レシピブログ×「デザイン家電±0 新商品発表会」に参加してきました。

  • 2018.12.13 Thursday
  • 23:58
いちごキッチン・YUMIZOです。
            
直接的には食関連のイベントではないのですが、レシピブログ/クッキングラムから案内を頂いたイベントということで記事を掲載します。

シンプルでありながらオシャレな家電や雑貨を出している「±0 (プラスマイナスゼロ)」の新商品発表会に参加してきました。

オシャレなカフェがいっぱいある!ってイメージの池尻大橋へ。
いつもはレシピブログのイベントというと、料理ブロガーさんたちが参加して、紹介商品のメーカーさんが説明してくれて、有名料理ブロガーさんがそれを使って料理デモしてくれて、試食して、周りにメーカーさんの関係者やプレス(報道)の方がいて・・・というスタイルなのですが、今回はレンタルイベントスペースの会場に、ステージ前の座席はプレスの方がいっぱい! あと有名料理ブロガーさんのお姿も! 座席後方にはプロ仕様なカメラ機材&ビデオ機材を持つカメラマンさんたち。でサイドスペースに私たち一般料理ブロガーが待機という形式でした。プレス向けの新商品発表会を覗かせてもらうって感じですね。
発表会会場
↑こんな感じで盛況です!

会場入り口ではフレーバー炭酸水とチョコレート、ブラウニー、カカオフィナンシェを頂きました。
チョコ
近くのチョコレートショップ「CRAFT CHOCOLATE WORKS」のものだそうです。チョコの味が濃くておいしかった!

今日発表された商品はこちらの2つ。
空気清浄機とコードレスクリーナー
空気清浄機C030と、コードレスクリーナーVer.3 C030です。
どちらも明日、12/14発売の新製品!!

・・・・ごめんなさい、正直に言って、「±0」というブランド、知りませんでした。
家電だけど、大手家電量販店などに出していないそうです。聞けば通販を中心に展開しているのだそうで。
「±0」とは「ちょうどいい」を表しているのだそうで、モノトーンでシンプルな機能だけどおしゃれで、部屋の中に置いて、生活感が出なくて違和感が出ない感じの、おしゃれなデザイン・・・・。いい意味で、流行りの「SNS映えしそう」っていう言葉がぴったりな感じ?の商品がラインナップされています。

今日の発表会では、デザイナーさんと会社の副社長・小林祥悟氏によるプレゼンテーション&トークセッションによって商品が紹介されていくという形式でした。

お話を伺っていて、デザイナーさんって見た目ですぐわかる「形」はもちろん、それだけじゃなく、使い勝手等を考慮したボタンの配置とか大きさとかちょっとした角度とかそういうところまで深くかかわってデザインなさっているんだなーと、初めて知ったこともたくさん!

まずは空気清浄機C030から。
デザイナーはみやけかずしげ氏。
空気清浄機デザイナーさん
360度、全方向から空気を吸い込む空気清浄機ということで、部屋の真ん中においても違和感のない、インテリアとしてお部屋のシーンに溶け込むように、竹籠をイメージしたデザインにしたそうです。空気をきれいにするフィルターを覆い過ぎず、けれど適度に隠すようにした、66本の線は1本ずつ職人さんが溶接してまるで工芸品のように丁寧に作った品とのこと。
上面には3方向のフィンで、吸い込んできれいにした空気をらせん状に吐き出して部屋の各方向に届くようになっています。
持ち運びを考慮して反り返らせた上部はデザインのポイントにも。
高さ50センチ、手で持ち運べる大きさながら、実は30畳まで対応可能。アイランドキッチンのある広めのリビングダイニングでも1台で賄えるパワーを持っています。海外にも販売している会社なので、海外の大きなおうちの広〜〜いリビングでもOKな30畳仕様、大は小を兼ねるのだそうです。
操作部はボタンが2つだけでシンプル。そしてぱっと見は見えないように、でも適度に使いやすい上面の裏側に配置したそう。
そんな感じにあちこちに、「±0」、「ちょうどいい」というコンセプトがしっかりちりばめられたデザインになっています。
空気清浄機
そんなお話を映像を交えながら、熱いトークセッションで語ってくださいました。


