ヨーグルトと自家製甘酒でスムージー

  • 2018.06.30 Saturday
  • 15:45
いちごキッチン・YUMIZOです。
            
(日付をさかのぼって書き込んでいます)

ちょっとぼやき。
時々、いろいろな食関連イベントに参加してはレポートを書いたりしています。食関連サイトの、登録ブロガー向けイベントだったり、料理教室検索サイトの料理教室講師向けイベントだったり、メーカーのユーザー向けイベントだったり。いろいろデモを見たり体験したり試食したりした後、試供品等お土産を頂いて、「イベントの様子をブログやSNSに紹介してね」というミッションが出されます。
以前はブログだけだったんだけど、ツイッターに、Facebookに、Instagramに・・・と対象が増え、こっちも「え?それはインスタにも載せた方がいいの? やったことないのにーーーー。」とよくわからないままに、登録を増やして収拾がつかなくなってきました。どこに何の記事を書いたやらわからなくなってきた。
似たような記事をあちこちに書いたり、書いたつもりがここには書いてなかったり・・・・。
Facebookは「教室はページを」とか言われたり・・・。そもそもYUMIZOのFacebookは直接知っている方のみに公開しているので、仕方なく一般公開の「ページ」ってのも登録しました。
ブログにハッシュタグつけてってご指定頂いても、ここJUGEMのブログサービスはアメブロと違ってハッシュタグ対応したないし。ブログと言ったら今はアメブロが主流なんでしょうか・・・・・。
アメブロは、気になったブロガーさんの読者限定記事を読むだけのためにユーザー登録しましたが、自分では一度も記事を書いていません。リードオンリーです。 今後も「いちごキッチン」や「15-Kitchen」だよりをはじめYUMIZOが書くブログはJUGEMで書いて、基本、ツイッターやフェイスブックは記事の転載を中心に・・・。
インスタはそっちに載せた写真をここに引用できることに気づいたので先にインスタに載せることもあるかもです。(って書きながら引用しようと思ったらまとめて複数枚の写真をアップするとここでは1枚しか選べないことが発覚…使えないや 涙)

ぐちぐちすみません。爽やかな写真を。

最近、よく作ってるスムージーです。
スムージーの材料
↑本日の材料
●ヨーグルト(自家製)
●甘酒(自家製)
●バナナを凍らせたもの
●市販の冷凍ベリーミックス
●小松菜
●牛乳
●氷2〜3かけら

ヨーグルティアで作ったヨーグルトと甘酒です。
以前ははちみつや砂糖、シロップなどで甘みを追加していたのですが、甘酒(薄めていない状態の濃いドロドロのもの)を使ってみたら自然な甘さでおいしかったので。飲む点滴とも言われて今、割と人気ですよね。
果物はバナナを基本にその時々であるものを2センチ角弱に切ったものを冷凍して常備しています。今回はたまたま買ってみた冷凍のベリーミックスで。野菜は入れたり入れなかったり、今日は小松菜で。
それぞれ1〜2センチにざっくり切ってガーっとやります。
うちは1〜2人分の時はイワタニのミルサーを使ってます。なんかのポイント交換でゲットした品。ハンディブレンダーとかフードプロセッサー、ミキサーでもいいかも。
20180630-21-甘酒ヨーグルトミックスベリーバナナ小松菜スムージー.jpg
なめらかになったら完了。

20180630-22-甘酒ヨーグルトミックスベリーバナナ小松菜スムージー.jpg
おいしくて健康にもよさそう?です。
けっこう頭がキンキンになるほど冷たいです。

なお、お片付けには、お水を容器の2/3量ぐらいと洗剤一滴入れてガーっとひと回しすると簡単にきれいになります。その後水でさっと流すだけで細かい部位までほぼ汚れ落ちします。お勧め。

