロ―容器セット。
                  可愛いいちご柄です。
                  ・・・まず箱から「いちごきっちん」って書いてあるし!
                  容器の裏にも「ICHIGO KITCHEN」って書いてあるし!
                  これは私が使わないでだれが使うっ!ってぐらいに。

                  ・・・いや、何度も言うように、たまたま偶然の一致なんですが。
                  YUMIZOのこのブログ「いちごキッチン」と藤田先生の「いちごきっちん」。
                  偶然、同じ名前で。
                  「いちご一会」って先生がおっしゃっていたのですが、ご縁に導かれるようにすっかりファンになっているYUMIZOです。
                  いちごホーロー、せっかく買ったので、パン作りはもちろん、おかずに、保存に・・・と日常的にガンガン活用させていただきます。

                  JUGEMテーマ:手作りパン



                   
                  このエントリーをはてなブックマークに追加
                   
                   
                  0
                     

                    ホーローパンフォカッチャと発酵アヒージョを作ってみた

                    • 2018.09.04 Tuesday
                    • 23:56
                    いちごキッチン・YUMIZOです。
                                
                    (日付をさかのぼって書き込んでいます)

                    久しぶりにホーローパンを作りたくなったので、作ってみました。ホーローパンは、藤田裕子先生のレッスンで教えていただいたレシピです。ホーロー容器の中で捏ねて、成形して、発酵させて(長時間冷蔵)、焼成まで、全部が完結しちゃう便利でおいしいパンです。

                    今日作ったのはフォカッチャ。
                    ベランダ栽培のミニトマトをドライトマトにしたものをトッピング。たくさん乗せたくてなんだかいっぱい穴をあけてしまいました。やりすぎ?(苦笑)。

                    そしてそのレッスンの時に一緒に習ったサイドメニューの発酵アヒージョも。こちらもホーロー容器で作ります。エビとマッシュルームがおいしいアヒージョ。自家製塩こうじを入れるのがポイント。
                    ホントはオリーブの実を入れるのですが。。。今日は手に入らなかったので、代わり?にきのこ多めで。オリーブがない分のイタリアンっぽさを演出するアイテムとしてベランダ栽培のイタリアンパセリをドライにしたものをちょっと入れてみました。勝手アレンジ加えてすみません💦

                    フォカッチャとアヒージョ

                    ふんわりとしたフォカッチャ、めっちゃおいしいです。
                    ついつい食べ過ぎてしまう〜〜〜〜。
                    自家製ドライトマトがまた、ぎゅっと濃厚なトマト味でウマウマ。
                    皮が固くて持て余していたベランダミニトマト、すべてドライにしちゃいました。

                    そしてアヒージョがまたおいしくて。
                    残りは、翌日、サラダの上に乗せてちょっとポン酢を回しかけたらドレッシング代わりになってめちゃうまでした。

                    JUGEMテーマ:手作りパン



                     
                    このエントリーをはてなブックマークに追加
                     
                     
                    0
                       

                      profile

                      profilephoto

                      search this site.

                      calendar

                      S M T W T F S
                         1234
                      567891011
                      12131415161718
                      19202122232425
                      262728293031 
                      << July 2020 >>

                      selected entries

                              
                        次のページ>>


                             

                      categories

                      archives

                      料理教室案内


                      日本ヴォーグ社「HappyCooking」と、Cotta「おうちパン講座」のカリキュラムでレッスンする、パン&ケーキのお料理教室、
                      15-Kitchen」(いちごキッチン)
                      東京都江戸川区にて、開催しています。
                      ご参加お待ちしています♪

                      「いちごキッチン」はYUMIZOの登録商標(登録第6080177号)です。

                      Powered by クスパ


                      バナー おうちパンマスター.jpg


                      ロゴ_コッタ

                      レシピ集&アイテム









                      recent comment

                      • いちごホーローでショコラケーキを作ってみた
                        YUMIZO (11/11)
                      • いちごホーローでショコラケーキを作ってみた
                        はーい♪にゃん太のママ (11/11)
                      • 自家製酵母の「ワインのパン」のレッスンを受けてきました
                        YUMIZO (10/01)
                      • 自家製酵母の「ワインのパン」のレッスンを受けてきました
                        リエ (09/30)
                      • おうちパンの「切りっぱなしパン」を作ってみた(1) コーンパンと全粒粉くるみパン
                        YUMIZO (06/18)
                      • おうちパンの「切りっぱなしパン」を作ってみた(1) コーンパンと全粒粉くるみパン
                        鈴木利江 (06/17)
                      • 「ひよこ豆のフムス」を添えたサラダ
                        YUMIZO (09/04)
                      • 「ひよこ豆のフムス」を添えたサラダ
                        鈴木利江 (09/01)
                      • チャヤマクロビオティックススイーツ「Soyザッハトルテ」
                        YUMIZO (11/14)
                      • チャヤマクロビオティックススイーツ「Soyザッハトルテ」
                        にしの (11/12)

                      links

                      others

                      mobile

                      qrcode

                      powered by

                      無料ブログ作成サービス JUGEM