続いて、コードレスクリーナーVer.3 C030。
デザイナーは中坊壮介氏。
クリーナー
実は我が家は工具で有名な某メーカー製の、新幹線の車内掃除でも使われているという業務用仕様のコードレスクリーナーを使っています。通販雑誌とかには同じ会社の家庭用版の軽くてこじゃれた色のモノが出ているんですがうちのは業務用なので、ごっつくて重い充電池がドーンと付いていて、非常に武骨です。ハイパワーだけど長い時間持っていると腕が痛くなって・・・・・痛めて通院したことがあるほどに。
そんななか、こちらの±0のコードレスクリーナーはどうでしょう。いろんなものをそぎ落としてシンプルな作り。スタンドまでオシャレで。すっといい姿勢で立ってます!ごっつい充電池なんでどこにも見えません。
こちらのクリーナーは軽さとパワーの両立がコンセプトだそうで。
ノズルからダストカップ、フィルター、モーターと一直線に並ぶデザインで効率化を図っているそうで。
充電時間は前機種の半分の3時間で、稼働時間は前機種より15分伸びて75分。75分連続使用ってすごくない?? うちぐらいの3LDKのマンションだったら全室掃除終わるまで充電なしでいけちゃうね。(ちなみに我が家のは20分ぐらいしか持ちません。その代わり充電時間も20分で終わるし予備電池と換えられるけど・・・)→と思ったら、こちら、バッテリーは外して充電することもできて(置き場所とは別のところで充電できる。)別売りの予備電池を追加可能ってことで、そこはうちのと同じね。
デザイナーさんがこだわったのはハンドルをどうするかということ。どんな角度でどう使うのか??と考慮して、同じ重さでも持った時に軽く感じるようなデザインにしたのだそうです。アルミフレームを樹脂でサンド一致するデザインで軽さと丈夫さの両立を実現。そして今後の後続機種での進化も想定したつくりも含まれているのだとか。デザインって見た目だけじゃないのね。
掃除する場所の応じてブラシの出し入れをチェンジできるノズルもポイント。
スタンドが付属することで使いやすい場所に置いて、使いたいときにサッと気軽に使えるようにしたそうです。

両方の製品に言えることだけど、従来だったら来客があるときなんかには隠しておきたいような、生活感プンプンな家電なのに、±0のデザインなら部屋の中に置いてあってもオシャレで隠す必要がない、むしろ「みて、これ、とってもいいの」って来客者にもお勧めしたくなるような家電なんだなーと思いました。

いや、うち、生活感プンプンな家なんですけどね。
こんな家電が似合うようなおうちに住んでみたいねって思うくらいに。

そんなお話を伺った後、社長・上原淳氏のご挨拶。
社長あいさつ

そしてフォトセッションタイム。
フォトセッション
左から、副社長の小林氏、コードレスクリーナーのデザイナー・中坊氏、空気清浄機のデザイナー・みやけ氏、社長の上原氏。

そしてタッチアンドトライのお時間。
実際に製品のそばで、電源を入れたものを見せて頂いたり持ってみたりする体験タイムです。

狭い場所にも差し込んで掃除しやすいクリーナーノズルの説明を!
クリーナー

ちょっとお試しで動かしただけでダストボックスにはこんなにゴミが!
ダストカップ
そしてこちらの製品、紙パックなどはなくそのままパカっとゴミ箱に捨てるタイプ。消耗品がいらないのがちょうどいい、なんですね。

こちらは空気清浄機の、竹籠風のフレームから外した中に入っているフィルター。
空気清浄機のフィルター
こんな風にぐるっと一周、どの角度からも吸い込んで空気の汚れを取り除いてくれるというわけです。

さらに会場後方には±0ブランドの他の家電や雑貨等の展示も。
家電
レシピブログに招待されて参加した我ら料理ブロガーが興味があるのはどっちかっていうとみんな調理家電!
ってことで自然と調理家電コーナー前にワラワラと集まってしまいました(笑)。
ポップアップトースターやコーヒーメーカーもありましたが、やっぱり私も含めてみんなが気になるのは、クッキングミキサー。2人分のスムージーをミックスするのにピッタリな400mlの小ぶりサイズです。小さすぎず大きすぎず。これもまた「ちょうどいい、±0」なポイントなんですね。
ブレンダー
みんなでいろいろ質問。
タンブラーは電子レンジ対応のガラス製だそうです。ガーっとやった後、レンジでチンで、ポタージュスープやホットスムージーが作れそうですね。連続稼働時間は4分だそうで。それぐらいあると、しっかり細かくなるまでガーっといけますね。スムージー用で出ている小ぶりなブレンダーは稼働時間が短いものが多くて案外「ツカエナイ」んですが、4分あるといいなー。
他には食パンをスライスした形の食パン皿とか、おしゃれでいいなーと思いました。

お土産にはマグカップと、「±0」と記された金太郎あめ?を頂きました。
マグカップ
さりげなく「±0」とロゴが入ったシンプルなマグカップ。こーゆーの、すごい好き。
「±0」の製品は基本、モノトーンのモノが多く(HPを見たら他の色のバリエーションもあるようなのですが、今日展示してあったのはホワイトがほとんどでした)、それがなんとも、無駄をそぎ落としたシンプルでありながらかっこいいデザインで。我が家のごちゃーっとしたリビングに似合うかというと似合わないんだけど、自分の好みとしてはこーゆー、モノトーンの機能美的なものが好きなので、今日の発表会はとても楽しかったです。マグカップ、すごく気に入りました。知らなかったメーカーと出会えたのも、世界が広がった感じでうれしかったです★


* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *


今日の発表会では、近くにいた、料理ブロガー・らぴすらずりさんといろいろお話させて頂きました。ありがとうございました。
レシピブログのボーソー米油アンバサダーやクイジナートハンディブレンダー企画などに参加なさっていらっしゃるそうで。おいしそうなレシピがいっぱいのブログでしたので今後、ちょくちょく拝見させて頂きたいなーと思いました♪
 
このエントリーをはてなブックマークに追加
 
 
0
     

    ローストパンプキンシード(かぼちゃの種)は自作で!