ミルサー、少量作るには便利なんですが、いかんせん、パワー不足です。ハンディブレンダーも仕様見るとけっこうそうだけど・・・。1〜2分しか持たないのよね。安全装置でストップしてしまう〜〜!でもパワーのあるフードプロセッサーはこういう1杯分のような少量はきれいになめらかに出来なくて・・・・そんなこんなで調理道具が減らない我が家です。バイタミックス憧れるけど高すぎますxxxx。


JUGEMテーマ:料理


 
このエントリーをはてなブックマークに追加
 
 
0
     

    梅シロップ 3週間後

    • 2018.06.28 Thursday
    • 17:05
    いちごキッチン・YUMIZOです。
                
    先日、漬け込んだ梅シロップですが、3週間経ってだいぶエキスが出てきました。
    梅シロップ3週間後
    少しだけまだ底に氷砂糖がたまっていますが、だいぶ、いい感じ。

    ちなみに漬けた日↓


    そして8日後↓


    実はだいぶシワシワになっています。
    しっかりエキスが出たことね。
    今回は食べるところがあんまりなさそうです。

    今、飲める状態の在庫が全くなくて、子供からは「まだ梅ジュース出来ないの??」と催促されております。

    JUGEMテーマ:料理



     
    このエントリーをはてなブックマークに追加
     
     
    0
       

      梅シロップ、漬けました

      • 2018.06.08 Friday
      • 23:33
      いちごキッチン・YUMIZOです。
                  
      過去、たびたび、この季節になると書いている話題ですが、今年も梅の時期ですので、梅シロップを付けました。

      青梅がいいというのが通説ですが、香りが好きで何年かずっと南高梅のしかも黄色く熟した実で付けていたのですあ今年は南高梅ではなく、群馬県産の梅で。青梅の状態で購入。
      青梅

      でもやっぱり香りがなくて、いや、一般的なレシピではシロップは完熟梅ではなく青梅で付けて実がシワシワになるのが正解ってなっているんだけど・・・私は我流でやってるんで。2日程、常温にて追熟させてみました。
      追熟梅
      程よく黄色味がでてきて、梅の香りがふわーーっと部屋中に。

      それを漬け込みました。
      最初から汁が出ていそうに見えますが、私のレシピではリンゴ酢を少し加えているのでその水分です。
      梅シロップ漬け込み

      私のレシピは過去記事↓をどうぞ。


      あ、ちがう!
      もともと、上記↑のレシピだったんですが、どうも、息子の友達たち、平成っ子くんたちは、飲み慣れていないのか梅ジュース「酸っぱい 苦手」と不評だったんで、現在は梅1.5kg(とリンゴ酢250ml)に対して氷砂糖2kgにして、梅と酢に対して砂糖が250g多いという計算ですね。砂糖が規定よりも多くなることで発酵しにくくなるらしいという説も読んだんで・・・うちの梅シロップが煮たりせずに1年置いても発酵しないのはそのせいかも。あとうちのプラ製梅酒瓶は発酵した場合にガスを排出するための弁がついているので発酵してても平気なのだと思います。ゆすった時に時々「プシュッ」って弁からガスが抜けるんで、多少、発酵しているのでしょう。アルコール臭とかは全くしてないけど。

      実の事前冷凍もしないし、実は1年間入れっぱなしだし、出来上がったあと煮沸もせず、常温保存で、冷蔵するのは当面の飲む分の小分け瓶だけです(飲むたびに口を開けて空気に触れる回数が多くなるから、一応)。
      ですが、カビが生えたこともないしアルコール臭がするような発酵をしたこともありません。1年後に小分け瓶に移し替えた後、さらに1年〜1年半取っておいたものを飲んでも特に味がおかしいこともなく、毎度最後までおいしく頂いています。
      が、まあ、その辺は自己責任で。

      自家製酵母パンを作ったり味噌作ったり甘酒作ったり塩麹作ったりヨーグルト作ったり・・・っていうのを日常的にやっていると「発酵する」はイイコトというイメージなんですが、梅シロップ作りに関してはネット記事を読むとだいたい「発酵してしまった」「発酵を防ぐには」ってワルイコトとして書いてあって、発酵、ダメなの???って思ってしまうのですが。(酔っぱらうほど、アルコールが発生しちゃったら密造酒になるのかもしれませんが、そうなったことは一度もありません)

      JUGEMテーマ:料理



       
      このエントリーをはてなブックマークに追加
       
       
      0
         

        日本ハム「石窯工房」ピザシリーズの「石窯工房専用ピザストーン」が当たった!