    • 2018.12.06 Thursday
    • 01:18
    いちごキッチン・YUMIZOです。
                
    本当は他にも日付をさかのぼってアップするつもりでいる記事ネタがいくつもたまっているのですが・・・・。
    とりあえず、すぐあげられるのをひとつ。

    今日は食材の話。

    src="https://images-fe.ssl-images-amazon.com/images/I/41O6AldBfJL._SL160_.jpg" style="border:0px; float:right;" alt="【無添加】パンプキンシード(かぼちゃの種)100g" title="【無添加】パンプキンシード(かぼちゃの種)100g" />パンやケーキのトッピングとしてはもちろん、ナッツ的おつまみの一つとしても使われる、ローストパンプキンシード。
    いわゆるかぼちゃの種です。

    製菓材料ショップで、無塩のモノで探すと、50g入りで300〜400円ぐらいするでしょうか?
    Amazonからリンク引用している、右側の写真→は100g入りのものですが、この半分だとしても、おつまみで食べるならともかく、トッピングに使うには量が多すぎるし、400円といえど、高くない?

    というわけで、自作しちゃいましょう。
    え? だって、捨ててるでしょ、カボチャの煮っころがしした時、ワタといっしょに、種。

    レシピにするほどのこともないのですが、さらっと紹介します。

    (1)
    普通に、野菜として売っているかぼちゃの、実から取り除いたワタ&種を捨てずに、取り出す。

    (2)
    水洗いしながらワタを取り除いて、種だけにして、ぬめりをよく洗い流す。

    (3)
    ざるなどに入れて、ベランダなど、風通しの良いところで丸1日〜2日、干す。
    (100円ショップなどでも売られている、野菜干しネットなどにざるを入れると虫がついたり鳥が来たりしなくて安心)

    (4)
    外側の薄茶色の殻部分のキワ(ごく端っこ)に切れ目を入れて中のグリーンの種を取り出す。
    →爪切りで切ると切りやすいそうです。普段、爪を切っているものをつかうはアレなので、何度も作るなら100円ショップとかで新品の爪切りをゲットするとよいかと。とりあえずはキッチンバサミでもできなくはないです。
    数が多いとちょっと地味で面倒な作業です。

    (5)
    フライパンに入れて弱火で15分ぐらい炒る。ガスコンロに天ぷら温度設定モードの機能がついていたら、160℃にして時々、木べらでかき混ぜれば、基本、放っておいても大丈夫。
    またはオーブンの天板に広げて、150℃で15分。
    オーブントースターでも、温度があがりすぎずに定温管理できるタイプならいけるかな? うちのはワット数設定なのでダメですが。

    (6)
    冷めるまで待つ。

    (7)
    カリッカリになっています。
    足りなければもう少し炒ってください。

    (8)
    保存は、密閉できる容器に、シリカゲルなどといっしょに入れて。
    ビニールのジップ袋よりは、アルミジップ袋の方がシケにくいです。

    パンプキンシード

    あの、カボチャを切ったら付いている薄茶色の種と、売っているパンプキンシードは全然色が違うから、ナッツ用の特別な品種とかがあるのだと、これを作るまで思っていました。殻をむいたら中からこんな、きれいなオリーブグリーンの種が出てくるとはびっくりしました。

    ちなみに、チョコケーキ(ガトーショコラとか)の写真を撮ろうとするとオートフォーカスのピントがあわせにくいので、クリームを絞るか粉糖振ったところに、こーゆー、パンプキンシードとかピスタチオとか、ミントといった緑色のモノを置いてそこにピントをあわせるとうまく撮れるそうです。(前に、フードスタイリストさんに教わった)

    クックパッドなどで検索すると写真付きでパンプキンシードのレシピを乗せている人が何人かいらっしゃるので参考にしてみてください。
    捨てていたかぼちゃの種で、タダで、パンプキンシードをゲットできます。
    おつまみとして食べるなら、オイルを入れて炒って、仕上げに塩を振ると◎。
    でも、無塩でノンオイルでポリポリ食べてもおいしいです。

    ぜひお試しをっ!
    これ作りたいがために、カボチャ買ってきて、煮っころがしやスープを作ることになるかも―(笑)