        • 2018.03.24 Saturday
        • 13:38
        いちごキッチン・YUMIZOです。
                    
        今日は市販のピザの話。

        日本ハムの「石窯工房」のピザシリーズ、近所のスーパーで2週間おきの日曜日に特売をしているので、日曜ランチに時々買っています。息子も主人もピザ好きなので。

        で、昨年末、「石窯工房専用美濃焼ピザストーン」が当たるキャンペーンをやっていて、Twitter応募と、せっせと貯めたバーコードをハガキで応募×数通の2パターンで、応募してみたら、当たりました。
        やったー。

        届いたのはこちら。
        ピザストーンとキャリー
        美濃焼の丸いピザストーンにストーンキャリーがついています。キャリーに載せて焼くということなんですが・・・大きさ大丈夫かな?と不安でしたが、うちのオーブントースター、ギリギリ入りました。
        ちなみにオーブンでもOKです。

        さて、焼いてみました。
        本日、焼いたのは「石窯工房 マルゲリータ」。定番中の定番ですね。
        グツグツと、いつもより心なしかこんがり焼けている感じ?
        ピザ焼けた
        食べてみたら、縁がカリカリに焼けています。そして、いつも、トースターから大皿に取り出していたんですが、そうすると真ん中あたりが蒸気で蒸れてシナっとなってきてしまっていたのですが、ピザストーンに載せていると大丈夫みたいです。真ん中もサクっとした食感を維持しています。

        息子談「おお。いつもよりカリカリしてるねー。」

        10歳の子供にもわかる、ストーンの効果です。

        そして、数分後もまだストーンは余熱で熱いので、最後の1切れまでアツアツで食べることができました。
        最後の一切れまでアツアツ
        満足!
        石窯工房、ありがとう。おいしいです。

        ちなみに、このストーン、今もキャンペーンやってます。
        Twitterで応募する「フォロー&リツイートキャンペーン」
        100名様なので、確率は低いかな。
        確実にゲットしたいなら公式オンラインストアで販売しています。販売していますが、けっこういいお値段なので、どうせ買うならデロンギのピザストーンを安く入手できる通販サイトを探した方がいいかも、です。
        ピザ好きな方、ピザストーン、お薦めです!

        これ、自家製ピザにも使えそうですね。
        「ピザ以外の調理には使わないで」と説明書に書いてあるのですが、手作りピザ、OKだよね(笑)。
         
        このエントリーをはてなブックマークに追加
         
         
        0
           

          おうちパン講座受講 課題6「チーズパン」

          • 2018.01.17 Wednesday
          • 17:11
          いちごキッチン・YUMIZOです。
                      
          「おうちパン講座」の通信講座。課題その4。
          「チーズパン」です。

          フライパンパンの応用でスライスチーズを焼き時間の真ん中、ひっくり返す前にスライスチーズを乗せてからひっくり返します。(チーズが底になる)→で、焼き上がり、チーズ面を上に戻して出来上がり。

          チーズパン

          カリっとしたチーズが香ばしくて最高!!

          ふっくらもっちりに焼き上がりました。
          ちなみにどちらもフライパンで焼いていますが、3個は卓上型IH調理器の自動温度設定180℃で、5個はガスコンロの手動による火力調節で焼いてみました。分けなかったらどっちがどうかわからないくらい、同じ感じで焼き上がりました。
          いい感じ。うちのフライパン、熱伝導率がよいフライパンなのできれいに焼けるみたいです。

          そのまま食べてもおいしかったんだけど、1個、スライスしてレタスとトマトにマヨ掛けをサンドして食べてみました。
          うんまーーーい。
          幸せなランチタイムです。
          バナー おうちパンマスター.jpg
           
          このエントリーをはてなブックマークに追加
           
           
          0
             

            今年もお味噌を仕込む季節です。

            • 2018.01.11 Thursday
            • 22:01
            いちごキッチン・YUMIZOです。
                        
            毎日寒いです。
            ということは、今年もお味噌を仕込む季節になりました。

            朝、大豆を洗って水につけるところから始めて、夕方には煮てつぶした大豆を塩切り麹と合わせて容器に詰めて・・と仕込み作業。

            味噌仕込み中

            今年も、昨年同様、配合は1.5倍麹の減塩味噌です。

            ↓これが去年の記事ね。


            自分自身のメモの為にまとめたCOOKPADのレシピ、間違いなしに、容器にちょうどいい量でカビが生えることもなく自分好みの味噌が作れるので、自分でこれ見て作りました。

            長文になりますが、レシピ、再掲載しておきます。



            毎年2容器作るうちの1容器分だけなので、また後日、もう1回、作業する予定です!
             
            このエントリーをはてなブックマークに追加
             
             
            0
               

              おうちパン講座受講 課題4「チョコスティックパン」

              • 2018.01.10 Wednesday
              • 23:50
              いちごキッチン・YUMIZOです。
                          
              「おうちパン講座」の通信講座。課題その4。

              チョコスティックパンです。
              最初の課題「ミルクスティックパン」の応用で、粉にココアを混ぜ、トッピングとしてチョコチップも混ぜたダブルチョコ。

              今回もオーブントースターとフライパンの2種類熱源で。
              前回の経験を踏まえ、打ち粉をしっかり振って生地を取り出し、カットしたら台に張り付くことなく、生地も伸びずにきれいにオーブンシートに移すことができました。

              20180110-17-チョコスティックパン.jpg

              これはおやつにいいですね。
              子供が喜んでパクついていました。

              今回も無事、審査通過しました。
              バナー おうちパンマスター.jpg
               
              このエントリーをはてなブックマークに追加
               
               
              0
                 

                ドデカパン 夏みかんピール入り

                • 2018.01.01 Monday
                • 23:33
                いちごキッチン・YUMIZOです。
                            
                年末に、パン・ケーキ食材↑ラッピング包材のオンラインサイト「ラッピングストア(コッタ cotta)」でお買い物をすべくネットを見ていたところ、ふと目が留まった「資格を取ってステップアップ おうちパンマスターに挑戦」というページ。パンやお菓子の本なども出版されている吉永麻衣子さんの教室minnaとCottaが共催で始めた講座&認定資格だそうです。

                パン教室の講師資格「マスター」取得が安価でできる上、↑ここのサイトに書かれている
                ●生地をこねるのに時間が掛からないし、作業台が汚れない
                ●発酵する時間を気にせずに、好きな時にパンが焼ける
                ●冷蔵庫でゆっくり時間をかけて発酵させる
                ●出来たパン生地を数日保存できる
                ●難しい成形がない
                ●オーブンがなくても、焼ける

                っていう特徴にすごく惹かれました。
                熱源に、オーブンだけでなく、オーブントースター、フライパン、魚焼きグリルでも焼けるので、オーブンレンジを占有しない、忙しい時に本当に助かるパン。
                普通にパンを焼くと、発酵や焼きで長時間、オーブンレンジを使うので、その間、ちょっとおかずを温めるとかそういうことにレンジを使えないのが困っていたのです。夜、パンを作っている途中にだんなさまから「今から帰る」ってメールが来ると、「うわーーー、夕飯温めどうしよう!」ってことが度々あって。このパンならすべて解決じゃん!って。
                そして型を買わなくてもいい、というのはこれからパンを始めようとする人にはすごく入りやすいかなと。
                「あれもこれも型買わなくちゃできないの??」ってなると敷居が高いよなーと感じていたのです。