    カボチャの種の話を書いているとどうしても頭の中で、「おーてーらーのおーしょうさんが かーぼーちゃーの たーねーをー・・・・」ってわらべ歌がグルグル回ってしまいます💦


    JUGEMテーマ:料理



     
    このエントリーをはてなブックマークに追加
     
     
    0
       

      りんご酵母、仕込み中

      • 2018.12.05 Wednesday
      • 21:32
      いちごキッチン・YUMIZOです。
                  

      主人の母が、毎年、秋になると長野のりんご農家をしている知人宅に行ってりんご狩りをして、おすそ分けをたくさん送ってくれます。
      ふじ系のサクサクとしたりんごで、蜜入り。甘酸っぱくてとてもおいしいりんごです。
      で、「実」はおいしくたべて、「皮」と「芯」で自家製酵母を作っています。(重量が足りない分、ちょっとだけ実も混ぜてるけど)
      左はりんご&ヨーグルト酵母。今回は最初からヨーグルトも混ぜる方法で仕込んでみました。
      右はりんごのみで昨日、仕込んだもの。ヨーグルト入りの在庫が少なくなってきたのでなくなる前に次を。まだ24時間なのでシュワシュワしてません。
      昨日は季節はずれに暑かったので常温にしましたが、今夜〜明日は冷え込みそうなので、ヨーグルティア登場。これを使えば温度が安定するので失敗なしにうまく発酵します。

      ちなみに。
      ヨーグルティアは、ヨーグルトはもちろん、塩こうじ、甘酒、小量の味噌、温泉卵・・といろいろ使えて日々大活躍しております。

      自家製酵母液、毎日、ふたを開けて瓶を振ってかき混ぜつつ様子(発酵具合や香りなど)を確認する必要がありますが。
      ってやってたら、玄関の台においてある水槽の魚に餌をまいてた主人に、
      「それ、YUMIZOのペットだね。」
      と言われました。
      …確かに、そうかも。生き物だし、エサ(砂糖)食べるしね。

      さて、この酵母で何のパンをつくりますかね?♪
       
      このエントリーをはてなブックマークに追加
       
       
      0
         

        ぶどう酵母(自家製酵母)でバタートップミニ食パンと柿酵母(自家製酵母)でライ麦レーズンのクッペ

        • 2018.11.21 Wednesday
        • 23:29
        いちごキッチン・YUMIZOです。
                    
        (日付をさかのぼって書き込んでいます)

        自家製酵母&元種の在庫がたくさんになってしまったのでせっせと消費してます(笑)。

        今日は2種類。
        佐原文枝さんのレシピ本を参考に作りました。

        ぶどう酵母を使って、ミニパウンド型に入れたバタートップ。
        クープにバターを乗せて焼くミニ食パンです。
        バタートップ
        ミニサイズで、そのまま食べるのはもちろん、スライスしながら各自思い思いのジャムやペーストなどをトッピングしながら食べるのが楽しいパンです。


        もう一品はライ麦レーズンのクッペ。
        ライ麦パン×ドライフルーツ。自家製酵母パンとしては定番な感じのハードパンです。
        クープがきれいに開きました。
        ライ麦レーズンクッペ



        JUGEMテーマ:手作りパン



         
        このエントリーをはてなブックマークに追加
         
         
        0
           

          おうちパン講座のドデカシュトレンを試作してみた

          • 2018.11.20 Tuesday
          • 22:05
          いちごキッチン・YUMIZOです。
                      
          (日付をさかのぼって書き込んでいます)

          クリスマスシーズンに向けて、おうちパン講座の「ドデカシュトレン」のレッスン予定があるので復習の為、試作。

          手間暇かかるシュトレンも、おうちパン講座の「ドデカパン」シリーズのアレンジレシピなので、材料を準備しちゃえば楽々です。ただ、焼き上がり後に一晩おいてから食べた方がおいしいそうなので、生地の仕込みは二晩前から始まりますね。

          まず1日目、生地を混ぜる―。計量込みで作業時間は10分ほど。(くるみのロースト時間を入れても20分!)
          ドデカシュトレン生地
          ↑こんなプラ容器に材料を入れてスプーンで混ぜて、パン生地としてはずいぶんとドロっとした感じですが、このまま冷蔵庫に入れるのです。

          翌日焼いて、バター&砂糖で下地的お化粧して、もう一晩、おやすみ・・・・・。
          あ、ちなみに翌日、都合が悪かったらかき混ぜてガス抜きすれば3日以内の好きな時に焼けます!
          作業としては成型に、5分以下、焼くのはトースターやオーブンにお任せして、取り出してお化粧に5分。

          そして翌日、食べる時に粉糖を振って仕上げのお化粧したら出来上がり!
          ドデカシュトレン

          隙間時間にちょいちょいと作業すればできちゃうパンです。

          ドデカシュトレン

          ふっくら焼けました。おいしいです。

          パン屋さんで売ってる高価なシュトレンもステキ!だけど、おうちでパパっと作れるシュトレンなら手軽に何個も作れちゃいます!
          手土産にもピッタリ。
          というわけで、実は2個焼いて、1個は実家におすそ分け持っていきました。


          バナー おうちパンマスター.jpg


          JUGEMテーマ:手作りパン



           
          このエントリーをはてなブックマークに追加
           
           
          0
             

            柿酵母(自家製酵母)のWショコラを作りました

            • 2018.11.17 Saturday
            • 22:50
            いちごキッチン・YUMIZOです。
                        
            (日付をさかのぼって書き込んでいます)

            先月、藤田裕子先生のご自宅教室「いちごきっちん」にて、レッスンを受けた自家製酵母・柿酵母のパン「Wショコラ」を、復習で作ってみました。

            柿酵母、酵母液は柿の香りと酸味とで、なんとも独特で正直あまり好きな感じではないのですが、なぜか元種にしてそしてチョコ味のパン生地にしてみるとそれが不思議といい風味を醸し出すのです。

            結構ユルくて扱いにくい生地でてこずりながらも、完成しました!

            Wショコラ

            ひび割れ模様もいい感じに。
            ココア味のハードパン生地の中から、トロリとチョコが出てくるフォンダンショコラ風のパン。
            甘いデーツとカリっとしたツブツブ食感&ほろ苦さを添えるカカオニブがアクセントの大人のショコラパンです。
            「チョコ」というより「ショコラ」ね。


            JUGEMテーマ:手作りパン



             
            このエントリーをはてなブックマークに追加
             
             
            0
               

              黒豆パンと胚芽押し麦パン

              • 2018.11.16 Friday
              • 23:36
              いちごキッチン・YUMIZOです。
                          
              黒豆パン黒豆煮をたくさん作ってあったので、黒豆パンをもう一度。

              先日のレッスンの際、成型のひねり方をうまく伝えきれていなかった感があるので反省を込めて検証の上、成形しました。

              そして今回はドリュールも忘れずに。


              きれいに焼けました。
              黒豆パン

              もう一品は胚芽押し麦パン。
              麦ごはんに使う押し麦を配合した生地をペタンコに伸ばして焼くとぷっくら膨らむピタパン系のパンです。
              これまでも何度かブログに書いていますが、膨らむ成功率が低かったパン。先日、師匠に再度、コツを教えて頂いたので今回こそ!
              胚芽押し麦パン

              ぷわーっと膨らみました。
              成功です。
              半分にカットして、膨らんだところにできたポケットに具を挟んで食べます。

              今回は市販のコロッケに野菜を添えて挟んでみました。
              コロッケピタ
              中東で食べられている、ひよこ豆のコロッケ、ファラフェルのイメージですが和風にポテトコロッケで。
              HappyCookingのグルテンフリーデリのレシピにファラフェルがあるので、コレを入れるのが一番、本場っぽくなるよな、と常々思っているのですが・・・グルテンフリーのメニューを、おもいっきりグルテン入りな強力粉のピタパンの具にするというのは、矛盾してる??とか思って結局、いまだ一緒に作っていません。

              もう一つ。ピタパンと言えば。最近はあちこちの街に、トルコ風のエスニック味な焼き肉「ドネルケバブ」をピタパンに挟んだドネルサンドを売るお店ができていますよね。
              そんなイメージだけどこれまた和風に、生姜焼きで。
              生姜焼きピタ

              ボリューミーでおいしいです。
              あっさりとハム&トマト&レタスなどのサラダサンドにするものもちろん、おいしいですよ♪

              今回はきれいにふくらますことができてほっとしました。

              JUGEMテーマ:手作りパン



               
              このエントリーをはてなブックマークに追加
               
               
              0
                 

                自家製酵母(レーズン酵母)で「かぼちゃデニッシュ」を作ってみた

                • 2018.11.16 Friday
                • 23:13
                いちごキッチン・YUMIZOです。
                            
                先月、パン教室・epiで習った自家製酵母のかぼちゃデニッシュを、復習で作ってみました。

                かぼちゃデニッシュ

                過去、デニッシュやクロワッサン系のパンに挑戦した時に、バターの扱いがうまくできなくてドロドロの生地になった上に、結局、焼くと層はつぶれていていまいちな仕上がりで「デニッシュ系は、作るよりお店で買ってきた方がいい」というイメージでした。なので、HappyCookingのレッスンで習った後も、家では復習を一度もしないまま、なんとなーくやり過ごしていて。ディプロマとして活動し始めたからには、そこ、練習しておかないとマズイよな、苦手じゃすまないよな、と思っていたところでのepiでのレッスンで、ザクザク食感のデニッシュが、しかも自家製酵母で!ちゃんと作れる!ということを習ったので、家で、一から復習してみました。
                レッスンの時に、持ち帰った生地で作った時には、網状に仕上げる「メッシュローラー」が上手にかけられなくて、「レッスンの時にはうまくいったのに、コツも教わったのに、何で???」と思っていたので、失敗原因を検証した上で、作業しました。