                ならば。
                「私がこれから本格始動しようとしているいちごキッチンの教室はHappyCookingの本格的なレシピに加えて、おうちパン講座の簡単で時間に縛られないレシピの2本立てで行ったらいいかも!」と思い、勉強してみることにしました。

                で、通信講座を申し込んだものの、すでに年末年始の為、講座受講開始は年明けから・・・・・待ちきれない!って気持ちだったところに、年末に注文しておいた材料とともに産公共財である吉永麻衣子先生の本が届きました。

                ただ材料を混ぜるだけ、発酵は冷蔵庫におまかせ! 簡単もちふわドデカパンただ材料を混ぜるだけ、発酵は冷蔵庫におまかせ! 簡単もちふわドデカパン

                この本は、プラ製の保存容器に材料を計量してスプーンで混ぜたら冷蔵庫発酵、翌日〜5日目までの好きな時に焼くだけという、パンの本。成形も3つ折りするだけで簡単。焼き型もいらないし、時間に縛られず、2次発酵もなく冷蔵庫に仕込んであれば思い立った時に時に20分ほどで焼き上がるパンです。高加水なもっちりパンです。


                前の日5分→朝10分で焼きたて! 簡単もちもちスティックパン前の日5分→朝10分で焼きたて! 簡単もちもちスティックパン
                この本は指ぐらいの細さで、長いスティックパンの本。
                成形は伸ばしてピザカッターで切るだけ。
                小さいので焼き時間が短いのがいい感じ。



                冷蔵庫で作りおきパン いつでも焼きたて―週末生地を作って平日食べたい分を焼く冷蔵庫で作りおきパン いつでも焼きたて―週末生地を作って平日食べたい分を焼く
                この本は、焼く前に分割して成形するパン。仕上がりが一般的なパンに近く、いろいろトッピングしてアレンジの幅も広いパンです。成形に時間がかかる分、出来上がりにはちょっと時間を要すかな?? 型を使う場合も、牛乳パックを切って自作する方法が載っているしいろいろな熱源を使う焼き方が載っているのも嬉しい本です。




                というわけで、待ちきれないので、とりあえず講座を始める前に本を見て作ってみようと、大みそかの夜にドデカパンを仕込んでみました。イタリアンおせちの為にバゲットなどを買ってあったので、焼くなら甘い味のパンが欲しいだろうな(息子が)ということで、いきなりですが、トッピング入りのパンにしてみました。
                夏みかんピール入りのドデカパン。
                今回は初めてなので熱源は冒険せず、オーブンにて。
                高加水のドロッとした、とても手では触れないような生地でしたが、高加水リュスティックの実習経験があったので「これは本当にたっぷりと打ち粉だな」と、レシピにも書いてあったけど、たっぷりと強力粉を降って保存容器から出しました。成形はめっちゃ簡単。ドレッジで持ち上げるように3つ折りしてそのまま焼くだけ。
                20180101-40-ドデカパン 夏みかんピール.jpg
                もっちりとしたおいしいパンができた!!!

                元旦からパンを焼くとは・・・今年も頑張ろうっと!

                通信の講座は9レシピ作ってFacebookにて写真提出して添削を受ける方式です。
                講座が始まるのが楽しみです。
                 
                このエントリーをはてなブックマークに追加
                 
                 
                0
                   

                  HappyCookingの「グルテンフリーレベルアップ講座」(2回目)に行ってきた

                  • 2017.07.31 Monday
                  • 23:19
                  いちごキッチン・YUMIZOです。
                              
                  (日付をさかのぼってアップしています)

                  スキルアップ&視野を広げるため、参加を決めたHappyCookingの東京本校でのグルテンフリーレベルアップコースの、今日は第2回目の講習に参加してきました。

                  今日も盛りだくさん!