                まず、昨日のうちに、生地の仕込み&シートバターの仕込みをして、冷蔵庫へ。それとかぼちゃに火を通してマッシュして砂糖といっしょによく混ぜてカボチャ餡もスタンバイ。
                で、本日。
                気温もだいぶ、肌寒さを感じるくらいになってきたので、部屋の窓を開けて冷気がキッチンまで入るようにして(苦笑)、自分は厚着して、バターが溶けすぎず、作業が手早くできるように頑張りました。

                メッシュローラーがうまくいかなかった理由は、パンマットが、シリコン製のモノを敷いていたことが原因でした。
                ローラーの角度や押さえ方にもコツがあって、原田先生から教えて頂いていたのですが、その通りにやってもうまくカットできなかったのは、下が柔らかいシリコン製だったのでグッと力が入りきらず、生地をカットできなかったのでした。先生の教室で使っていたのは木製(合板)のペストリーボードでした。そこで、今回、人工大理石のペストリーボードの方にしてみたらばっちり! カットできました。

                キャンバス地マット、シリコンマット、人工大理石ボード、木製ボード。
                それぞれに得意不得意があるので、そのレシピに応じて使い分けを見極めるのも大事だなーと思いました。
                (※注※ YUMIZOが教室を行っている15-Kitchenは、基本的にHappyCookingやおうちパン講座のレシピに基づいたレッスンをしているので、使う道具類も推奨のモノがあったりして、基本的に、それらを使っております。)

                というわけで、リベンジしてみた結果、とってもきれいな網にカットすることができました。
                かぼちゃデニッシュ網目

                そして、サイドは切れな層に。
                かぼちゃデニッシュ 層

                サクサク・・・というよりザクザクな食感。
                とってもおいしいです。
                今回は習った通りにカボチャのデニッシュにしましたが、次、中に入れる具を変えてみたりしていろいろ楽しみたいなーと思います。

                JUGEMテーマ:手作りパン



                 
                このエントリーをはてなブックマークに追加
                 
                 
                0
                   

                  黒豆パンとヤーコンパン

                  • 2018.11.14 Wednesday
                  • 23:01
                  いちごキッチン・YUMIZOです。
                              
                  (後日、日付をさかのぼって書き込んでいます)

                  HappyCookingのパンコースレシピから黒豆パンとヤーコンパンのレッスンを行いました。
                  実は、YUMIZOが師匠のNiNa先生からHappyCookingのパン作りを勉強し始めて、一番最初に習った思い出のメニューです。

                  黒豆パンは、黒豆煮を生地に巻き込んでひねりながら成形するパン。
                  お正月のお節で余った黒豆の消費メニューにぴったりなので、今の時期にマスターしておくと重宝なパンですよね。
                  というわけで、黒豆煮が必要です。

                  黒豆煮、既定のレシピもあるんですが、今回は「黒豆煮」の鉄板なレシピとして有名な「土井勝さんの黒豆煮」(1960年代に土井勝さんが新聞や著作で紹介したレシピを息子の土井善晴さんがNHKの「今日の料理」で再度紹介したもの)を、圧力鍋アレンジで時短して作ってみました。
                  黒豆煮
                  時短・・・と言っても、煮る時間が8時間→10分に短縮しているものの、豆を一晩汁に漬け込む時間、冷ましてもう一晩、じっくり煮汁に漬けて味をしみこます時間が必要なので、レッスンの数日前から仕込みが始まりますが。

                  うん、おいしく煮えました。
                  黒豆煮
                  こちらの黒豆をざるに上げてからキッチンペーパーで押さえてしっかり水分を切ったものをパンの成型時に使っていきます。

                  黒豆パン
                  うっかりドリュールを塗り忘れてオーブンに入れてしまったため、ツヤ感に欠けますが、きれいにいい感じに仕上がりました。

                  黒豆パン

                  一方のヤーコンパン。
                  健康野菜「ヤーコン」を絞った汁100%のヤーコンジュースを仕込み水に入れて焼く、ほんのり緑色で甘みがあっておいしいパン。
                  なんですが・・・実は、レシピで指定されているヤーコンジュースが現在、入手困難な状況になってしまっていまして。ネットに販売サイトは残されているものの、在庫なしのまま放置のようで。
                  問い合わせをしても連絡がつかず。HappyCookingの事務局にも相談中なのですが代替法の回答がないままで💦
                  とりあえず、独特の編み方に仕上げる「コックコート」というコックさん制服ののボタンに見立てた成型をマスターできれば「パン作り」の面の主旨は学べるということで、ヤーコンではない、大麦若葉系の青汁ジュースを代替として試作を重ね、作ってみました。ほんのりグリーンで見た目はヤーコンジュースにだいぶ近い感じ。モッチリ感が足りなかったり、ヤーコンに含まれる自然なオリゴ糖がない分、甘さが控えめな感じはありましたが、味的には抹茶系の青くさわやかな苦味がほのかに漂うおいしいパンになりました。
                  ヤーコンパン