                  これまで、グルテンフリーのパンはトロトロな生地で、成形ができなくて、型に入れて焼くモノばかりだったのですが、「ミズホチカラ」という米粉と、保水力のあるサイリウム(オオバコ)の粉を使うことで成形可能な生地を作ることができたのだそうで。新しい作り方のパンを習ってきました。

                  米粉ロールパン
                  グルテンフリーの米粉で、ちゃんとロールパンに成形できました。
                  すごい!!画期的です。
                  これができたらいろいろな形に応用できますねー。

                  さらに、米粉で、ベーキングパウダーも、卵も乳製品も不使用のマクロビシフォンケーキも。
                  「ミズホチカラ」と「こめっこ40」という2種類の粉で作り比べデモを見せて頂きました。
                  20170731-09-Happyグルテンフリーレベルアップ 2回目.jpg
                  濃い豆乳を泡立てて、米粉を入れて‥‥生地を作ります。
                  手乗りサイズの小ぶりなシフォン型に流してホイルで覆って・・・。
                  20170731-11-Happyグルテンフリーレベルアップ 2回目.jpg

                  焼き上がりました。
                  20170731-19-Happyグルテンフリーレベルアップ 2回目.jpg
                  白いけど・・・ちゃんとシフォンになってる。こめっこ40という粉は特別に粒子が荒い粉だそうですが、その粉の方がきめの細かいケーキに仕上がるのだとか。

                  20170731-32-Happyグルテンフリーレベルアップ 2回目.jpg
                  試食・・・・えっと、蒸しパンに近い感じがしないでもないけど。
                  卵なし、乳なし、白砂糖なしのマクロビでこんな風にシフォンケーキになるなんてすごい!
                  デコレーションして仕上げたらステキですね。

                  デリとしては、「米粉のポテトニョッキ・チアシード入りソース」を作りました。たっぷりのキノコとスーパーフード・チアシードで体によさそう!
                  20170731-35-Happyグルテンフリーレベルアップ 2回目.jpg

                  他にドライフルーツとナッツをたっぷり入れてフードプロセッサに掛けて丸めたビューティーボールも。
                  おいしくてヘルシーなメニューで元気になった気がする1日でした。
                   
                  このエントリーをはてなブックマークに追加
                   
                   
                  0
                     

                    スイカの皮自家製酵母から、全粒粉でカンパーニュ・・・ちょい失敗。

                    • 2016.10.04 Tuesday
                    • 17:26
                    いちごキッチン・YUMIZOです。
                                
                    フェリシモの「エコラ めざせ! 酵母マイスター! 自家製酵母でパンづくりを楽しむ スローベイキングワークショップ」にチャレンジ中。

                    先日、スイカの皮の自家製酵母から、雑穀カンパーニュを作ったものの、発酵不足からか、目が詰まっていてふくらみが悪く水っぽくどっしり感のある仕上がりになってしまったため、今日はリベンジを・・・。

                    焙煎雑穀パウダーがすぐには手に入らないので、レシピで代替として載っていたのを参考に、国産全粒粉に替えて。
                    強力粉は本来、エコラのキットでは国産強力粉が入っているらしく、家にもはるゆたかブレンドやゆめちからブレンドなどの国産強力粉は在庫しているんですが、「ふくらみが悪い」という失敗を取り戻すために、まず膨らみやすい方法で、ということで今回は輸入小麦で。その分、水分は調整分としてレシピに書かれている水の量目いっぱいで作ってみました。

                    今日は気温が高めだったこともあり、順調に膨らみます。やっぱり「焙煎雑穀」と「全粒粉」では様子も違うのかな。
                    レシピ上、6〜10時間となっている一次発酵。前回、7時間おいてもふくらみ不足だったのを見切り発車しちゃったんですが、今日は5時間でかなりのふくらみ。念のため、5時半で次の工程へ。
                    丸めて生地休め→成形して発酵かごに入れて2次発酵。レシピ上、2〜3時間となっているところ、2時間40分でばっちり膨らんでいます。

                    天板にひっくり返して焼成!