                  ヤーコンパンだけど…ヤーコンが入っていない、青汁パンです。。。。
                  参加した方へは、後日、ヤーコンジュースが入手出来たらor正式な対応が決まったらフォローしますね。
                  ヤーコンパン
                  いろいろいくつか試作したのち、最終的に代替になんの青汁を使ったのか・・・は、とりあえずレッスンに参加した方にのみ明かす秘密にしておきます(笑)。

                  ドリュールで使い残った卵はオムレツにしてみました。
                  試食


                  * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *


                  【後日追記】
                  情報を探して検索なさる方もいらっしゃるかもしれないので・・・・・
                  HappyCookingのヤーコンパンレシピについて。
                  HappyCooking事務局に問い合わせしたところ、下記のような回答を頂いたこと、書き記しておきます。



                  》 ヤーコンジュースの入手先の、三井ヘルプ社が製造を
                  》 取り止めていることで、入手ができない件、
                  》 ご回答です。

                  》 ========================================

                  》 ・野菜ジュース、ニンジンジュースなどで代用して
                  》  レッスンしていただいて結構です。
                  》 ・牛乳や、オレンジジュースでも同じように作ることができます。
                  》 ・水は避けてください。
                  》   (生地がベタベタになってしまいます)



                  15-kitchenのレッスンでなんのジュースを代用に使うことにしたのかは、レッスンを受けてくださった生徒さんだけのヒミツにしておきます(笑)



                  * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *


                  JUGEMテーマ:手作りパン



                   
                  このエントリーをはてなブックマークに追加
                   
                   
                  0
                     

                    「レシピブログアワード2018」に参加してきました

                    • 2018.11.09 Friday
                    • 23:29
                    いちごキッチン・YUMIZOです。
                                
                    (日付をさかのぼって書き込んでいます)

                    レシピブログの年間最大のイベント、「レシピブログアワード2018」に参加してきました。
                    この1年間で人気を得た料理ブロガーさんたちを表彰するイベント。料理ブロガーさんたちとの出会い・交流の場として、有名料理ブロガーさんと間近でお会いすることもでき、おいしいパーティー料理に、豪華プレゼント抽選会や、うれしいお土産プレゼントたくさん!と、楽しい会です。
                    昨年は残念ながら抽選に外れてしまったのですが、今年は当選して招待メールを頂くことができました。ありがとうございます!!
                    今回の会場は神宮前地域。渋谷からちょっと歩いたところ・・・と言っても裏通りを入った静かな雰囲気の場所にあるホテル・TRUNKのイベントスペースで行われました。
                    前半はアワードの表彰式。レシピブログの編集長・久永さんの開会のご挨拶から。
                    久永さん

                    そしてレシピブログで今年、注目を集めた方々・人気レシピを発表された方々が各部門ごとに表彰されました。
                    表彰式

                    表彰された方々&ブログ&インスタなどはこちら↓で紹介されています!



                    メディアでお見掛けする有名ブロガーさんがいらっしゃったり、初めてお名前を伺った方がいらっしゃったり、いろいろですがこういう機会にまた新たな料理ブログと出会えるのも楽しかったりします。

                    そしてフロアを移動してバンケットルームにて立食交流会タイム。
                    乾杯
                    乾杯〜〜!
                    乾杯
                    ホテルの料理の他、今回は、レシピブログにて今年、コンテストのお題にもなったミツカン・味ぽんの「さっぱり鶏チャーシュー」やKiriのクリームチーズを使ったケーキなども出ていました。レシピブログで取り上げられた食材を協賛メーカーさんによって実際に試食できるというのはとっても嬉しいですね。

                    協賛メーカーさんの展示コーナー。他に、花王のキュキュットCLEAR泡スプレーと、にんべんの「だしとスパイスの魔法」シリーズも。

                    協賛メーカー

                    そして、今回も、レシピブログアワードの様子をその場でSNSにアップしてスタッフに見せるとクッキーを頂けるというプレゼントが!
                    クッキープレゼント
                    特製クッキーです💛

                    知り合いがいなくて一人参加で手持無沙汰にしていたのですが、たまたまテーブルが一緒になったブログ「はーい♪にゃん太のママ〜今日のごはんなあに?」のはーい♪にゃん太のママといろいろお話させて頂きました。ありがとうございます。
                    後から、はーい♪にゃん太のママさんのブログを拝見させて頂いたら、スパイスブログのスパイス大使をなさっていたり、さまざまなサイトやTVなどでもレシピが紹介されていらっしゃる方でした。ステキ! レシピ、いろいろ参考にさせていただきます💛