                    ・・・ここで、一つ、工程を忘れてしまいました。失敗。
                    (ちょっと子供が急に発熱したりして慌ててて・・・とかごにょごにょ言い訳・・・。)


                    出来上がり。

                    カンパーニュ クープ入れ忘れ


                    すごい膨らんだ! 膨らみすぎて底が持ち上がるぐらい・・・???
                    ん?? ん??
                    なんか変だぞ!

                    あ!

                    失敗に気づきました。

                    クープを、入れるのを忘れました。
                    だから、空気の逃げ場がなくってそこが持ち上がっちゃったんですね。
                    なんだか、上だけじゃなくそこも丸く膨らんだパン。

                    断面です。
                    カンパーニュ断面
                    クープ入れ忘れの影響で、あまりにも大きすぎる気泡がたくさん・・・・。

                    しかし。
                    しっかり発酵したので、今回はパンの食感はばっちり。ふっくらしておいしく仕上がっています。
                    クープさえ、入れていれば成功したのにね。残念。

                    次回、再チャレンジしてみます。
                    失敗をして反省して、だんだんと、スキルアップしていくのだ! と、自分に言い聞かせる。

                    とりあえず。
                    以前の、ふっくらとしたカンパーニュができた時は、「自家製酵母」といいつつ、イーストの力も借りていたのですが、自家製酵母の力だけでここまで膨らむパンが作れるようになったのは、だいぶ進歩かな、と思っています。
                     
                    このエントリーをはてなブックマークに追加
                     
                     
                    0
                       

                      profile

                      profilephoto

                      search this site.

                      calendar

                      S M T W T F S
                      1234567
                      891011121314
                      15161718192021
                      22232425262728
                      293031    
                      << July 2018 >>

                      selected entries

                      categories

                      archives

                      料理教室案内


                      日本ヴォーグ社「HappyCooking」と、Cotta「おうちパン講座」のカリキュラムでレッスンする、パン&ケーキのお料理教室、
                      15-Kitchen」(いちごキッチン)
                      東京都江戸川区にて、開催しています。
                      ご参加お待ちしています♪

                      Powered by クスパ


                      バナー おうちパンマスター.jpg


                      ロゴ_コッタ

                      Counter

                      【訪問者数】
                          from 2010.04.01
                        合計  
                        今日  
                        昨日  

                      レシピ集&アイテム









                      recent comment

                      • おうちパンの「切りっぱなしパン」を作ってみた(1) コーンパンと全粒粉くるみパン
                        YUMIZO (06/18)
                      • おうちパンの「切りっぱなしパン」を作ってみた(1) コーンパンと全粒粉くるみパン
                        鈴木利江 (06/17)
                      • 「ひよこ豆のフムス」を添えたサラダ
                        YUMIZO (09/04)
                      • 「ひよこ豆のフムス」を添えたサラダ
                        鈴木利江 (09/01)
                      • チャヤマクロビオティックススイーツ「Soyザッハトルテ」
                        YUMIZO (11/14)
                      • チャヤマクロビオティックススイーツ「Soyザッハトルテ」
                        にしの (11/12)
                      • 日比谷のチャヤマクロビに行ってみた
                        YUMIZO (10/26)
                      • 日比谷のチャヤマクロビに行ってみた
                        にしの (10/26)
                      • アレルギー対応の「米粉食パン」と「米粉のピザ」 & ディプロマ認定頂きました!
                        YUMIZO (10/24)
                      • アレルギー対応の「米粉食パン」と「米粉のピザ」 & ディプロマ認定頂きました!
                        にしの (10/24)

                      links

                      others

                      mobile

                      qrcode

                      powered by

                      無料ブログ作成サービス JUGEM