                    豪華賞品が当たる抽選会は・・・何も当たりませんでしたが💦
                    お土産をいろいろ頂きました。

                    まずは持ち帰り分。
                    お土産
                    鰹節やダシでおなじみのにんべんが速水もこみちさんとコラボして手掛けた洋食用ダシの素ということで「だしとスパイスの魔法」の「ボルシチ」と「イタリアンソテー」。
                    そして前から気になっていた、花王の泡をシュッと吹き付けて使う新しいタイプの食器洗剤「キュキュットCLEAR泡スプレー」。

                    そして、後日配送で届いたKiriの「クリームチーズ」から「クリーミーオニオン」と200gの「ブロックタイプ」。
                    お土産チーズ
                    kiriのチーズのブロックタイプ、初めて見ました。
                    うーん、そのままディップなどに使おうか、チーズケーキ?パンに使う???迷っちゃう〜〜!
                    オニオンの方は、とってもおいしくって家族にも大好評。
                    自家製酵母でやいたバゲットに塗りながら食べたら最高!!

                    同じく、後日の配送で、ミツカンの「味ぽん」と「ごまぽん」。
                    お土産ポン酢
                    味ぽんは、子供のころから冷蔵庫の定番で、鍋料理はもちろん、焼き肉に、刺身に、焼き魚に、サラダのドレッシング代わりに、料理の隠し味に・・・といつも使っているのですが、「ごまぽん」は最近、スーパーで気になりつつまだ買ってみたことがなかった品だったので、これを機にいろいろ使ってみようかと。

                    レシピブログアワード2018
                    ↑こちらはレシピブログさまから送っていただいた記念写真です。

                    と、当日だけでなく、後日もお楽しみが届くとっても嬉しいイベントでした。
                    レシピブログに登録していながら、このブログ「いちごキッチン」では、料理写真は載せてもレシピ自体はめったに乗せていませんでした💦
                    今日のアワードで、みなさんの工夫を凝らしたレシピの数々、それらを掲載したブログの、日々の積み重ねが大事なんだなと、とても刺激を頂いたので、今後はもうちょっと自作レシピも載せていけたらいいなと思います。
                    レシピブログのコンテストとかにも積極的に投稿していけたらいいな。
                    がんばります。

                    JUGEMテーマ:料理



                     
                    このエントリーをはてなブックマークに追加
                     
                     
                    0
                       

                      profile

                      profilephoto

                      search this site.

                      calendar

                      S M T W T F S
                        12345
                      6789101112
                      13141516171819
                      20212223242526
                      2728293031  
                      << January 2019 >>

                      selected entries

                              
                        次のページ>>


                             

                      categories

                      archives

                      料理教室案内


                      日本ヴォーグ社「HappyCooking」と、Cotta「おうちパン講座」のカリキュラムでレッスンする、パン&ケーキのお料理教室、
                      15-Kitchen」(いちごキッチン)
                      東京都江戸川区にて、開催しています。
                      ご参加お待ちしています♪

                      「いちごキッチン」はYUMIZOの登録商標(登録第6080177号)です。

                      Powered by クスパ


                      バナー おうちパンマスター.jpg


                      ロゴ_コッタ

                      Counter

                      【訪問者数】
                          from 2010.04.01
                        合計  
                        今日  
                        昨日  

                      レシピ集&アイテム









                      recent comment

                      • いちごホーローでショコラケーキを作ってみた
                        YUMIZO (11/11)
                      • いちごホーローでショコラケーキを作ってみた
                        はーい♪にゃん太のママ (11/11)
                      • 自家製酵母の「ワインのパン」のレッスンを受けてきました
                        YUMIZO (10/01)
                      • 自家製酵母の「ワインのパン」のレッスンを受けてきました
                        リエ (09/30)
                      • おうちパンの「切りっぱなしパン」を作ってみた(1) コーンパンと全粒粉くるみパン
                        YUMIZO (06/18)
                      • おうちパンの「切りっぱなしパン」を作ってみた(1) コーンパンと全粒粉くるみパン
                        鈴木利江 (06/17)
                      • 「ひよこ豆のフムス」を添えたサラダ
                        YUMIZO (09/04)
                      • 「ひよこ豆のフムス」を添えたサラダ
                        鈴木利江 (09/01)
                      • チャヤマクロビオティックススイーツ「Soyザッハトルテ」
                        YUMIZO (11/14)
                      • チャヤマクロビオティックススイーツ「Soyザッハトルテ」
                        にしの (11/12)

                      links

                      others

                      mobile

                      qrcode

                      powered by

                      無料ブログ作成サービス JUGEM